ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅―日本の住宅の寿命26年、ヨーロッパは140年。その違いは!?

  • 47人登録
  • 3.27評価
    • (3)
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (2)
  • 10レビュー
著者 : 澤田升男
  • ザ メディアジョン (2009年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862501141

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
トルステン・ハー...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅―日本の住宅の寿命26年、ヨーロッパは140年。その違いは!?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  確かに100年持つような家を建てるべきであり建てたいと思う。この本を読み理想をもってこの建築家に家を建てたいと言ってみてもらいたい。おそらくほとんどの人が資金の面で挫折することだろう。

     この国の家は土地を持っていれば建物にお金がかかりどちらも持ってない人には土地が高すぎる。どう考えても自分の理想の家が建つ要素を魅入られないのは自分だけなのだろうか。

  • 生体エネルギー水が、どのように製造されているのか、とても気になった。

  • ある建築会社の社長のお話。日本が世界に輸出している資材がウォシュレットぐらいだとか、ログハウスの素晴らしさとか、非常に面白かったが・・・最後の最後がすべてをぶち壊してしましまいます。意味不明。201310

  • 日本の住宅の寿命は26年と言われますが、正確な数字ではないと思われます。26という数字は、日本の高度経済成長期のはじめに建てられた「ウサギ小屋」からの建て替えも含まれるので、26年建ったら住めなくなるという意味ではないそうです。

    確かに、ハウスメーカーと官僚のメンテナンス、リフォーム誘導戦略は成功しましたが、これからの若い人にはそれを支えるだけの資金力がないので、ハウスメーカーは方向性を改めなければ生き残れないと思われます。

    ぼく的には、逆に居住可能年数を設定した上でシンプルな構造かつローコストと割り切った方が、その他への資金のバランスを調整することができると感じました。

    しかし、それには持ち家に対する至上主義的価値観の見直しが必要で、真にユーザー側の視点に立てるアドバイザーが不可欠だと思いますが、日本のFP制度では限界があるような気がしました。

  • これから自分の「家」を持とうとする人は必読ではないかと。

    騙されたと思って一度目を通しておいても損はない。

  • ・基準法はハウスメーカーが有利になように定めている
    。ハウスメーカーは10年単位で外壁のリフォームをするように仕込み、そこで儲けている
    ・設計価格は実際の取引価格の1.2から1.5倍くらい
    ・ハウスメーカーは6割ほど利益をとっている

  • 今の日本の家はきれいだが味気ない。来る人を拒む要塞みたい。
    純日本家屋・古民家は少人数家族には大げさだし……。
    日本の家ってなんなんだろう。

  • なぜ最後にオカルト?

  • アラサー世代として、そろそろ終の住処を探さなくてはと思い手にした本。装丁だけでなく内容も刺激的なものになっています。著者の人生をかけた住宅への思い、その生き方にも脱帽します。
     日本の住宅は、高度成長の時代、住宅困窮の需要を満たすために産業として確立され、工業化製品を用い、日本の気候や風土を無視した住宅を作り続けてきたため、寿命が短くランニングコストが高いという。一方、欧米では住宅を文化として考え、気候や風土になじむ家造りをしているとし、理想的な住宅とは何かを著者なりに追求している。
    この本のいいとろは、一般論だけでなく、具体的な業者選びや住宅業界のしくみ、資金計画のアドバイスまで踏み込んでいるところだと思う。
    狭い日本でみんなが夢のマイホームを手に入れることはできないだろうし、集合住宅やマンションの話もあれば尚、よかったかなと思う。(2010/1/23読了)

  • H21.12.28
    著者の言うことは誇張でもなく事実なんだと思う。
    ただ、官僚はハウスメーカーのためだけに工業化住宅を推進したわけではないのではないだろうか。質よりも量を優先しなければならない時代はあったわけで、場当たり的な行政がそのまま現在まで残ってしまったといえる。
    明確な根拠を持ち合わせていないけど、税制上(新築は固定資産税や不動産取得税が安かったりとか)も中古より新築の方が有利だった気がする。あとは日本人の気質ね。家に限らず、新しいもの好きな面がとても影響していると思う。
    世の中が低炭素時代を標榜しているだけに、今後は流れが変わるかもしれないね。不景気の影響もあるだろうけど、現に着工戸数は大幅に減っているし。著者のご活躍を期待します。

全10件中 1 - 10件を表示

ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅―日本の住宅の寿命26年、ヨーロッパは140年。その違いは!?を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅―日本の住宅の寿命26年、ヨーロッパは140年。その違いは!?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅―日本の住宅の寿命26年、ヨーロッパは140年。その違いは!?はこんな本です

ツイートする