COLD LIGHT (新装版) (ビーボーイノベルズ)

  • 483人登録
  • 4.28評価
    • (110)
    • (68)
    • (37)
    • (3)
    • (2)
  • 27レビュー
著者 : 木原音瀬
制作 : 祭河 ななを 
  • リブレ出版 (2009年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862635310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
木原 音瀬
中村 明日美子
木原 音瀬
有効な右矢印 無効な右矢印

COLD LIGHT (新装版) (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • コールドシリーズ2冊目。

  • 帯にシリーズ最高に甘い巻とあったので、最終巻で思い出すんだろうなーと。そんでかなり痛い話なんだろうなーと。普通、最終巻が一番甘いはずなのに(笑)木原さんだしね!解ってる解ってる!と思いながらこの巻は堪能しました。ちゃんと、普通に、まともに、BLでした。この巻までで読むのやめた方がいいだろうなと(笑)耐えられる範囲内でのドラマ、紆余曲折があって、クライマックス。常識?範囲内での切ない苦しいでも藻掻いて辿り着く、良いBLでした。最後はほろり。漫画でも小説でも、とても印象的なシーン。
    最後6年経ってるのには驚きましたが、海外修行の間に思い出したら怖い、とかもう完全にフラグだよなぁと思いました。

  •  COLDシリーズ三部作の二冊目。
    透君のデレデレ回と過去話。

    記憶が戻ったらどうなるかわかってる藤島さんの葛藤が泣ける。
    透君のかわいさにほだされるのも仕方ない。だって素敵ないい子すぎるもん透君。
    最終巻読んじゃうと苦しいけど幸せなこのときが、苦しくても幸福だから心が痛い。

  • もう苦しくて苦しくて苦しくて(;∀;)透と藤島さんの過去が壮絶過ぎた。予想をはるかにぶっ飛んでた。藤島さんのおかあさんこわい。透が優しくて、その優しさが苦しくて泣いた(;∀;)次が最終巻か…このまま幸せにって風にはいかないんだろうな。読むのが怖いけど、読まずにはいられない(>_<)

  • COLDシリーズ2冊目。
    二人の過去から始まる。予想以上に暗い過去…そして、予想してたのとちょっと違う関係。

    全体的にラブラブな雰囲気。

    しかし、10才の子どもに欲情?その辺はドン引き…ショタは好きじゃないんだよ…
    とか思いました…
    最後の短編が、最終巻を読んでから読むと、切ない…

  • 前作COLD SLEEPが記憶を無くした透視点だったのに対して、今回は言動に謎が多かった藤島視点。
    透が忘れてしまった過去が明らかになる。
    この作家さんは、好きになるのが、愛されるのが怖い、というのを描くのが上手い。

  • COLDシリーズ2作目『COLD LIGHT』読んでる。藤島のぬくもりの全くない家庭での少年時代エピソードの中、自分より幾分も幼い透にすがって泣く場面で、supercellの「僕らのあしあと」のサビに差し掛かり、相乗効果で涙出そうになったわー。凄いマッチング!『傷つけられることに慣れた僕らは知ってる 優しさとか想いだけじゃ生きていけないことを だけど自分らしくありたいと思うんだ いつだって僕ら歩いてく』って歌詞を、藤島聴いてみろよ…って言いたくなっちゃったんだよなぁ。『COLD LIGHT』読んでて、透の記憶を失う前の話を聞かせてくれ、と詰め寄られてぎくしゃくして、いつも二人で散歩してた河川敷を一人歩く藤島の場面で、『東のエデン』挿入歌の「Reveal the World」が流れて来て、夕闇に包まれる河川敷が浮かんできた。

  • このシリーズ結構設定エグい。。純愛なのかよくわかりません。
    でも嫌いになってません

  • シリーズ2作目。

  • 久しぶりに読み直したCOLDシリーズですが、二作目となる本作は甘い描写が多く、幸せな2人をたくさん見ることが出来ました(笑)
    また、藤島と透の過去も書かれているので、何故ここまでに藤島が透に固執していたのかが明らかになる巻でもあります。

  • 過去の描写が圧倒的。SLEEPの受けの言動の意味が分かり、受けの印象がかなり変わった。
    人間臭い。

  • COLDシリーズ2作目。
    想いが通じ合っているのに、愛し合うことが出来ないふたりのヤキモキから、話は藤島視点で、透との出会い、過去に遡ります。
    何よりも怖いのが藤島母。
    尋常じゃないです、この怖さ。いろんな意味でホラー。
    そしてその母親を絶対としてきた藤島の過ちが、透を深く傷つけるんですが、読んでてそのへんのくだりは本当に痛々しいです。

    書き下ろしがこれでもかってほど甘くてとろとろメロメロ~な感じで、
    胸焼け起こしそうな話なだけに、3巻目にいくのが恐ろしいです…。

  • 主に過去の話。これがなくてもいいような気もしながら、じゃあ、なぜそこまでに透にこだわるのかということを考えると必要なのかな、と。

  • ますます大荒れで、でも気味悪いくらい激甘な「COLD」シリーズ2巻目。
    今回は藤島目線で話が進みます。知りたかった藤島と透の悲惨で不幸な過去も明かされます。昼ドラばりのちょっと時代がかったドロドロ感が、けっこう美味であったりもします。お母さん凄すぎ。これ以上やっちゃうと苦笑ものだったりするので、昼ドラのレベル止まりでほっとしました。
    このお母さんも、二人の生活に突如として割り込む悪夢だけど、読者と透にはもうひとつビックリが用意されていて、話が飽きない。
    あんまり驚かさないでほしいわ、ほんと。

    この巻の透は、とても素直で無邪気で、藤島にも「好き好き」と言って、ケーキも作り始めて、すごーくラブラブ。対する藤島は「もし記憶が戻ったら」という日のことを思うと、どうしても心をさらけ出すわけにはいかない。過去の罪に苛まれる藤島が、透の真摯な想いを受け止め、やっとのことで一切を告白できるまでの過程は、読んでいて胸が締め付けられる思いでした。それほどまでに、透がまっすぐ藤島を愛した成果です。もちろん、藤島も透のことをすごく大事にして、深く愛していて、健気ですらあるし。

    しかし。このままじゃ終わらないよね?と疑心暗鬼になってるから、当然二人の幸せいっぱいな様子に素直には喜べません。
    これで、透の「魂の再生」が終了ではないところが、実に恐ろしい。

  • COLD 2冊目、です。
    これはよかった!
    1冊目はちょっとイライラしてました。
    おかげで読むペースが遅すぎるくらいで…。
    こちらは比較的早く読み終わったのは、内容が好みだったからでしょう。

    記憶喪失の男の記憶が戻ることを恐れる気持ち。
    物凄く良かった上に、続きが気になる~という展開に。
    ようやく乗ってきたよ、な2冊目でした。

  • 藤島の過去編。い、いきなりズーンと来た…なんという重み。
    キャラ的には好きなタイプから離れちゃったけど、もう話が上手すぎて評価は高くせざるを得ません。
    木原さんは葛藤描写を凄く巧みに書きますね。

  • 自分の迂闊さを呪う

  • まさかの展開。これと最終巻を比べると胸が締め付けられる。

  • 「藤島さんが本当のこと言うまで、俺は何度だってキスするよ」

    コールドシリーズの2冊目です。
    今回は藤島視点で物語が進みます。
    明かされる藤島と高久の過去。
    過去が凄惨すぎるんですけど!お母様のキャラが濃すぎる!こんなお母様では、仕方がないよね。色々と。
    いくつもの高久への負い目のせいで、藤島は高久の素直すぎる求愛に答えることができません。本当は好きで好きで仕方がないのに。。。。
    ぬああ胸が痛い!!!2冊目からは物語から目が離せなくなってしまいました。なんというか、1冊目はまだ余裕があったんだ。
    最後は良い終わり方だっただけに、3冊目を読むのが怖くて仕方がなかったです。幸せは、続かないんだろうなっていう・・・ね・・・。

  • 一度は読んでほしい木原先生作品だと思います。

  • 甘すぎて直視出来なかった第2巻(笑)幸せな気持ちになれました^^

  • 【あらすじ:透をかばって負った傷も癒え、藤島の退院の日がやってきた。再び二人の生活が始まり、恋人として暮らしたいと願う透だが、藤島は「君と恋愛するつもりはない」と拒絶する。透の記憶が戻れば今の関係を忘れられてしまうことだけでなく、過去の何かを藤島は恐れていて―。隠された縁が明らかになり。】

  • 読んでいて泣いた…。
    シリーズの中で一番この巻が好き。

  • 甘いっちゃ甘いんだけど胸が詰まるような甘さでクセになる上ストーリーはしっかりしていて素晴らしい!!
    木原音瀬らしさが全面に出てて良作!

  • 木原ワールドのドロドロ、本領発揮してきました。
    まぁ、本気のドロドロはこんなもんじゃないけれど!

    全3作なので、トラウマや過去に雁字搦めにされた藤島の心を
    どうやって溶かしていくかが楽しみです。
    人の記憶や心なんて、どうにも当てにならないもの。
    じゃあ、どこで人は人を好きになるのかって聞かれても
    答えのでない私はまだ未熟者です。

全27件中 1 - 25件を表示

COLD LIGHT (新装版) (ビーボーイノベルズ)に関連する談話室の質問

COLD LIGHT (新装版) (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

COLD LIGHT (新装版) (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

COLD LIGHT (新装版) (ビーボーイノベルズ)の新書

ツイートする