猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)

  • 240人登録
  • 4.32評価
    • (70)
    • (34)
    • (22)
    • (2)
    • (1)
  • 37レビュー
著者 : 遙々アルク
  • リブレ出版 (2009年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862636270

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グループ総帥の孤高の王様×詐欺師の庭師。
    金銭目的で金持ちに近付いて、ミイラ取りがミイラになった詐欺師の話…と書くとありがちな恋愛モノっぽいけど、ARUKU(遥々アルク)さんの手に掛かるとなんて深い物語になるのか。

    人の幸せの定義は、その人にしか決められない。多くの人間は、自分の定義を知らないまま生きているのかもしれない。
    衝撃のラストが2人の幸せの形なら良いなぁ…

    ちなみに今作で、ARUKUさんの描くエロを初めて堪能。
    絵柄は癖があるけど、濡れ場になるとそれが妙になまめかしく感じる。
    庭師のビッチ加減が堪らなく可愛かった(*´Д`)

  • まず表紙の絵とタイトルで読むの躊躇してしまうと思うんです。お金持ちの星と庭師の鷺坂。身分違いの恋とかそんな陳腐な話ではなかった。じつは詐欺師で騙すつもりが恋に落ちてしまう、そんなの全然想定内。とにかくラストが衝撃的。涙が溢れて止まらなかった。

  • これ四年前に出てる漫画なんだぜ…?
    と思うくらい、新鮮な衝撃を受けました。
    BL漫画でいいのかってか一冊で終わりなのか?!っていう中身の濃い内容でした。
    ネタバレ厳禁だと思うから内容に関しては何も言わないけど!おれは!これは!ハッピーエンドだと思うな!
    なんでありきたりな展開で締めなかったんだろう、なんであそこで終わりにしたんだろう?というのは他の作品にも共通していて、この作家さんの持ち味であるし魅力でもあるなぁと。
    このヤバ2014年度版で見つけた作家さんなんだけど、本当にいい出会いだったな~。
    アルクさんの作品大好きです。

  • 星グループの若き総帥・義彦×庭師・鷺坂。
    独特の展開で最後までどうなるのかわからなくてハラハラしました。なんだかいろいろ響いて何度も読み返して考えてしまいます。とても密度の濃いお話でした。最後は胸を掻き毟られるようなもどかしさが残りますが、ぽろぽろと流れる涙がじんわりと沁みました。

  • 表紙の絵やら、読み始めた時の絵を見て、期待値が低かったのですが…。
    このたった1冊にドラマ性が凝縮されている感じ!心に響く言葉もチラホラ。良い作品だったー!楽しいと読むペースが遅くなってしまうのですが、この作品は2時間くらいかけてじっくり読みました♪
    読み終わってから、ブクログで「評価の平均点」の高さやら、「このBLが~2010年の7位の作品」というのを認識しましたが、納得です!!!
    最初はイラストに違和感があるかもしれませんが、ストーリー重視の方にはオススメ作品です。

  • 読んだ人をとんでもないところに連れていってしまう一冊。
    すごく密度が高く、読み終わったときには「そこで終わるとか…え!?なんだったんだこれは…」と今までにない気持ちでいっぱいになった。
    ハッピーエンドでもバッドエンドでもない、余韻の残るお話です。

    包帯の下から滴り落ちる涙が痛ましい。でもこの先にきっと、幸せがあるんだと信じずにはいられない。

  • ネットのおススメで知って購入。
    自分じゃ絵柄避けで絶対買わなかったけど
    本当にもったいないことをしてた。

    ラスト話、たまらない終わり方で
    胸を鷲掴みされました…
    せつない…けどいい。

  • 商業BLにハマったのが遅いので、名作を今更ながらわさわさ読んでおります。
    これもその一冊。

    BL、こんな壮大な話もあるのですね。
    タイトルはこれだし、表紙の絵もあまり好みでないし、でも書評を見ると皆も同じような事云ってるのに読んだら神評価。
    どんなものかと読んでみたら、納得!
    これはすごい!
    最初だけなら、ハーレクイン宜しく、人間を好きになれない鋼鉄の社長の心に、気付いたら入り込んでいた天真爛漫な庭師……のような話を想像しがちですが、全くそんな事もなく、壮絶なラストでした。
    この方、他の話も読み漁りましたが、敗者の心情描写が細かくて上手いなあと思いました。

    ただただ惜しいのは「絵」です!
    他のちょっとほのぼの系でしたらこの絵でも結構平気なんですが、シリアスだと「何で、此処でこの表情?」など絵の固さと独特の癖が気になって。
    だからといって、この原作で他の絵なら良かったかというと、そうでもない気もします。
    あと、エロは直接描写なしで朝チュンの方がよかったと思います。この絵でもエロシーンがなければ、文句なしの星5つだったかも。
    重要だし、エロ自体はないと成り立たないなあとは思うのですが、あの描写で何か我にかえってしまうのでいかんせん。

  • このBLがやばい!でお名前を見かけたので読んでみた。

    ストーリーまあ、嫌いじゃない。
    絵も好きにはなれなかったけど、長い間手に取ることを躊躇していたほどには拒否反応でなかった。

    これはハッピーエンドでいい…のかな?

  • ★3・6
    何ともやるせない終わり方;;紆余曲折ありまくりで、最後ああいう形で再会っていうのが…!(泣)でもこんなことがなかったら、きっと蟇田が自分から会いに行くとかなかっただろうし、また一緒に居れるんだと思うと良かったのか…。けどやっぱりなんかもやもやしちゃう;;

全37件中 1 - 10件を表示

猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)に関連する談話室の質問

猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

猿喰山疑獄事件 (ビーボーイコミックス)のKindle版

ツイートする