それでも「美談」になる高校サッカーの非常識

  • 25人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 加部究
  • カンゼン (2013年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862552181

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

それでも「美談」になる高校サッカーの非常識の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絶対あるだろうと思ってはいた部活動の裏の顔。
    でも変えようという新風も吹いていて、悪いことばかりではない。
    やっぱり部活の基本は、「辞めないこと」。
    そういう指導者になりたい。
    という、妄想が膨らむ一冊。
    ありがとう。

  • 高校サッカーにおける「指導」に切り込んだ一冊。

    体罰をしてきて才能を潰してきたのではないかと切り込むが、個人的には正しくもあり、間違いでもあると思う。
    時代的背景、社会的要因など色んな側面もあいまって高校での指導が成り立っているとも思う。

    また、なにがなんでも選手権って考えは電通をはじめとするマスコミにも責任はあると思う。

    なので、過去の指導=ダメとは言い切れないということも理解してニュートラルにして読まないと危険。

  • 2014/04/19
    自宅

全4件中 1 - 4件を表示

それでも「美談」になる高校サッカーの非常識の作品紹介

体罰、しごき、イジメ…理不尽な指導はなぜなくならないのか?「楽しむ」ことが悪になる部活スポーツに未来はない。その指導、子どものためになっていますか?

それでも「美談」になる高校サッカーの非常識はこんな本です

ツイートする