東野圭吾というミステリー (洋泉社MOOK)

  • 92人登録
  • 3.76評価
    • (6)
    • (5)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 洋泉社 (2010年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862485748

東野圭吾というミステリー (洋泉社MOOK)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何度と無く、同じ映画が繰り返し放映されても、
    つい
    「面白いなぁ~、面白いなぁ~♪」
    と、見入ってしまう作品のひとつに

    『刑事コロンボ』があった。

    コロンボの醍醐味と言えば、謎解き。
    無論、
    一度観ているのだから、トリックも、犯人も、この先の展開も、
    当然、わかってはいるのが、
    何故かワクワクしてしまう♪

    あの時感じたワクワクと、同じ興奮を
    東野作品には感じてしまうのだ。

    読み終えた後も、
    読み終えた気がしない物語。

    読んでおしまい、には決してならない物語。

    表紙に積み上げられた、何冊かの作品。

    そのタイトルを目にするだけで、
    いつか読んだ時の興奮が蘇り、再び読み返したくなってしまう!

    それまで刊行された70作品を掘り下げて徹底解読。
    ファンの声や、
    印象的な台詞などもたくさんとりあげ、
    随分前に読んだ作品でも、充分余韻に浸れるような、また新たな感動が得られるような、
    とにかくファンとっては、嬉しい集いの場のような本。

  • 東野圭吾作品のムック本。こうして70作品を眺めて見ると、いろんなテイストの本を書かれていますね。‘この作品を読んだ後にはこれがおすすめ’といったガイドもついていて、攻略本(?)としてオススメです。図書館予約数は7(2010/10/10現在)です。

  • 東野圭吾の解析ムック。

    詳細はこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/2992694.html

  • 作家・東野圭吾の作品解説集。
    シリーズ別、ジャンル別に分けながら70作品を紹介する。

    舞台となった町の写真、地図。
    一般の読者や様々な業界の、氏のファンが答えたアンケートも掲載。
    過去雑誌に掲載された東野圭吾のインタビュー拾「東野圭吾のコトバ」や、
    “ネタバレ注意”の解説もある。

    写真やPOPな図を多用し、視覚的にも楽しめる。
    多くの作品を発表している東野圭吾の入門書としても〇。

  • まだ読んでない作品が多いことに気付かされ、役立った

全5件中 1 - 5件を表示

東野圭吾というミステリー (洋泉社MOOK)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東野圭吾というミステリー (洋泉社MOOK)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東野圭吾というミステリー (洋泉社MOOK)はこんな本です

ツイートする