日本人が知っておきたい森林の新常識

  • 55人登録
  • 3.65評価
    • (3)
    • (8)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 田中淳夫
  • 洋泉社 (2011年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862488046

日本人が知っておきたい森林の新常識の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて知った話がいっぱいあって、すごく驚いた。
    今までの常識を覆すような気がした。
    特に良かったのが
    森は二酸化炭素を吸収しない
    里山とゴルフ場はそっくりだった
    アマゾンは里山だった
    山村は木を売らずに生きてきた
    安い外材の嘘にだまされるな
    科学の衣をまとった新月伐採の怪しさ
    です

  • 森林ジャーナリストとしておなじみの田中淳夫氏の最新刊。目次だけ見ると、ちょっと刺激されるフレーズが並ぶので、内容が気になるという方は要チェック。
    例えば、森は二酸化炭素を吸収しない、森に水源涵養機能はなかった、原生林の自然は貧弱である、生物多様性は破壊がつくった、沙漠に緑はよみがえらない、ブナを植えてはならない、ホタルは汚い水が好き?……などなど。なんとなく武田邦彦氏の「マイバッグよりレジ袋のほうがエコだ!」といった論調に似ている気がしないでもない。なるほどと思うこともあるが、まっ、そういうこともないわけじゃないけど……といった思いを抱くようなことも多い。ただ、日本の森林に関しては、本当に様々な課題が多いことは、まぎれもない事実だ。日本の森林に関心をお持ちの方は、『石油に頼らない―森から始める日本再生』(養老孟司著:北海道新聞社刊)の第4章=「現場から見た山の現状と再生への道筋」と特別寄稿=「森林・林業基本法を一からつくりなおすために理解すべきこと」をお奨めしたい。

  • 樹木を生物として冷静に謙虚に受け止める姿勢を学ぶことが出来た。

  • 興味深いのは、著者が「林業」ではなく、「森林」ジャーナリスト、である点です。
    「木」は呼吸と光合成のバランスにおいてCO2を減らす側に働くけれど、森林という単位で見れば、それはほぼ拮抗するので森林はCO2を吸収・固定化しないとか、保水力は森林の木ではなく地盤で決まるとか、むやみにブナを植えても幸せにはなれないとか、山村の収入源は、元来は建築用材ではないとか、建築用材はあくまで森林産出物の極一部であるべきだ、的な話とか。
    全部が全部納得できる話というわけではありませんでしたが、森林の「機能」に、過剰にあるいは盲目的に何かを期待するのだけではイカンなあと思ったのです。

  • 非常に興味深く読んだ。

    理由は、知らない事実、あるいは勘違いをしていた事実がいくつか見られたからである。

    暗い原生林には生物が余り住んでいない事実、マツが痩せた土壌にいる理由、竹林の怖さ、輸入材は安くなく国産は質が良くないことなどが書かれてあり、読んでいて興奮させられた。

  • 日本では唯一の「森林ジャーナリスト」を名乗る田中淳夫の著作で森林に関する世の常識、我々の思い込み、認識の違いを改めて学び直そうという試み。

    自然を大事にしよう、海を守れ、川を守れと来れば当然のことながら森林も守れとついつい云いたくなるのだが何のために守るのか、そしてどうすれば守れるのかとなると、言われるほど一筋縄ではいかないようだ。

    例えば外国資本が森林で安値で買い叩いているが、乱開発されると将来的には水源涵養機能を損われる恐れがあるので反対とか良く言われているが、実際には森林に水源涵養機能が殆ど無いのが真実だという。水源涵養機能は基本的には土壌(深層岩盤)の問題で森林があることの利点は土壌流出の防止と河川の流量振幅の抑制効果なのだ。

    原生林が自然の代表という誤解があるが原生林は植生が固定化され衰退する一方なので間伐を含め手を入れなければ守れない。里山・雑木林にしても人手を掛けなくてはならないのは一緒だし、竹林の侵食が目だつ。竹の繁殖率・生命力は異常に強いので森林を駆逐するので根こそぎ伐採しなければ里山を守れない。

    林業に関しても第一次産業の典型で小規模経営と高齢化が問題で、木材品質を守るための間伐作業はおざなりになり輸入品と比べると競争力の低下は著しいことから価格は低迷し悪循環に陥っている。

    小学校で日本の面積の70%は森林だ、と習った記憶があるが今や荒廃するに任せていると其れほど遠くない将来は禿山ばかりになるのであろうか?何から手をつけて良いのか判らないが、農業・漁業に比べると林業は格段に足の長い仕事であり日銭を稼ぐのも困難な産業であることからも再生への道筋は遠いと思われる

全6件中 1 - 6件を表示

日本人が知っておきたい森林の新常識を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本人が知っておきたい森林の新常識を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本人が知っておきたい森林の新常識の作品紹介

森林には洪水調節機能はないし、二酸化炭素の排出量を抑える役目も果していなかった!アマゾンの熱帯林の多くは、人が作り上げた人口林だった!誤解まみれの森林・林業の"非常識"を正す31の新視点。

日本人が知っておきたい森林の新常識はこんな本です

ツイートする