山手線と東海道新幹線はどちらが儲かっているのか?【改訂版】

  • 19人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中嶋茂夫
  • 洋泉社 (2012年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862489456

山手線と東海道新幹線はどちらが儲かっているのか?【改訂版】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鉄道を切り口に経営戦略とは何かが分かる本
    わかりやすいのです

  • (鉄道の勉強に)
    まだざっとしか読んでいませんが。
    鉄道会社の収益モデルや利益最大化がどのように行われているかを様々な事例で説明しており興味深いがやや(当然ながらか)オタク向け。というのも僕のような一般人からすると路線や車両のイメージが沸かないことも多いので、地図や路線図を加えて頂けると有り難い。また欲を言えば電子マネーの利用価値(顧客データ)や収益改善に向けたビジネス延提唱等があると良かったのだが。

全2件中 1 - 2件を表示

中嶋茂夫の作品

山手線と東海道新幹線はどちらが儲かっているのか?【改訂版】の作品紹介

なぜトワイライトエクスプレスの人気スイートは、2室しかないのか?なぜJRは、Suica、ICOCAの普及に力を入れるのか?鉄道会社が仕掛けるあの人気サービスの「儲けのしくみ」がわかる。

山手線と東海道新幹線はどちらが儲かっているのか?【改訂版】はこんな本です

ツイートする