月にむらくも、恋嵐(新装版) (ビーボーイノベルズ)

  • 37人登録
  • 3.46評価
    • (3)
    • (5)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 玉木ゆら
制作 : 六芦 かえで 
  • リブレ出版 (2007年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862631145

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

月にむらくも、恋嵐(新装版) (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • ★3.5。シリーズ1。遊郭は食わず嫌いだったけど、遊郭というより奉公先の人情劇という感じで、心温まってしまう読後感(;_;)ドジでのろまな受がとにかく愛らしいし、粗暴で唯我独尊で受にベタ惚れな攻もカッコイイし、彼らを取り巻く脇キャラも凄く生き生きしてて、BLとしても凄く甘かったけど、このお店を舞台にしたお話としても楽しかったです。しかし、表題作の事件の顛末はあまりに悲し過ぎて泣いてしまいました…。仁平、別の形でなんとかならなかったのかなあ。

  • 「BLはお伽話」という言葉が一番ぴったりくるかとw 豆、かわいいよ豆。

  • 遊郭ものですが、ちょっと変わってます。
    BLの遊郭ものといえば、見世で売れっ子の娼妓が紆余曲折の末にベタ惚れした攻に身請けされてめでたしめでたしなんですが、この受は物語序盤からすでに身請けされてます。
    しかも本人にはそれを知らされないまま、みそっかすで間抜けで容姿も平凡な自分に客がついてくれないと真剣に悩んでたりと、なんというか……。

    一風かわった遊郭もの。

    しかもこの攻が、とりわけ目立たないこの受にベタ惚れしているってのがまた。
    身分のある攻様が、だめだめな受に夢中になり、愛情ダダ漏れ状態。
    せつない展開になるかと思いきや、ミステリ風味になってみたり、変なコメディになってみたり。
    最終的には身請けされてめでたしになるんですが、個人的には脇役の方が気になるお話でした。
    楼主と初雪の馴れ初めとか。

  • 【正体不明の男×娼妓】
    攻めが相手にぞっこんラブな設定って好き(笑)
    面白かったです。
    遊郭モノが苦手な人にもオススメ。

    ※あらすじ
    「なあ、豆。胸にたった一人の人間が住みついちまった奴は、そいつと交わると最高の快楽が味わえるんだぜ」豆は花街の高級男娼楼「幻月」一のみそっかす娼妓。ドジな豆のお客は強引で正体不明な男前、紅塵だけ。豆は嵐みたいな彼に抱かれるたび、メロメロに乱されちゃって…この気持ちは一体なに!?そして紅塵の正体は!?読んだら絶対夢中になる大ヒットラブが新装復活。出会い編や舟遊びエッチ編、4コマの他にショート書下ろし!

  • [警護所長官×娼妓]

    表紙の感じからは絶対に選ばない本でしたが
    読んでみました。

    思いの外、ほのぼのしていて面白かったです。
    とりあえず他のシリーズもあるらしいので
    それも読みます。
    この後があるのかな?

    *************************

    ☆あらすじ☆

    「なぁ、豆。胸にたった一人の人間が住みついちまった奴は
    そいつと交わると最高の快楽が味わえるんだぜ」
    豆は花街の高級男娼楼「幻月」一のみそっかす娼妓
    ドジな豆のお客は強引で正体不明な男前・紅塵だけ。
    豆は嵐みたいな彼に抱かれるたび、
    メロメロにされちゃって・・・この気持ちは一体なに!?
    そして紅塵の正体は!?

全6件中 1 - 6件を表示

月にむらくも、恋嵐(新装版) (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月にむらくも、恋嵐(新装版) (ビーボーイノベルズ)の新書

月にむらくも、恋嵐(新装版) (ビーボーイノベルズ)のKindle版

ツイートする