映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100

  • 84人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (8)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 洋泉社 (2011年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862488084

映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ライター陣に藤原章(ちんぷい)、杉作J太郎、ギンティ小林といった映画秘宝お馴染みの顔ぶれがいない分、単なる映画の紹介だけになってるのが惜しい。
    主に映画ビギナー対象って事だから仕方ないか…

  • ちょっと文章が大人しめ。秘宝ライター・ギンディ小林の紹介文があったらなぁ。

  •  カルト映画100本のレビューを集めた本なのですが、全体的には喰い足らない感じ。

     twitterで町山智浩さんが「つまらない」と言っていた意味が判りました。カルト映画をとりあえず挙げて、それぞれの映画に対してライターさんを割り振った印象が強く、「この映画が好きでたまらないからレビューを書いている!」って感じが少ないです。

     個々のレビューが悪いというのではなくて、作品に対する熱量が足りない感じですね。構成的にも1本見開きという文字数の少なさのせいで、作品に対する「好き度」をアピールしきれていないという部分もあり、基本的な構成の面での問題が大きいかと。

     カルト映画監督に関するコラムも各1Pと少なく、これまた情報が少ない感じが否めません。

     これだったら、選出する作品を50本にして各作品のボリュームをアップさせつつ、作品を好きでたまらない人たちに熱く語らせる方がいい本になったと思います。

     そういう意味では全体に惜しい感じでした。

     とは言え、自分が観ていないけどそそられる映画も多く載っていたので、いい収穫にはなりました。

  • これを読んで自分の好きな映画がいっぱい入っているのでちょっとびっくり。私の好みってやはり王道ではないのね。
    ビルとテッドの大冒険も入れてほしかったなー。

  •  タイトルどおりカルト映画作品の名作100選を紹介した本。
     ビギナー対象ということでまぁ定番ものが中心なんですけど、久々にすべての作品を観直そうかと思ってしまうようなレビューでした。ワクワクしながら映画を観ていたあの頃を思い出した。
     中川翔子がアレハンドロ・ホドロフスキーを語ったり、コラムも好い感じであります。
     次は韓国映画編のようですが、邦画編にも期待したい。

  • とりあえずメモっとく。

  • カルトムービーの紹介こそ、映画秘宝の真骨頂でしょう。

  • 購入:2011/9/24、読了:-/-/-

全8件中 1 - 8件を表示

青井邦夫の作品一覧

青井邦夫の作品ランキング・新刊情報

アサダアツシの作品一覧

アサダアツシの作品ランキング・新刊情報

長野辰次の作品一覧

長野辰次の作品ランキング・新刊情報

映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100を本棚に「読みたい」で登録しているひと

映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする