蜜肌美人 (ドラコミックス 221)

  • 154人登録
  • 3.43評価
    • (4)
    • (15)
    • (24)
    • (3)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 隆巳ジロ
  • コアマガジン (2009年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862526953

蜜肌美人 (ドラコミックス 221)の感想・レビュー・書評

  • 足舐めあり。

  • memo: 全プレペーパー(不在)

  • 電子で読んでから、好きすぎて本で買いなおした位お気に入り。

    美容家庭で育った湧井は、重度の美肌フェチ。大学サークルで出会った«しらゆき先輩»こと雪村の美肌に一目惚れしからというものワンコのように甲斐甲斐しくお世話し、邪険に扱われる日々を過ごしている。
    大事にされてほだされちゃった、末っ子気質の先輩が可愛くてしょうがない。。自分のワガママが最優先のようで、相手の出方を上目遣いで探っているようなツンデレ、ズルいでしょー。そういう可愛さを一々口に出して喜ぶ湧井もフェチ以上に変態だよね♡でも男らしい部分もあって…いい嫁だなー。

    朝帰りの姉としらゆき先輩のやりとりが一番好きかもしれない。どこまでいっても美肌フェチw

  • 肌フェチ×美肌青年

  • 表紙デザインかなりカッコいいです! もっとロリ萌え系の絵柄の方のイメージだったので、大学生の絵が今風でびっくりした。
    まるごと一冊で、主人公のツンデレっぷりが上手い。相手の子がプラトニックでもいいというシーンが珍しい。
    しかしときどきツーカー意思疎通しすぎて、自分の頭では、台詞の意味が通じなかったです。
    あと、主人公の肌が年取るなりで綺麗でなくなってからの描写が見たかったなあ。そうでないと意味がないというか。

  • 「蜜肌美人」(drap '08年12・'09年3~4・8~10月号) 
    「あとがき」(描き下ろし)

  • 2010年2月2日読了♪

  • 絵もお話も当世風なんだけども、薄い

  • 悪くない。
    画力もとてもある。

    でも、もうひとつ、もうひとつ何かが欲しい。
    もうちょっとエロシーン入れても良いかなと。

    なくても上手く話を運べる作家さんだとは思うけど
    とても色気のある表情を描かれるので
    読みたいなあ、読みたいなあ・・・と思う次第です。

  • 肌フェチの湧井(攻)は大学のサークル勧誘で理想の美肌を持つ雪村(受)に一目惚れする。湧井は雪村に邪険に扱われてもへこたれず、雪村の美肌を愛し続ける。

    雪村のツンデレっぷりが最高です。女王様系受は大好物です。
    湧井家の理解度が半端ないです。あんな家族なら毎日が楽しそうですね。
    私はドラコミックではお馴染みのカバー折り返し部分に描いてある四コマの雪村先輩がお気に入りです。可愛すぎだろ!

全10件中 1 - 10件を表示

蜜肌美人 (ドラコミックス 221)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蜜肌美人 (ドラコミックス 221)を本棚に「積読」で登録しているひと

蜜肌美人 (ドラコミックス 221)のKindle版

ツイートする