リスタート (ビーボーイコミックス)

  • 985人登録
  • 3.74評価
    • (94)
    • (145)
    • (182)
    • (10)
    • (2)
  • 55レビュー
  • リブレ出版 (2006年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862630490

リスタート (ビーボーイコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編で納得の行くホモセックスを描く天才。

    BLは短編にも編集からセックスシーンを入れて欲しいと言われ入れる場合もあるみたいですが、そういうものって設定や展開に無理感が出てたりしますが日高先生の作品はそういう無理感が一切なく、エロシーンにいってもすんなり堪能することが出来ました。

    あと、この作品は特に男同士であることへの葛藤はほぼ描かれてなく、(別の部分で葛藤は描かれてましたが)私はそういう展開のものはあまり萌えないのですが、こと日高先生に関しては萌えちぎりました。
    その理由は“キャラクターの良さ”だと思います。一人一人がきちんとキャラだっていて、「うわこのツン気味のキャラがここにきてのこの笑顔かわいすぎ」とか、「これは男でも惚れるわ…」みたいな納得できるキャラ設定とストーリー展開がある上で出来る事だと思いました。

    日高先生をこの世に産んでくれたことを全知全能の神に感謝するレベルです。本当にありがとうございました。

  • こちら、新装版が出る前に電子書籍で購入してて長期放置してた本でした。
    モデルのお話ですが、今の日高ショーコさんからは想像できないって思いながら読みました。

    10年たってるなんて思えないほど美しい絵で、まあ、モデルにしては、その服?って今見ると思うんですけど、日高さんは絶対手直しされると思いますので楽しみです。比べ読みします。

  • 短編5つと後日談1つが収録。今や事務所のお荷物モデル24歳タダシと後輩で今や売れっ子モデル21歳アキ「リスタート」。同じ二人で3週間ブリに会えたとある一日「ステップ」。同じ二人でオーディションに受からない日々を送るタダシ視点で「クリア」。二人のはじめてエロをアキ視点で「リバース」。今は売れない高3モデルと気鋭の写真家「きみのために」。初恋の人に想いを告げられないまま亡くなった大学生とその初恋相手の高3弟「運命の恋人」。「リスタート」の二人の出会いをアキ視点で「contact」。どれも良いのにどうしても表紙の二人で一冊分読みたいと思うのは最早一冊病か。

  • モデルさんたちのあれやこれや。一途な攻め、可愛い。

  • 再読。このお話しは私が初めて読んだ日高さんの本なんですよね~。なので思い入れが違うかな♪ まして大好きな年下大型ワンコ攻め!! 売れないモデルの匡と後輩の超売れっ子のアキ。立場が逆になってしまった匡とアキ、でもアキはずっと匡が目標で尊敬してて、そして大好きだったのがまた良いです♪ 思いが通じあってからに匡のアキに追いつこうとする姿もカッコいい!! 大好きな作品です。

  • 表紙を見た時に、先輩(茶髪)×後輩(黒髪)かなぁと思ってたら逆で、意外に思った。作家さんによってはこういう見た目の人が受けとか攻めとか決まってる人もいるけど、日高先生はそうではないんですね。
    後輩モデル・アキの、先輩・匡を見るまっすぐな目が好き。いっぽう匡は、アキへの先輩としての複雑な思いを抱えていて。このへんの男同士ならではの関係っていいなぁと。

  • 初の商業誌らしい。

  • 売れっ子モデル×売れないモデル

  • おもしろい漫画の作者の他の作品を買っちゃう癖・・・。そうでもない。

  • とても人気のある作品なので、読んでみました。
    キラッキラな感じでした。
    ……ちょっと苦手かも(汗)
    私、モデルものはダメなんかなぁ。純粋に好みの問題ですね、きっと。
    日高センセの作品では、雑誌の不細工特集に載ってた、「初恋のひと」?「二度目の恋」?が好きです。単行本に入ってるのかなぁ。日高センセのギャグ系をもっと読んでみたい…!

全55件中 1 - 10件を表示

日高ショーコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

リスタート (ビーボーイコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リスタート (ビーボーイコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リスタート (ビーボーイコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リスタート (ビーボーイコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする