フラクション

  • 146人登録
  • 4.06評価
    • (10)
    • (16)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 駕籠真太郎
  • コアマガジン (2009年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862527189

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
駕籠 真太郎
中村 明日美子
駕籠 真太郎
駕籠 真太郎
久住 昌之
丸尾 末広
大越 孝太郎
駕籠 真太郎
ジェイムズ・P・...
駕籠真太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

フラクションの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 漫画と叙述トリックの融合・・・・。
    素晴らしきバカミスだけど、結構な衝撃、いや笑撃!?

  • 最後もっていかれた。いや、最初からもっていかれた。漫画で見せる叙述トリックは面白い。それにしてもこんなのをぶっ込んでくるとはさすが。
    「震動」と「倒壊」はシュールで気持ちが悪いのだけれど思わず笑ってしまった。

  • 後半のグロい…

  • タイトルは分数の意。
    少し前に話題になったという作品を、
    そうとも知らずに過ごしてきましたが
    (作者の名前と作風は知っていた)
    急に読みたくなったので買ってしまった。
    購入前にネタバレレビューをいくつか読んで、
    仕掛けの部分が実際に「どんな風に」描かれているかを
    確認したくなったので。
    その手のレビューには、ほぼ必ず、
    「これからちゃんと読む気のある人はネタバレ部分を見ないで!」
    という注意書きがあるんですけど、
    どんな話か気になってるときは見ちゃいますよ、そりゃ(笑)。
    ……で、うぁぁ、そういう描き方ですかぁ、と唸りました。
    小説ならではの手法と考えられている「叙述トリック」を
    漫画で実践してみよう、ということなんだけど、
    逆に、この作品をノベライズするのは不可能に近い……のかなぁ、と。
    作者の「ミステリ漫画を描こう」という意気込みというか
    情熱が伝わってきて、その部分には感動しましたが、
    ストーリーは不謹慎極まりないです。
    ただ、個人的には、どんな美女だって豊満な肉体だって、
    死んでしまえばただの肉塊――っていう相対化には同感します。
    いや、しかし、面白かったけど、
    何度も読み返すほど愛着が湧くかというと、
    それは、ちょっと、どうなんだろう(^^;)

  • さすが駕籠先生。
    エログロの巨匠がミステリを
    書いたらこうなりますか。
    純粋なる(?)ミステリ。
    ミステリ読む人には必ずと言って
    読んでほしい。
    表紙で買いにくかったら、
    アマゾンで買いましょう。

    最高評価をつけたいですね。
    巷で起こる連続輪切り殺人事件。
    犯人の視点からだったが、
    自分と違う模倣犯が出現。
    それとは別に、作者がミステリについて
    編集者に語る。
    犯人はいったい誰なのか。

    漫画という枠での叙述トリック。
    あ、あ、あたらしすぎる……。
    これぞ、マンガの最果て。
    黙示録。
    シビアにシリアスに切りに行く。

    あさき「鬼言集」もしくは
    あさき「万物快楽理論」を
    聞きながら……。

    どうぞ。

  • 面白い。あまりにも面白い。

  • 女性ばかりを襲う「人体切断魔」を中心に描かれるサスペンスホラー漫画。

    トリックは面白いが『アナモルフォシス〜』越えのバカミス具合はやっぱり人を選ぶ。

    同時収録の短編がどれもホラーテイストで、全体的にギャグが皆無なので『アナモルフォシス〜』から一点引いた。

  • いかにも私の好きそうな作品。
    気持ち悪さでも、ミステリなところでも大満足でした!!

  • 丸尾末広畑の人間が叙述トリックを書くとこうなるのかー、という印象。ちょっとした違和感が伏線だった時の驚き…というか「!?」となる感じを漫画で味わえるのは面白い。でもバカ。

  • 素晴しきバカミス

全10件中 1 - 10件を表示

フラクションに関連する談話室の質問

フラクションを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フラクションを本棚に「積読」で登録しているひと

フラクションのKindle版

ツイートする