春を抱いていた 1 (スーパービーボーイコミックス)

  • 137人登録
  • 3.65評価
    • (19)
    • (12)
    • (42)
    • (0)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 新田祐克
  • リブレ出版 (2007年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862630995

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

春を抱いていた 1 (スーパービーボーイコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 初読み。
    CD既聴。

    攻め:岩城京介
    受け:香藤洋二


    AV男優の岩城は男性愛を描いた不透明な作品の映画『春を抱いていた』のオーディションにライバルとされている年下のAV男優・香藤と呼ばれる。
    そこで二人でSEXをしてくれと言われ…。


    香藤が岩城を好きになっていく過程が見えず、ちょっと性急な感じがした。
    しかし、エチシーンでの体位など難しいカットもきっちり描いてあり、デッサンに狂いが無いのがいい。
    とかく、どこに挿れているんだか、骨格と違う場所に手足がついていたり、な描き方を平気でする漫画家が多い中、安心のクオリティで読めた。

  • こういう二人になりたい

  • はじめは絵柄が苦手でした。
    雑誌か何かで第一話を見て、設定が好きだったので単行本を購入。
    巻を増す毎に絵が綺麗になっていってます。

    たまに受け攻め逆転するけど、私は香籐×岩城が好き。

    森川智之受け萌

  • さすがの名作

  • 最初絵が苦手だったんだけどさ、今はマジ好き(^^)
    OVA化を知って「そのくらい面白いんだ」と思って買って一気にハマったw

    1〜12巻まで所持。以下続刊購入予定。

  • ずっと絵が苦手で食わず嫌いしていた。が、マンネリ万歳(笑)
    …と思ったらいつの間にやらトレスだかパクリだかで叩かれまくってましたwとっても貴重な森川受だったのはいい思い出です…。

  • ここに・・・理想の夫婦像をみたーーー!!!
    「BLっていっても結構女の子みたいな受けが多いなぁ」っていう私の沈んでいた心を潤してくれた作品です。
    これぞ♂×♂の愛の形だよ!!!

  • もう本当にたまらんカップル。愛の深さを見せつけられる。

  • 男版ガラスの仮面。絵柄がちょっと濃いので時々酔いますが…結構好きな話です。

  • なんか凄い漫画だった…別にエロが濃いとは思わない(鹿乃しうこ作品で耐性が出来ているので)何が濃いッテ…<b>設定が。</b><br>AV男優からの脱皮を図りたい岩城に舞い込んだ主演映画のオーディション話。しかしそれは同じAV業界のライバルである香籐とのSEX勝負に勝つことだった!<b>男役は俺だ!</b>ッテ、何?!<br>作品名となってる「春を抱いていた」と言う映画自体がホモセクシャルを題材にしたものなんだけど…いいんですか?マイナーシアターと言えども公開しても。本編の6割が濡れ場ッテ。まさか歌舞伎町の一角でやる三本立て映画の一つじゃぁ?<br>どこから突っ込んでいいのか分からないくらいハチャメチャな設定でゴザイマシタが、「いいよ…もう何をしても受け止めてあげるよ。YOU、思い切りやっちゃいなよ!」と開き直れれば楽しさ倍増。悟りの境地ッテ素晴らしい。<br>萌えはありませんが(苦笑)ホモ漫画として楽しめます。え?続き?勿論買いますよ。<b>彼らが一体どこに辿り着くのか怖いもの見たさで。</b>

全14件中 1 - 14件を表示

春を抱いていた 1 (スーパービーボーイコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

春を抱いていた 1 (スーパービーボーイコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春を抱いていた 1 (スーパービーボーイコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

春を抱いていた 1 (スーパービーボーイコミックス)はこんなマンガです

春を抱いていた 1 (スーパービーボーイコミックス)の単行本

ツイートする