サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ

  • 137人登録
  • 3.96評価
    • (9)
    • (29)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 小澤一郎
  • カンゼン (2012年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862551030

サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Jリーグが20年を迎え、これからどう進んでいくのか。
    切り離せない問題なのが、選手の移籍やGM制度の不備…。
    筆者は、
    ●日本人選手以外も「育てて売る」
    ●アジアのトップリーグを目指す
    ●欧州に合わせたシーズン、契約期間の導入検討
    ●代理人文化の醸成…などを提言。

    変わっていくものを追いたいよな。

  • 日本(Jリーグ)の移籍制度はあまりマスコミは報じないので、この本で初めて知ったことが多かった。とても貴重な一冊。

    著者は「日本のサッカーを向上させるには、日本のクラブも交渉力をつけて世界のマーケットに参加することが必要」という立場。一方、現場のクラブはそれが理想だと理解しつつも「そうは言っても現実的には厳しい」つまり、日本のサッカービジネスまだまだ成熟していないので、今グローバルマーケットに参加しても食いつぶされるだけだという意見。本書ではそういったクラブ幹部や、そのクラブからボロクソに敵視されている(笑)代理人、そして一番の当事者である選手まで、色々な立場の生の声が聞けるのが素晴らしい。

    それぞれの立場でそれぞれの正論があるので誰もがハッピーな道はない。読者は日本サッカーやJリーグのサポーターだろうから、その読者も他人事ではないはず。究極的には、クラブと選手どちらをとるかの選択。日本人ファンは選手を尊重する傾向が強い。しかしそれでは日本のサッカーは成長しない、と著者は主張する。
    さあ、僕自身はどうなんだ?───ただ読んで「面白かった」だけでなく、読後も自分なりに考え続けさせるほどの力を、本書は持っている。

  • 今の流れの現状が具体的に読めました。売り方を経験している最中だと、よくわかります。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、2階開架 請求記号:783.47//O97

  • 2010年:FIFAルール適用
    2011年FIFAエージェント⇨31人

  • 再読の価値あり!!

    日本人の0円移籍問題に切り込む!

    ロベルト佃のホントの並読をオススメ。

    マドリーの2トップエージェント

    ・ホルヘ・メンデス(ポルトガル人)
    →モウ、Cロナ、ディマリア、ぺぺ、カルバリョ、コエントラン

    ・ドイツ在住、イラン人のファゼリ
    →エジル、サヒン、ケジュラなどをマドリーへ。
    トルコ系ドイツ人のパイプを持つ。

  • 契約があるうちは移籍など考えれない!契約を満了してから移籍すべき!などという人もいると思うが、私は育ててもらったチームにお金を残せない方が不義理であると思う。
    夢もあるだろうが、本当に必要と考えてくれるチームであれば金を払ってでもとりたいと考える。そういうチームに行く事が選手にとってのやりがいではないだろうか。今は日本の名を売る時期で致し方なしとも考えるが、近い将来、移籍金を取れる選手が増えてほしいと考える。
    こんな本が読みたかった。

  • 勉強になりました。

  • 他にはない本です
    興味深い事がたくさんのってます

  • サッカーはグローバルだなぁ。

全22件中 1 - 10件を表示

小澤一郎の作品

サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブを本棚に「積読」で登録しているひと

サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブの作品紹介

なぜ日本人選手は欧州に"0円"で引き抜かれるのか?Jクラブが移籍ビジネスの勝者となる「戦略」と「交渉術」を総力取材で解き明かす。

サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブはこんな本です

サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブのKindle版

ツイートする