SASRA〈1〉 (ビーボーイノベルズ)

  • 198人登録
  • 3.81評価
    • (24)
    • (29)
    • (34)
    • (2)
    • (1)
  • 24レビュー
著者 : Unit Vanilla
制作 : 円陣 闇丸 
  • リブレ出版 (2007年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862632050

SASRA〈1〉 (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • ★3.5。シリーズ1。外国の固有名詞の認識が苦手なもので、読むのに若干時間かかり、世界史苦手だったなあと思い出した(笑)内容の方は続きが気になるくらいにとても面白かったんですが、エジプト編と中国編の受がどうも好きになれなかったです。そもそも、エジプト編で祈るだけだった受が最後にあんな馬鹿さえしなければ、普通に駆け落ち出来てたんじゃないかと…。悲恋というより、受の罪に攻が付き合わされてるように見えてしまった。攻はどの時代も好きだけど、中国編のお人よし攻のヘタレ気味なエロが新鮮で萌えました。

  • 4巻に亘るまさに壮大な物語。四人の作家さんがどのパートを書かれているのか明かされていないのも想像力を掻き立てられてよかったです。一度読み始めたら最後まで止まらない!歴史的なシリーズです。

  • 1巻から心が折れそうになる展開であった……。

  • 遙か昔エジプトで愛し合った王子アケトと神官セシェンの犯した罪により、神罰が下ったふたりの果てしない転生物語です。
    もうね、転生物って時点で私には地雷なんですけど、けどっっ!!
    でも大好物なんですよ。

    ただ、昨今のBL業界にあって、ここまで容赦なくカップルのどっちか、もしくは両方がひたすら死ななきゃならない救いのなさに、ちょっと尻込み。
    猛烈な悲恋物なので、読む人を選ぶシリーズなんですが、おすすめです。
    個人的には因縁の原因になったエジプト編よりも、古代中国編に激萌え
    しました。
    転成繰り返してゆくので、過去の記憶は持ち合わせてないにもかかわらず、エジプト編でアケトがセシェンに言った金細工師のエピソードがひっそり中国編に生かされてたのにうなります。
    そこでそう繋がるのか! と。

    コノハラーな私のアンテナが、中国編に傾きました。

  • 備考:ドラマCD化

  • ありゃ、あんまり印象に残ってない・・・

  • 2010・09月読了

    ネタバレあるかも

    ーーーーーーーーーーーーー
    1巻は第1章は思ったより入りきれず、あれっと思ったのですが(決して悪くはないんです)
    第2章の話の方はすごく引き込まれました。合作ってどんな風に書かれてるのかわからないんですが
    分担されてる作家さんとの相性でしょうか…? わからない。 2章の最後の方は特にぐっときました
    内容が内容なので(前世物)悲劇が繰り返される感じ・・・? まだ全部読んでないですしオススメとまで
    言えませんが 前世物好きだったり悲恋求めてる方、興味のある方はチェックしてみて下さい^^
    ーーーーーーーーーーーーー
    1章
    セシェン(1章、受)の心情、心の動きがイマイチ・・・なんだかなぁ、と思う所が。
    (ここが1番こう、もやもや)

    アケトの気持ちが父(王)に伝わらないのがすごく悲しい…
    気持ちが伝わらないというか、声が全く届かない…
    ハナから聞いてくれようとしてないもの
    王は玉座にこだわるあまり大切な物を全くとして見ようとしてない
    切なくてやるせない

    2章でも父との関係悲しくて。切なく感じてしまった。

  • 中国編が良かったです。せつないけど、紅蓮にとってはすごく幸福な最後だったんじゃないかと思いました。

  • プロローグから第一話への変わり様に、最初は少し戸惑いました(苦笑) そして二話目の後味が悪すぎる。嫌いではないですけど……遣る瀬無い。

  • 宣伝文句ほどは…

  • 最後とても切ないけれど、中国編が凄く好き。尽し系心優しい攻め×攻め
    の恋心を利用するツンデレ受け。

  • 前世で恋人同士だった者たちが、転生を繰り返し、生まれ変わっても再び巡り会い、愛し合う。
    そんな運命の恋に、多感な年頃の乙女は誰でも憧れるものでしょう。
    しかし、その恋は決して幸せに終わるものではなく、やるせないような最後を迎え、来世に続いていきます。
    4人の作家さんのリレー小説ではありますが、それぞれの話が独立しながらも綺麗に繋がっており、全4巻で1つの壮大な物語として完成されています。
    また、1つ1つの話もクオリティが高いので、好みのCPの巻だけ買って読んでもそれはそれで楽しめる作品。(ただ、所々に伏線が張られているので他の巻も気になってしょうがなくなるでしょうが)
    ちなみに、どの話をどの先生が書いているのか明かされていませんが、木原先生は分かりやすいです。

