語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】

  • 59人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : レッカ社
制作 : レッカ社 
  • カンゼン (2013年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862551788

語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エポックメイキングな切り口でライダーの新時代の幕をこじ開けた「仮面ライダークウガ」。さらなるリアルの追求と男3人の群像劇を描いた「アギト」。ライダー同士のバトルロイヤルというかつてない衝撃的な内容の「龍騎」。
    これら平成ライダー3作品を、各界の著名人、関係者がインタビュー形式で語りつくす!!宇多丸(ラッパー)、虚淵玄(シナリオライター)、加藤夏希(女優)、武富健治(漫画家)、切通理作(文化批評)、高寺成紀(映像プロデューサー)、井上敏樹(脚本家)。

    いやー熱い熱い!!
    ぼく自身、そんなに細かく内容を覚えているわけではないんだけど、それでもこの熱量にあてられて当時の興奮を思い出し、語らずにはいられなくなります!もう一度見返したい!

    高寺プロデューサーの新しいものを作ろうという意気込みもすごい、武富先生や宇多丸さんの語り口も熱かったです。
    井上センセーは……ご、豪快な方です。時間が経ちすぎて忘れちゃったのか、あんまり考えずに書いたら出来ちゃった~みたいな感じですね(そんなわけはないと思うんですが笑) 
    そして出版直後、来年の「鎧武」の脚本が虚淵さんであることが発表!!
    このインタビューを読めば、大まかな方向性が見えてきます。

    「何かいいかげんな理由でトドメを刺さずに消える」とか「子供番組だからこんなもんでいいだろ」っていうのは、平成ライダーの現状への叱咤・激励の言葉として捉えました。「おい!もっと違うことがやれるだろ」という先人達の言葉が聞こえてきそうです。

    ただ、子供番組という大前提があり、玩具を売らなければならないなどの様々な制約の中で、どうにかこうにかもがきながら落とし処を模索してる姿勢は好きです。個人的には、今の何でもあり感を薄めつつ、ある程度の物語の整合性を保ちつつ、今後も挑戦を続けていってほしいです。

  • 面陳されてたのでつい買ってしまったが2年前の本なのか。ちゃんと追ってた内の3作についてなので貪るように読んでしまった。子供番組と子供騙しを混同した作品作りはしていない、ってのがやはり響いた。井上さんの語り口好き

  • キャラクターの写真もほとんどない、インタビュー集。
    内容が濃くて読み応えがあった。

  • 子供と一緒にしっかり観てたのが、
    アギト、龍騎、555。
    平成ライダーとして久々に復活したのが
    クウガだという認識はあったものの
    この本を読むと、
    これだけみなさんが必死に新しいライダーに
    真剣に取り組んでいたのかと驚いた。

    確かに、こんな難しいストーリーを子どもたちは
    理解できないよな〜と思いながら見てたが、
    難しい話だったからこそ
    親たちも一年間飽きることなく、見続けられたのだろう。

    この本を拝見して、
    またもう一度、クウガから見直してみたいと思った。

  • 平成ライダー初期三作について、著名ファンから、中の人まで七人を取り上げたインタビュー集。

    宇多丸さんのあまりに熱い『アギト』賛歌に、「俺の目が曇っていたのだろうか」とか考えてしまいましたが、虚淵さんがアギト最終章に言及されていて少し思い直すことが出来ました。でも「クウガの呪い」みたいなものはあったかもしれないなぁ。

  • 今年15年目を迎える平成仮面ライダーシリーズの初期3作。「クウガ」「アギト」「龍騎」について、7人がそれぞれの立場で語る。

    「クウガ」はリアルタイムで、「アギト」と「龍騎」は子供のお供で、ソフト化されてから観た。子供向けとは思えない複雑なストーリー展開。この本を読むと製作の背景がよく分かる。個人的には、「鈴木先生」の原作者、武富健司氏のインタビューが興味深かった。「鈴木先生」と「ライダー」がつながっているとは!

    4作目以降についても、熱い取材を期待しています。問題の「響鬼」については、ぜひ読みたい。

  • 武富健治さんの「子供がはじめて夢中になるものの影響って大きいので、軽いものや楽しいものに慣れちゃうのはマズい」「例え理解できなくても、真面目なものや重いものに触れて魅力を感じることは(略)大事」にはまったく同感。

全7件中 1 - 7件を表示

レッカ社の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】に関連する談話室の質問

語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】を本棚に「読みたい」で登録しているひと

語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】を本棚に「積読」で登録しているひと

語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】の作品紹介

2000年の放送開始以来、年齢性別を問わず、幅広いファン層から支持される日本屈指のポップカルチャー「平成仮面ライダー」。この超人気シリーズの魅力とは何か。どんな進化をしてきたのか。シリーズの原点となった第1作『クウガ』、第2作『アギト』、第3作『龍騎』を中心に、7人の論客が思いの丈を縦横無尽に語り尽くす!

語ろう!クウガ・アギト・龍騎 【永遠の平成仮面ライダーシリーズ】はこんな本です

ツイートする