本能寺の変 ~信長の油断・光秀の殺意~ (歴史新書y 9)

  • 41人登録
  • 3.45評価
    • (0)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 藤本正行
  • 洋泉社 (2010年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862486387

本能寺の変 ~信長の油断・光秀の殺意~ (歴史新書y 9)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 歴史を揺るがした一大クーデター・本能寺の変。
    その経過を詳しく解説し、原因を明らかにする。
    「是非に及ばず」とは信長が光秀の謀反を知った時に放ったセリフだが、その解釈をめぐって、様々な歴史書から「是非に及ばず」の使い方を調べ上げ、信長がどういう意味でこの言葉を使ったのかを明らかにした手法が見事。信長は従容として死に就いたのではなく、最期まで生き延びようとしていたのだ。

  • うーーん。もうちょっと結論をいってほしい。。

  • 信長の戦争三部作の完結。本能寺の変については、いろいろな説があるが、著者によると明智光秀「単独犯行」との事である。

    著者は史料を解読し他の説を論破していくが、その過程が面白い。また、斎藤利三の息子の遺談は面白かった。

    歴史関係の本で残念なのは、おのおのが著書で自説を論じ他の説に言及しない事である。本書では可能な限り触れているが、相手側の著書に反証が無く論争というレベルに達していないのが残念である。

  •  明智光秀が主君信長を討った本能寺の変。
     謀反の動機は諸説あるが、様々な資料を紹介しながら黒幕説を否定。「信長の四国政策が変更になり担当だった光秀の立場の悪化によるもの」を主たる動機としている。
     他者否定が少々しつこく感じたが、全体的にしっかりと調べてあって、分かり易く書かれている。

  • 「信長の戦争」シリーズの長篠・桶狭間そして最後がこの『本能寺の変』である。様々な資料から本能寺の変はいかにして行われたのか?そして黒幕は本当に居たのか?という事実に迫る。考証本の中では読みやすく、そして読者が納得しやすい内容となっているのではないかと思った。

全5件中 1 - 5件を表示

藤本正行の作品

本能寺の変 ~信長の油断・光秀の殺意~ (歴史新書y 9)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

本能寺の変 ~信長の油断・光秀の殺意~ (歴史新書y 9)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本能寺の変 ~信長の油断・光秀の殺意~ (歴史新書y 9)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本能寺の変 ~信長の油断・光秀の殺意~ (歴史新書y 9)を本棚に「積読」で登録しているひと

本能寺の変 ~信長の油断・光秀の殺意~ (歴史新書y 9)はこんな本です

ツイートする