DOG STYLE 3 (スーパービーボーイコミックス)

  • 134人登録
  • 4.02評価
    • (24)
    • (14)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 本仁戻
  • リブレ出版 (2008年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784862634610

DOG STYLE 3 (スーパービーボーイコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【再読】ミキに匂いつけしてる千秋が最高に幸せで!けど幸せって一瞬の出来事なのね。。結局仲間同士の友情が微かな愛情のような…って、やっぱり女子っぽいよ。本仁さんにしてはバイオレンスすぎず、爽やかさと初々しさが残る感じ。やっぱこの話好きだわ~!

  • お前のために髪形変えた。俺のフェラ顔が好きだと知ってるから、わざとお前に見えるようにフェラしてる。見て、見て、よく見て。これが俺の精一杯の告白。お前が思ってるより、ずっと俺はお前が好きだから。 「俺、千秋が好き」決死の思いで告ったというのに、「お前なんて要らねーよ、壊れた肉便器」だなんて。そうまでしてお前が他人を寄せ付けないのはなぜ?

  • DOG STYLE 最終巻 この作品は再読したくなる!読むたびによくなる! 野良犬に首輪つけるのは大変 でも その分自分だけに懐いたら 愛しさ倍増~ ミキと野良犬テルの ガチバトル 映画みたい

  • ヤンキー好きーな人にオススメです( エロアリ★★★)

  • 完結ー
    happy♪
    最高に面白かったし萌えた。

  • 好きと憧れは違う、性欲と好きは実は簡単に結びつくけど、憧憬は性欲に結び付くのは本当は困難なんだな、って気付かされた一作。BLではありがちな憧れが高じて好きに…ってパターンに慣れ過ぎていた自分の頭に喝を入れてくれた一作だ。

  • だんだんお互いをかけがえのない存在であることに気づきはじめたテル×ミキ。ラストはもらい泣き!
    じゃれあっていただけの二人が、本物の恋人同士になれてホントによかった。
    Hもちゃんとかんじるようになって、濃厚になっていましたね。
    柏兄との葛藤もあったりして、精神的にも二人は成長しています。

    最後のミキの笑顔で涙腺が壊れました。。。あんな顔されたら、さすがに野良犬ちゃんでも我慢できないよね。

    ああ、もっと二人のラブラブハッピーなイチャイチャ見ていたい!
    終わっちゃったって、少し淋しくなってしまった私です。

  • 知らん間に完結していた犬式。
    1,2巻の頃は何やかんや文句垂れてた私ですが、
    お得意のごちゃごちゃをどーーんと押し倒して崩して完成させましたね!
    (珍しく誉めてます!)
    初っ端から最後まで泣きそうでした私。この巻よかったわー
    冒頭のミキ・モノローグもだしラストのだいどんでん「美紀」もだし
    サヨナラの儀式とやらも。もーーー!!
    あ と え ろ い 。(付け足したかのようですがこれが一番重要です)
    本仁氏、相っ変わらずすっげーえろい。すげェ。(本仁フォントで4649)
    アッレ これって 名作じゃね ??

    あとはリカ様をどうぞよろしくお願いいたしますね御大。


  • 飼い主と犬の話。

    人に慣れない寂しがり屋の小さい野良犬(攻)と、野良犬を飼いたかったおっきいお兄さん(受)の話です。
    傷をなめ合う関係から始まりますが、最後はちゃんと恋。

    セリフ回しとかがお洒落で、たまらなかった。
    ちくしょう惚れるな…!
    絵柄は独特で癖がありますが、まぁ苦手な人でも絵柄なんて大抵5分もあれば慣れます。
    はまる人には堪らないんじゃないかと。
    青春です。あおいはるだぜー。
    全三巻で完結。

  • 最終巻。

    本仁フェチなので。笑。
    勿体ないと、積んだまま、ずっと読むのを保留してた作品。
    やっと読んだー。

    よかったー。

    キラキラしてます。ある意味。

    BLとしては(話も)濃いめで、クセもありますが、好きな人には一生愛せる作品。

全13件中 1 - 10件を表示

DOG STYLE 3 (スーパービーボーイコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

DOG STYLE 3 (スーパービーボーイコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

DOG STYLE 3 (スーパービーボーイコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

DOG STYLE 3 (スーパービーボーイコミックス)のKindle版

ツイートする