誘惑の灯(ひ)は切なく甘く (ビーボーイスラッシュノベルズ)

  • 32人登録
  • 2.91評価
    • (0)
    • (1)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 桂生青依
制作 : 麻生 海 
  • リブレ出版 (2009年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862635488

誘惑の灯(ひ)は切なく甘く (ビーボーイスラッシュノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スピンオフものだとは知らず。
    でも、まったく気にならなかった。

    照明コーディネーター×老舗旅館若旦那

    旅館再生のために奮闘する若旦那が、慕っている旅館の先輩に相談に行ったところでであったコーディネーターに仕事を依頼するも、若旦那の先輩に対する恋心を当てられ反発。

    そこからどんどん絡んでいくんだけど、もう若旦那が可愛い。言葉づかいもはんなりしてて。
    コーディネーターも途中からちゃんと心見えてきたし。

    もっと旅館再建の話を掘り下げてほしかったけど、とてもまとまってていいお話でした。
    ☆3.7

  • 貴賓の誘惑 のスピンオフらしい。(そちらは未読)

    攻め:照明デザイナー・藤橋央成
    受け:老舗旅館若旦那・香野澄夜


    以前働いていた大手老舗旅館の若旦那に仄かな気持ちを抱いている澄夜。気持ちを伝えて柔らかく断られたもののまだその気持ちを抱えたまま自分の旅館の事で相談に訪れた時に、親戚であるという央成にいきなりキスをされる。その後央成が有名照明デザイナーと知り、旅館改装について話をしたが、彼は澄夜の身体と引き換えになら考えてもいい、という。澄夜は…。


    元々好きな作家さんだけど最近は読んでなくて既刊フェア時に絵師さん買いしました。
    老舗旅館の生き残りの為の改装時の話などは彫り込みが浅い気もしましたが、全体的にしっとりした印象で終わってました。slashなのでエチ場面がふんだんにあってニヤニヤしました。

  • 澄夜の言葉遣いが好き。老舗旅館の若旦那だから丁寧な言葉遣いでよかった。それが余計に劣情を煽ってるね。半分以上最中のことだし。
    二人とも一目惚れなんじゃないかと思うけど。
    スピンオフとは知らなかった。上矢さんのが本編かな?本編も読んでみようかなと思った。
    上矢さんいい人っぽいけど、腹の中では何を考えてるかわからい感じの人に思えたから央成よりも面白そうかも。央成は自分に素直な人だからわかりやすかったし。央成の仕事の考え方は好きだな。

  • スピンオフ。話はまぁまぁ。前のほうがなんとなく好きかな。

全4件中 1 - 4件を表示

誘惑の灯(ひ)は切なく甘く (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に登録しているひと

誘惑の灯(ひ)は切なく甘く (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

誘惑の灯(ひ)は切なく甘く (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誘惑の灯(ひ)は切なく甘く (ビーボーイスラッシュノベルズ)のKindle版

ツイートする