ビター・ハニー (ドラコミックス 259)

  • 43人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 霧嶋珠生
  • コアマガジン (2010年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862529411

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ビター・ハニー (ドラコミックス 259)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 売れっ子漫画家×編集

  • 「マスタード・ハニー」続編。BL漫画家の壬生先生×BL編集の羽田cp。絵柄はちょっぴり苦手なのですが、ストーリーがツボ。
    売れっ子の壬生は仕事も順調で、羽田はそんな壬生を公私ともどもお世話するラブラブな毎日。
    でも、恋人同士につきものの悩みはいろいろあるようです。特にこの二人は元々ノンケだったわけだから、その分気になることもいっぱいあるし、何より壬生は羽田が自宅に呼んでくれないことがすごく疑問なのです。
    羽田のそのわけが大したことないのに笑えたり、くすぐったくなったり。
    初めて尽くしなので、羽田が戸惑ってるのも無理はないし、そこがとてもかわいかったりします。
    それでなくても、BL作家の壬生先生が♂だというのも極秘で、それに加え、男同士で恋人というのも隠さなくちゃいけない羽田は大変そうで同情します。
    壬生に少年誌の仕事を頼んできた宮本のせいで、誤解があったりヤキモチを焼かれたりする羽田ですが、彼は照れ屋だけどとても誠実。心を開いて見せて、壬生を安心させるところが男らしくてステキです。

    取材旅行と称した京都婚前旅行がよかった~
    いつもはアホな言動が多い壬生の本気が、しっかり羽田に伝わっていました。
    相手を思いやる気持ちの大切さに気付かされます♡「おっぱい――ッ!!!」の絶叫が…羽田のせいいっぱいの答。
    仕事も恋も頑張ってる壬生と羽田に胸キュン。壬生と編集長の関係に驚いた。

    エロ面では、かわいくてほのぼのな大人の純情が全面に出ているストーリーのわりに、生々しい描写で驚きます。がっつりHしています。だけど、なんかかわいい。
    カバー下のおまけマンガもHですが、すごく笑えます。

全2件中 1 - 2件を表示

ビター・ハニー (ドラコミックス 259)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビター・ハニー (ドラコミックス 259)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビター・ハニー (ドラコミックス 259)はこんなマンガです

ビター・ハニー (ドラコミックス 259)のKindle版

ツイートする