月にむらくも、春宵夢 (ビーボーイノベルズ)

  • 31人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 玉木ゆら
制作 : 六芦 かえで 
  • リブレ出版 (2008年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862634375

月にむらくも、春宵夢 (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • そろそろマンネリ化してきて、このままの路線でいくつもりか……?
    と危機感を抱きつつ読み始めたら、あれれ?
    今回はちゃんとふたりが主役でした。

    それも、今回は受が健気に頑張り屋さん。
    攻はますます受に執着していってますが、へたれてきてもいます。
    流れ的にシリアスな展開かなーと思いながらも、いやいや待てよそう思わせておいて、やっぱりいつものファミリー劇場みたいなオチに持ってくつもりか……とドキドキしましたが。

    割とガチでシリアスで、しかもせつなかった。
    遊郭もの……というとちょっと違う気もしますが、こういうのを読みたかったんだ、と気づきました。
    攻の元交際相手として登場した女性が、また厭になるくらい女を武器にした悪女で、これもまた良かった。

  • 【貴族で護警所長官×娼妓】
    シリーズ第4弾。
    豆が行方不明になってしまって紅塵が鬼のように怖くなってた!!
    ほんと豆が大好きなんだね〜。

    ※あらすじ
    いつも一生懸命な豆は、高級男娼楼「幻月」の元娼妓。今は嵐のような男前長官・紅塵に身請けされ蜜月中…のはずが、街の治安を守る男は超多忙。なかなか逢えない寂しい毎日を過ごしている。そんな時突然豆の耳に紅塵と元恋人の結婚話が飛び込んできた!!不安に揺れる豆だったが、揶揄しながらも手前が愛おしくてたまらないと胸の内を語った紅塵の想いに安堵する。しかしさらなる危機が二人に迫ってきて!?書き下ろし&4コマ入り。


  • [警護所長官×元娼妓]

    このシリーズももう潮時なのかと思っていたが、
    今度は本気でシリアスなのに手を変えてきた。

    本気でヤバいとは思わなかったけど
    そしてなかなかアリエナイ展開だったけれども
    泣けたなぁ〜

    豆がもう少し大人になったところが見たい。
    と思う今日この頃・・・

    ********************************

    ☆あらすじ☆

    いつも一生懸命な豆は、高級男娼楼「幻月」の元娼妓。
    今は嵐のような男前長官、紅塵に身請けされて蜜月中・・・
    のはずが、町の治安を守る男は超多忙。
    なかなか逢えない寂しい毎日を過ごしている。
    そんな時突然豆の耳に紅塵と元恋人の結婚話が飛び込んできた!!
    不安に揺れる豆だったが、揶揄しながらも手前が愛おしくてたまらないと
    胸の内を語った紅塵の想いに安堵する。
    しかしさらなる危機が二人に迫ってきて!?

全4件中 1 - 4件を表示

月にむらくも、春宵夢 (ビーボーイノベルズ)のKindle版

ツイートする