しのぶれど (ビーボーイノベルズ)

  • 52人登録
  • 2.87評価
    • (0)
    • (2)
    • (17)
    • (3)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 和泉桂
制作 : 高宮 東 
  • リブレ出版 (2007年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862631480

しのぶれど (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 時は大正。

    書生と歌人。
    書生『司』は、憧れの歌人『立花雨月=『羽堂』だと知る。
    実は羽堂、司の作品に入れ込んでいた。
    一方司は、羽堂=立花雨月という事を受け入れられずにいた。

    司の『書けない』と悩む事を、羽堂は『手助け』として司が『人』だと教え込む。
    その事によって絶賛を浴びる司。
    しかし、それは周りがお膳立てした事で筆を置く事を決心したんだけど…
    羽堂は、それを望んでなくて。
    新たな短歌を詠む立花雨月。
    それは、司の作品と対をなすような作品で。
    お互いに引かれ、愛し合っている事にキチンと向き合い、再び司は書くようになる。

    描き下ろしで、噛ませ犬 谷津坂 登場。
    飛ぶ鳥を落とす勢いの小説家。
    実は司を狙っていたのだが、羽堂が阻止していたというオチ。

    最後の最後でイチャラブしてくれてて、嬉しいかな?
    時代が大正ベースなので読むのにちょいと苦労。
    これは個人的に別れるかなぁ。
    微妙に大正ベースでぶっ飛んじゃった方が、私的には好み。

  • 両親を亡くし、父の友人であった大御所小説家の元で書生として生活している司。自身も小説家としてデビューしたが、その後なかなか作品が書けずにいた。
    そんなとき、司がとても感性を揺さぶられる歌人・立花雨月と知り合い・・・。
    大正時代のお話。書けない司が憧れの立花雨月によって開花する話。
    特にぐっとくるところもなく、まぁそこそこかなぁという感じ・・・

全2件中 1 - 2件を表示

しのぶれど (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

しのぶれど (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

しのぶれど (ビーボーイノベルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

しのぶれど (ビーボーイノベルズ)はこんな本です

ツイートする