ラブ・フェロモン (ドラコミックス 162)

  • 97人登録
  • 3.09評価
    • (1)
    • (8)
    • (33)
    • (4)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 真山ジュン
  • コアマガジン (2008年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862523280

ラブ・フェロモン (ドラコミックス 162)の感想・レビュー・書評

  • 全体的にコメディーで面白いです。
    坂井の世話焼きっぷりが可笑しくてかわいい。ダメなところもカッコいいとか、盲目にもほどがある。もっとやってほしい。

  • 表題作は上司×部下。
    マイペースでいまいちキマらないけど実はデキル男な上司に、しっかりもので美形な部下。意外とお似合い。

    もう1作、俳優×アイドルの物語が入っていて、私はこっちが特に好きです。


    どっちもくっつく→受けが相手の気持ちが読めずに不安がる→仲直りという展開で、ストーリーは王道かと。
    コメディタッチな描写もありつつでも全体的には色っぽいです。

  • 真山さんの漫画っていい意味でべたにBLくさくていいですね。表題作も同時収録も、受けが攻めにべたぼれ。攻めは黒髪眼鏡。黒髪眼鏡おいしいですごちそうさまでした。

  • 結構すきなシリーズ。オフィスラブはやっぱりおいしい。
    しかし本来ヘタレ攻めというのはいらっとしてしまって苦手なのですが及川さんはここぞというときにはちゃんとかっこいいので許せます。

  • 話自体は大したことないんだよ。
    なのに森川とのじくんの破壊力が凄まじい。
    どうしたものか…!!
    森川の喋り方が某久保ちゃん。
    どうしたって悶える…(笑)。
    やる気あるんですか、ないんですか…!
    あるのかないのかって言われたらないんだろうけど(笑)。
    だから好き(笑)。
    1回だけ普通に喋る…つか怒鳴るシーンがあるんだけど、ヤバイね(笑)。
    もうちょっと聞きたいところだ。
    のじくんは森川の世話をしてるのが可愛かった…!
    役者の力だけで評価を上げるタイプの作品です(笑)。
    キャスティングの勝利。
    トークが終始パンツネタ(笑)。
    あとはちょっと野島家トーク。
    でも基本的にパンツ(笑)。
    普段穿いてるヤツとか。
    のじくんの事件の話。
    経験者だな、あの話っぷり!(笑)
    なんか実感こもってたよ(笑)。
    森川のパンツの話はちゃんと見てみたい(笑)。
    お尻に「萌え」ってあるのが見てみたい!
    ぜひイベントで見せパン感覚で見せてくれればいいと思う(笑)。
    しかしアグレッシブな天狗のパンツって想像つくのが残念だな。
    あたしだけじゃないよね、これ!(笑)

  • 【内容紹介】
    仕事のできる男・坂井は、同じ職場のダメ上司・及川に片想い中。だけど、及川に笑顔を向けられるたび、身体が反応してしまいフェロモンが倍増!! エロエロムードたっぷりの坂井に及川は...!?

    ドラマCD聞いてから原作買いましたー。エロ薄め。
    この設定面白いですね。特筆すべきは坂井くんの憂い顔。これがラブ・フェロモンですねわかります。
    攻めの及川さんは「いや~~~近くでちょっと飲んでたんだけどさ~~~~~」ほとんどだらだら口調ですwwでもやるときやる男!惚れるね。

    同時収録「スラップスティック」
    演技派俳優@黒髪眼鏡な俺様×アイドル@健気

    しかし絵がな~~。。。

    【ドラマCDの感想】☆4つ!
    ゆる~く優しげな口調の攻め@森川さんと、世話好きで子犬のように可愛い受け@野島さんに終始ニマニマしっぱなしでした。
    帝王の引き出しは無限ですね。気だるい喋り方と、いざというときのエローいお声の差が素晴らしい。森川さんすごい。

    話の内容はマターリでさほどエロくはないので初心者にもオススメ。コメディで面白いです。

  • 森川智之×野島健児

  • 真山さんの新刊だ!!と意気込んでの定価購入でしたが、古本買いでもよかったかも…。

全9件中 1 - 9件を表示

ラブ・フェロモン (ドラコミックス 162)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ラブ・フェロモン (ドラコミックス 162)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラブ・フェロモン (ドラコミックス 162)はこんなマンガです

ラブ・フェロモン (ドラコミックス 162)のKindle版

ツイートする