甘い棘の在処 (ビーボーイスラッシュノベルズ)

  • 56人登録
  • 3.41評価
    • (1)
    • (8)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 萩野シロ
制作 : 円陣 闇丸 
  • リブレ出版 (2008年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862633187

甘い棘の在処 (ビーボーイスラッシュノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • 前半は切なく、ミステリアス風味で面白い。が、真相が明かされる後半以降は攻の心の移り変わりが強引過ぎる気がする。拘束され、尊厳を踏みにじられていた、記憶を失う前の二人の間にわずかでも愛はあったのか?敦の抱いていた感情が憎しみだけであったのならば、ラストの甘甘ハッピーエンドはかなり苦しい。リバNGの人は要注意。

  • ★3.0。真相がわかるまでは非常に良かったのですが、その後攻が急に態度を軟化させる様子に違和感。
    ※以下ネタバレ※
    例えば受が記憶を無くす前から攻も受に執着を感じていたような描写があれば良かったんですが…。
    別人のようになった受に、そんなにすぐ甘くなるかなと。

  • 痛かった。過去の達矢が敦に対してした事が詳しく書かれていないだけまだマシなのかもしれないけれど、敦が頑なな意味がなんとなく分かる。
    だからラストの甘々さに戸惑いながらも記憶喪失後の達也は可愛いだけにちょっとホッとしましたね。
    でもすごい執着というよりもなんだろうね、昔の達也は無表情の下にどれだけの激情を抱えていたんでしょうね。
    それほどまでに敦のそばに居たかった。
    やり方を間違えてしまったのはきっと分かっていたんだろうね。そして記憶喪失後の達也の行動こそが、本当にしたかった事なんじゃないんでしょうかね。

  • 記憶喪失もの。

    ちょっとミステリー風で挿絵もあいまって、なんだかしっとりねっとりという感じの話でした。
    はっきりとしたハッピーエンド というわけじゃなかったけど、これが1番いい終りかたなんでないかと思う。

  • 話的には好みで☆4つだけど、ちょっと文章が分かりづらかったりセリフが誰に向けてとかがちょっと分かりにくかったりしたのでこのランクで。

  • 記憶喪失ものです。

    記憶を無くした主人公が、同居人で従弟に疎まれ、
    陵辱されても執着する理由を記憶の中に探そうとする
    必死な様子に引き込まれます。

    愛に不器用な人間の不器用な恋愛が楽しめます。

  • 記憶喪失物です。やや後半の攻めがあっけないじゃん、とも思いますが、コレは良いです。萩野さんの作品は受けが女々しくなくて本当にいいですよ!!

全8件中 1 - 8件を表示

甘い棘の在処 (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

甘い棘の在処 (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする