緋色の雪 (ビーボーイノベルズ)

  • 31人登録
  • 3.11評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : いとう由貴
制作 : 緒田 涼歌 
  • リブレ出版 (2008年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862634672

緋色の雪 (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 青年実業家・永井辰重×元豪農の息子・岸乃沢貴文のカップリングです。
    時代設定は「戦後の混乱期」、
    敵同士みたいな出会いの後、
    数年おいて再会して、お話が展開していきます。

    作者様も後書きに書かれてますが、
    ツンツンカプのハッピーエンドっていうお話です。
    時代物だし、ちょっと好き嫌いがあるかもしれません。
    私はそれなりに楽しめました(^^)

  • ★3.5。敵同士が恋人になって和解する話はよくあれど、お互いの憎しみを独占する事に悦びを感じる殺伐とした関係が新鮮なBLでした。表題作の尊大で余裕しゃくしゃくな攻と反抗心逞しいじゃじゃ馬受の駆け引きが面白かった。ちょっと変則的な俺様×ツンデレ女王かな。攻の方は完全にデレデレな執着攻になってたので後半甘かったけど(笑)攻を倒していいのは自分だけだという受の台詞が全てを物語ってる気がします。素直に愛しあう二人も見てみたいな〜。

    「小説b-Boy」2008年10月号掲載番外編読了。大学で友人が出来た受に嫉妬して拗ねてご無体しちゃう攻。受を独占したい攻。もう憎しみ云々とか言ってないで素直に愛してるって言えばいいのに〜(笑)

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする