新・人間コク宝

  • 137人登録
  • 3.95評価
    • (10)
    • (18)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 吉田豪
  • コアマガジン (2010年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862529299

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

新・人間コク宝の感想・レビュー・書評

  • 書評レビューアーでインタビュアーとしても有名な吉田剛による対談集。

    出てくる芸能人が一癖も二癖もある芸能人ばかりで、現代では通用しない話も多いものの、とても面白かった。

  • 長門裕之へのインタビューに尽きる。ここだけでも読んでもらいたい。

  • 90番乗り。読了。新宿タワレコで嶺脇社長を見に行った時に買って、豪さんとナカGさんのサインをもらった。本書、文字が多くて小さくて、読むのに時間がかかる! でも面白い! (2012/10/31)

  • それぞれに魅力的な人物ばかりのように思えるけど、これは吉田豪というフィルターを通しているから。実際にこの人たちと毎日暮らせっていわれたら絶対にゴメンだ。コーヒー豆はお湯を通すからコーヒーになるわけで、生の豆は食えたもんじゃないのだ。

  • プロ書評家にしてプロインタビュアー。吉田豪さんのインタビュー集。いやあ、吉田さんの声が好きで、脳内に声が響く感じですね。

    梅宮辰夫、木村一八、月亭可朝、長門裕之、ビートきよし、などアクの強い面々にガチでインタビューしている。

    特に長門さんのインタビューが、南田さんが死ぬ前と死んだ後におこなわれていて、とても切ない。

    正直さほど興味のなかった人の背景にとんでもないことが、隠れていることがわかり、びっくりした。

    冒頭が、真樹日佐夫先生の文章なのも、びっくりだ。

  • 久々に出た“人間コク宝”シリーズの第3弾。
    まえがきに代えて、として
    真樹日佐夫のコメントが載っている。
    さまざまな人にインタビューした吉田豪だが、
    この人は別格のようだ。
    いつかまとめた形で真樹日佐夫周辺について書いたものを読んでみたい。

    今回のインタビューでは個人的には
    赤井英和と長門裕之でしょうか。

    あと
    吉川銀二を読んだ後の新沼謙治というのもコントラストの妙で楽しめましたが。
    全体として悪くはないのだが突出したものがないという感も。

    吉田豪自身がインタビュアーとして著名になり
    話させてくれ、みたいなスタンスの人がかなりいたような印象もありちと興ざめ感もあった。ポーズを作るのが見えてる感じの人もいて。

    以前にあった心に深く感銘を残すほどのインタビューは今回はなかった。
    まあ以前に出たものには奇跡ともいえるような瞬間がありましたからね。

  • コクのある各界著名人のインタビュー集。
    インタビュアーとして定評のある吉田豪が、猛者たちをころころ上手に転がしている。
    印象的だったのは、やっぱり長門裕之かなぁ。
    洋子さんご健在の頃と、亡くなった後のお話が聞けます。
    木村一八や、楽太郎、ビートきよしの話もおもしろかった。
    梅宮辰兄の、いまはなき荒くれ物時代の話とか。
    とにかく濃い。コクがあります。
    読まなければ誰だかわからなかったひとの世界もおもしろい。
    あと、豪ちゃんの認められっぷりも。

    最後に一言。
    やっぱり蛭子さん、きらいだわー。

  • ボリューム満点。軽く読めるインタビュー集、とはとても言い難く、当然そこがいいところ。いかにもヒトクセありそうな人じゃない方の人が記事として面白いものに仕上がっているような気はするなあ。

  • 全編おもしろいが、個人的に「せんだみつお」「楽太郎」の回、最高。

  • おもしろかった!吉田豪の真骨頂。先に相手に「いやー好きなんですよ!」と根拠つきで示して「え、そうなの?」と相手が油断してべらべらしゃべっちゃう感じ(笑)愛すべき無茶苦茶な男たちの「ここだけの話」がぎっしりです。ぎっしりすぎて、3日間くらい読んだもん。損はしない!値段分以上の価値あり!オススメ!

  • 吉田豪はインタビューの見方を変えてしまった。読んだ後、何か勇気づけられてしまう。

  • http://d.hatena.ne.jp/FUKAMACHI/20101227
    ラジオで聞いてた吉田豪さんの凄そうな本。
    ここでも紹介されてた。

  • 2010/11/30

    [収録芸能人]
    梅宮辰夫/木村一八/K DUB SHINE/月亭可朝/
    ジェリー藤尾/蛭子能収/長門裕之/ミッキー安川/
    生島ヒロシ/三遊亭楽太郎/赤井英和/吉川銀二/
    新沼謙治/大和武士/ビートきよし/金山一彦

    ジェリー藤尾のインタビューに一番驚いた…。
    笑顔が怖すぎるハードコアな人生にはもちろんのこと、
    それほどハードボイルドな人でも、
    自律神経失調症になるということに。

    蛭子能収は、相変わらずほんわかします。
    やっぱり根が素直なんでしょう、
    あっけらかんと毒を吐く様はさすがでした。
    杉作J太郎と仲がいいのは、初めて知った。

全16件中 1 - 16件を表示

新・人間コク宝を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新・人間コク宝を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新・人間コク宝を本棚に「積読」で登録しているひと

新・人間コク宝はこんな本です

ツイートする