切り絵の下絵集

  • 18人登録
  • 4.40評価
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 久保修
  • 東方出版 (2008年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862491008

切り絵の下絵集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作者・久保さんの、この本とは別に発行されている画集の作品の下絵を中心にまとめたもの。下絵だけでなくラフやスケッチ・デッサンなどもちょいちょい収録されているので、ラフ段階から下絵の線を選んでいくいい勉強になります。この方は細かい線から力強い線まで幅が広くてみててわくわくします。画集も見たいなぁ。

  • 和風のものが殆どだけど、中にいくつか強く惹かれる作品が。
    平面のはずなのに、奥行きや空間を感じる構図がたくさんあって、素敵。

  • 切り絵をしている友達から、面白いよとすすめられて興味を持っていた切り絵。
    いきなり難易度の高いことがしたい自分としては、この下絵集はやり甲斐がある作品が多くて楽しかった。
    本を借りた日にカッターボードと黒神を購入し、消しゴムはんこで普段使っているデザインナイフで切っていった。のめりこむあまり、右手の人差し指が現在腱鞘炎に。

    切り絵は、白黒の二色だけで奥行きを出すことも可能で、一重に下絵の巧みさで作品を左右するように思う。
    気の利いた絵がかけない私としては、素晴らしい下絵で切り絵を堪能させてもらった気分。ただ切っただけなのに、凄いことをした気分にしてくれる。達成感満載の一著。

全3件中 1 - 3件を表示

切り絵の下絵集を本棚に登録しているひと

切り絵の下絵集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

切り絵の下絵集を本棚に「積読」で登録しているひと

切り絵の下絵集の作品紹介

独自の手法と丹念な手仕事で、常に新しい切り絵の世界を追求する久保修の作品が下絵集になりました。
切り絵の初心者から講師まで、習熟の度合いに応じて活用出来る下絵を素材別に約140点収録(「花」「植
物、昆虫」「食材、料理」「風景」「その他」)。巻頭に参考作品8点をカラーで掲載。巻末に「切り絵の
作り方」を付し、必要な道具や材料、切り方などを図入りで解説。◉好評4刷◉

切り絵の下絵集はこんな本です

ツイートする