秘書の嗜み (ビーボーイノベルズ)

  • 145人登録
  • 3.39評価
    • (6)
    • (23)
    • (42)
    • (5)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 鳩村衣杏
制作 : 奈良 千春 
  • リブレ出版 (2007年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862632074

秘書の嗜み (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ぼちぼちといった感想。
    その時悪気はなくても、他人の人生に介入することは多々あって…というお話。
    ポップという感じでもなければ、ハラハラするというものでもなく、日々の生活で恋愛していくのを描いていており悪くもなければよくもなかったです。
    でも、どこでどういう風に感情が変わっていったのか、私にはわからなかったです。

  • 楽しく読めました。奈良さんの表紙に惹かれて購入したんですけれど、お仕事も面白く何故いきなり及川がいきなり誉を好きになったのかはちょっと、ん?って思ったんですけれど、後半ぐ~んと面白くなって、いいですねぇ♪ 包容力もあって年下攻め!好き。

  • 次期社長×秘書。年下攻め。クールビューティーで少々視野が狭い感のする受けだが、芯の部分は素直で可愛い。軽い男に思われがちな攻めも誠実で好感が持てる。後半は幾分切ない展開だが手探りで心を通わせる様子微笑ましい。受けの妄信的な秘書加減と有能だが攻めの突然の社長就任には少々疑問が残る。エロは回数は少ないもののリアルに濃いめ。

  • ★3.5。こういうアクのない完璧攻様は物足りなくもあるけど、疲れた時には良いかも。受に揺るぎない信頼を寄せストレートに求愛し、自身の頭脳と立場を使ってどこまでも受を守る事を厭わない王子様。プレイボーイで調子良くて包容力まである上に王子な年下ワンコ攻って初めてかも。ノンケなのに受に惚れるのが早すぎるけど、その後の蜜月の読みごたえを考えると許容範囲。海でのシーンや、結ばれるまでに時間をかけステップを踏んで行く二人の愛ある様子がしっとりと良かったです。クールビューティ秘書な受も案外素直で可愛かった。

  • イラスト奈良さんなので★一つ追加です。
    攻めはそれほど強引ではなくあらすじで読んだよりも良いお話でした。

  • クールな秘書とチャラ男?の話なんですが、
    ともかく受けが可愛い!
    いや、クールなんだけどもクールじゃないというか。
    全体において受けは健気で臆病な感じ?
    攻めがそれを補い・・・うんなんか初感じですな。
    あくまで私の感想ですが。
    そして脇役の受けの元婚約者にはもう;
    正直この元婚約者には終盤ざまぁwとおもった←
    だって自分本位で受けがねぇ・・・・。
    ま、この元婚約者のおかげ?で二人はきっかけというか
    急速に接近したというか・・・。
    最後はラブラブ・・・(これって死語ですか^^;?
    エロも中くらいかな。
    読んで損はしないと思います。

  • 有能でクールな『氷の秘書』・誉は、何かと構ってくる美丈夫・及川が苦手。ある日、泥酔した誉が目を覚ますと及川の温もりが!なんと誉に迫られたと言われ??更に誉は、なりゆきで及川の秘密―実は次期社長候補―を知る。戸惑う誉に及川は灼けるような愛を告げ、傲慢に同居まで決めてしまい…誉の心とカラダは及川の悦愛に翻弄されて!?強引年下攻と、秘蜜の淫潤愛。

    次期社長候補X氷の秘書 年下攻

  • チャラチャラしてる様に見えてやるときはやる及川(攻)がいい。エッチの時の言葉は、ほんと誉(受)が可愛くてしょうがないって感じで…。
    誉(受)は、「……今夜はジンがいい」っていうセリフだけ萌えた。表紙はよかったけど、挿絵が残念…。

  • 完ぺき主義の秘書が受けって設定は良いけど・・
    誉はかっこいいけど・・
    及川の魅力が最後まで見えなかった。。

  • 誉たんかわゆす

全21件中 1 - 10件を表示

秘書の嗜み (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

秘書の嗜み (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする