桃色御伽草紙 (ドラコミックス (No.119))

  • 38人登録
  • 3.09評価
    • (2)
    • (1)
    • (17)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 桃季さえ
  • コアマガジン (2006年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862520715

桃色御伽草紙 (ドラコミックス (No.119))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鬼一族と桃太郎一族があの時に契約をして、人間を襲わない代わりに桃の生気をもらうという。桃の4王子と対となる鬼との話。主人公は三男坊。
    始終モヤモヤしたストーリーでした。
    というのも、話が中途半端に終わって別のストーリーが収録されてる…わけがわかりません。二巻があるようですが、あの話の続きは入っているのでしょうか…

  • ★3.5
    再読。桃太郎というお伽話をモチーフに…という発想がすごい。桃の種類を名前にしているし、髪や目がピンク!桃太が欲しくて悶々としてるの風鬼が気の毒(苦笑)まだまだお子ちゃまな桃太は恋愛面に関しては…って感じだし…次巻進展するかな〜。メイン以外の兄弟たちのカプもそれぞれ個性的です。

全2件中 1 - 2件を表示

桃色御伽草紙 (ドラコミックス (No.119))を本棚に「積読」で登録しているひと

桃色御伽草紙 (ドラコミックス (No.119))はこんなマンガです

桃色御伽草紙 (ドラコミックス (No.119))のKindle版

ツイートする