  • SASRA-01
    《Unit Vanilla:和泉桂、岩本薫、木原音瀬、ひちわゆか》

  • ISBNコード:978-4-86263-205-0
    発売日:2007年07月01日
    著者:Unit Vanilla
    イラスト:円陣闇丸
    判型/総ページ数:新書/252ページ
    定価:893円(税込)

    金色の砂、灼熱の太陽。夢に見た砂漠へ旅立つ蓮は、怪しげなアートディーラー・剛将と出逢う。初対面なのに、なぜか彼と蓮だけが共有した、鷹の羽音の幻聴—それは韜かな昔に始まっていた、運命の恋の手がかりだった。転生を繰り返し、巡り会った二人の愛は果たして叶えられるのか!?愛した罪の起源・エジプト編に加え、古代中国編大量書き下ろし。和泉桂、岩本薫、木原音瀬、ひちわゆか。超人気小説家集団「Unit Vanilla」始動。

  • 豪華メンバーによるリレー式輪廻転生物語です。

    誰がどの話しを書いたか明らかにされないので
    読者としては、誰が書いているのか推理するのも
    楽しめます。
    個人的にエジプト編は和泉先生ではないかと
    推論してるのですが…果たして答えは???

    第二話の中国編は多分木原先生だと思われます。

    何度生まれ変わっても恋に落ちる運命の恋人達を
    楽しみたい方にお勧めです。

  • 何度も生まれ変わって出会う、という設定からも悲恋?と分かりますが、実際に読んでみると、出会って死に別れるという流れは予想以上にしんどいです。この流れがこのまま三巻目くらいまで続くんでしょうか?ちょっとこの先を読む気力が今はないです、私。

  • 08/3/5〜3/8
    シリーズ全4巻。
    4人の作家さんがリレー形式で書いているのですが、木原さんの作品だけは何となくわかりました(中国と江戸)。最後はひちわさんかなぁというくらいで、あとの作家さんはあまり読んでないので不明。
    どの作品も楽しく読ませていただきました。個人的には江戸時代が一番好き。

  • 中国のお話がとても好きです。

  • 好きな作家さんが何名かいたのでとりあえず全部そろえてみた。

  • 岩本薫・ひちわゆか・木原音瀬・和泉桂の小説家ユニットの第一弾。<br>
    非業の死を遂げた一組の恋人が、輪廻転生を繰り返し現代に至るまでのストーリーで、ある意味短編集。<br>
    全四巻で、最終話まではアンハッピーエンド。

  • 平たく云えば輪廻転生モノ。中篇なので物足りないと云えば物足りないんですけれども、普通に面白いと思います。私的には3の設定がとても気になるので早く買ってきたい。

  • テーマがきちんと決まっているから、オムニバス?中編みたいなのが連鎖されていてもわかりやすいと思いました。
    ただ、テーマっていうか、繰り返される恋愛って最初から分かってるから先が読めてしまう部分もあるかもしれない。切ない系が好きな人にはお勧め。小説自体もできがいいと思う。ただ、中編くらいの長さに思うとちょっとものたりないと感じてしまうかもしれない。全四巻予定。書き下ろしがたくさんなので、楽しみです。

  • 買ってから結構放置してたんですが、これは…。何で早く読まなかったんでしょう。様子見で1冊だけ…。と思ったんですけども続きが気になり全部そろえてしまう勢いです。物語は転生モノ。全部切ないよ…。

  • 作家さん4人のユニットですがいい方にユニットという活動が動いてるな、と。何人居ても底が浅いときは浅いんで。なんとなーく2作目は木原さんかなぁと思ってみたり

全24件中 1 - 24件を表示

SASRA〈1〉 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

SASRA〈1〉 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SASRA〈1〉 (ビーボーイノベルズ)のKindle版

ツイートする