死ぬまでに読んでおきたい世界の名著 (洋泉社MOOK)

  • 24人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
  • 洋泉社 (2012年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862488831

死ぬまでに読んでおきたい世界の名著 (洋泉社MOOK)の感想・レビュー・書評

  • 読書録「死ぬまでに読んでおきたい世界の名著」3

    出版 洋泉社

    p116より引用
    “ 本作品の影響力は凄まじく、発表直後か
    ら、ヨーロッパではウェルテルを真似て作中
    と同じ服装、同じ手段で自殺する若者が増加
    した。”

    目次から抜粋引用
    “白鯨
     罪と罰
     若きウェルテルの悩み
     三銃士
     ドン・キホーテ”

     世界を代表する古典文学作品の、あらすじ
    に解説を加えて紹介する一冊。
     アメリカからスペインまで、誰でも一度は
    目にしたことがあるであろう題名の作品の、
    美味しい所が記されています。

     上記の引用は、ゲーテ作「若きウェルテル
    の悩み」の作品発表時の社会情勢について書
    かれた一文。
    人のすることは、今も昔もあまり変わらない
    のだなと思います。漫画やアニメを見てする
    コスプレの、先取りだったのでしょうね。
    死ぬところまで真似することもないと思うの
    ですが…。
     自分で読むのが面倒くさいと思うような大
    作でも、10ページ程度でまとめてくれてある
    ので、知識として知っておきたいだけの人に
    は良い一冊でしょう。これを元に興味が湧い
    たら、作品は青空文庫で読めるそうです。

    ーーーーー

  • たまたま本屋で手に取り、購入した本(というより雑誌)
    有名な海外文学作品数点を、あらすじ付で紹介してくれています。
    「タイトルは聞いたことあるけど、実は読んだことない…」という方におすすめ。

    『グレート・ギャツビー』『嵐が丘』『若きウェルテルの悩み』は、この本で興味を持ち、読み始めました。(現在は読了済)
    『風と共に去りぬ』も、この本で興味を持ち、原作(日本語翻訳版)にチャレンジしようとしたのですが……あまりの長さに挫折、けどヴィヴィアン・リー主演映画は観ました。
    で、スカーレットとメラニーさんのファンになりました♡

    まだ気になる作品はあり、読んでみたい作品もあるのですが……なかなか読めずにいます。
    でもいつか、「死ぬまでに読んでおきたい」と思います。


    【収録作品一覧】

    ■アメリカ
    ハーマン・メルヴィル / 『白鯨(はくげい)』
    F・スコット・フィッツジェラルド / 『グレート・ギャツビー』
    マーガレット・ミッチェル / 『風と共に去りぬ』
    アーネスト・ヘミングウェイ / 『誰(た)がために鐘は鳴る』

    ■ロシア
    イワン・セルゲーエヴィチ・トゥルゲーネフ / 『初恋』
    レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ / 『戦争と平和』
    フョードル・ミハイロヴィチ・ドフトエフスキー / 『罪と罰』 『カラマーゾフの兄弟』

    ■イギリス
    ウィリアム・シェークスピア / 『ハムレット』
    エミリー・ブロンテ / 『嵐が丘』
    ジョージ・オーウェル / 『一九八四年』

    ■ドイツ
    ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ / 『若きウェルテルの悩み』
    フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ / 『ツァラトゥストラはこう言った』

    ■フランス
    スタンダール / 『赤と黒』
    アレクサンドル・デュマ・ペール / 『三銃士』
    ヴィクトル・ユゴー / 『レ・ミゼラブル』
    マルセル・プルースト / 『失われた時を求めて』
    アルベール・カミュ / 『異邦人』

    ■イタリア
    ダンテ・アリギエーリ / 『神曲(しんきょく)』

  • 請求記号:902/Shi
    資料ID:50065419
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全3件中 1 - 3件を表示

死ぬまでに読んでおきたい世界の名著 (洋泉社MOOK)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

死ぬまでに読んでおきたい世界の名著 (洋泉社MOOK)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死ぬまでに読んでおきたい世界の名著 (洋泉社MOOK)を本棚に「積読」で登録しているひと

死ぬまでに読んでおきたい世界の名著 (洋泉社MOOK)はこんな本です

ツイートする