月に笑う〈下〉 (ビーボーイノベルズ)

  • 544人登録
  • 4.28評価
    • (88)
    • (82)
    • (26)
    • (3)
    • (0)
  • 46レビュー
著者 : 木原音瀬
制作 : 梨 とりこ 
  • リブレ出版 (2009年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862637000

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
木原 音瀬
木原 音瀬
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

月に笑う〈下〉 (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • 後半、家族だと思って信じてきたものから裏切られ追い詰められていく山田。不幸な生い立ちからヤクザになるしかないと思っていたけれど、ヤクザになるには優し過ぎる繊細さ。その弱さも引っくるめて全てが愛おしい。
    そして、路彦の甘ったれの中に見え隠れしていた肝の座った強さ!極限状態になって泣きながら路彦に縋る山田を優しく包み込む路彦…まさに下克上的展開なのですが、そんな軽い言葉では語れない程、紆余曲折を経てやっと愛に辿り着いた自然で必然な流れだと思います。
    背中の龍が、ヤクザになりきれない山田を笑っているかのように滑稽ながらも美しい。
    僕の人生のそばに来てくれてありがとう…なんて素敵な愛の台詞(*^^*)を恥ずかしげもなく言ってしまう路彦と悪態をつきながらも嬉しくて涙ぐんでしまう山田にキュンキュン\(//∇//)\します。読んでいる私も胸が熱くなり涙したラストでした。

  • 「もう、何も考えなくていいから。僕のものにしてあげる」

    組長の息子惣一につく信二と、信二にヤクザをやめてほしい路彦のお話。
    後半かーなりハラハラしましたが(木原さんの作品ということもあり笑)落ちるところに落ちてくれてよかったよかった。そしてラブ度の方はずっと高いイメージ。
    下巻はずっと信二視点なこともあり、路彦以外頼れる人がいなくなったあたりの信二のズタズタな心中がダダ漏れで、可愛そうで可愛かった~。
    空回りまくりの信二さん素敵(笑)そんな信二さんが大好きなみっちゃん最高。
    上巻と下巻で、同じような状況下で2人の立場が逆転しているシーンがありますが、そこで2人の性格の違いと歳月を感じました。信二の方が脆いのか、愛が深まったのか・・・両方か。
    なにはともあれ、今作も非常にのめり込ませていただきました。ありがたやー!

  • ヤクザに入り込むといい終わりはないと思っていたので…、いい形に収まってよかったです。
    それにしても、愛の逃避行は上手くいくのを見たことがないものです。
    上巻ではいじめられっ子だった路彦を信二が救うという構図でしたが、年月が経ち、下巻では全くの逆で、自分の在り方に思い悩み最後は追い込まれる信二を路彦がばっちり救ってあげていますね。表紙も含め、この対比が嬉しいです。
    個人的に、強気な人が泣かされるの好きなので。(^^; といっても路彦もぼろぼろ泣いてますが。2人とも泣き虫、可愛い二人組だ。
    信二さん、路彦、2人ともお互いに出会えてよかったね…。

  • やくざBLは多いけど、この本に出てくるやくざは、年々厳しくなる取締りのせいで儲からず格好もつかず解散したりする。そんなにコツコツと悪事を働いたりテキ屋働きができるなら、おまえ堅気で暮らしてけるで、とか言われてる。ファンタジーじゃないやくざで面白かった。
    BLも、私のすきな、年上のお兄さんが好きな少年、からの粘着質に尽くす年下攻めで、大変よかったです。喧嘩しすぎなんだけど、喧嘩してるシーン面白くてすき。

  • 思った以上にBLだったかなぁ。
    面白かったけれど、漫画でもヤクザがらみのBLをいくつか読んでいたからか、身近でないからか。BLだなぁーという感想。

    じれったさもなく、すこしいろんな意味でハラハラする感じ。

  • 上巻は路彦が危なっかしくて弱くてみっともなくて、
    完全に信二が上位だったのに、
    読み進めていくと、あれ、あれ、あれ・・・?
    これは壮大な下剋上の物語であった。
    とりあえず下巻のようやく結ばれるシーンでは
    目を疑いましたね!!あ~びっくりした。
    まあ落ち着いて考えると、その方がいいかもしれないな。
    路彦は最初の幼いイメージが強かったせいでビックリしたけど、最後はふさわしく成長していたと思います。

    私はインテリヤクザの惣一が結構好きだったので、
    もっと絡んでくるんだろうと思ったのに残念・・・。
    信二がバカすぎて何も起こらなかったけど、
    惣一って信二が好きだったんだろうか?
    信二に掘ってもらいたかったんだろうか?

    信二がバカすぎてイライラしたけど堅気になれて安心しました。
    やっぱり地に足がついていないと不安でたまりませんからね。

  • 山田、組からも解放されて、路彦のところに戻れてよかった。
    最後、うるっときました。

  • ふと、読み返したくなる本。
    BL小説のなかでも好きな木原先生、の作品の中でも上位に入る。

    木原先生は"なぜこの人じゃないとだめなのか'を描くのが本当にお上手!!路彦と信二、お互いを想う言葉に毎度涙です。





    "「僕のことを好きでいること、怖がらないで。大丈夫だから。もう怪我するなんてヘマしないから。寂しい思いはさせない。たとえ僕が先に死んじゃっても、一緒にいたことを後悔させない。僕を大好きなこと後悔させないから」
    路彦が、山田の頬を撫でて微笑んだ。
    「おかえり」
    優しい声に、指先が震えた。
    「僕のところに、おかえり」" (下巻 p.272)

  • 木原音瀬さん中級者にオススメしたい一冊。
    むしろ木原音瀬さんをご存知ない、BLに拒絶反応を起こすような人にこそ読んでもらいたい一冊。この画像は帯がついていないんだけども、この作品は帯までこだわり抜いていて、上下巻を揃えるととても幸せになれます。

  • 上下巻の感想をまとめて以下に。
    他に頼る者のいないいじめられっ子中学生路彦が下っ端ヤクザの信二に惹かれ、信二もまた路彦の存在に癒され、そんな二人の関係が発展していくのがものすごく自然だった。
    いじめられっ子で泣き虫なチン彦もかわいくて好きだったので下巻の表紙絵だけ見てもちょっと動揺したくらいだったけど、いざ読んでみれば全く抵抗なく、むしろチンピラヤクザ攻め×いじめられっ子体質受けからの下克上は意外性もあって正直凄まじい萌えがあった。成長した路彦の逞しさと、根っからの悪にはなりきれない信二の良くも悪くも弱い部分、それが顕われたのがあの廃車の中から信二がかけた電話にあった路彦への「助けて」だった。それ以降はもう弱くて危なっかしい信二がかわいくて仕方なく、路彦は路彦でそんな信二さんを守る頼りがいのある男前になっていてびっくりするくらいかっこいい。
    最後は助長に感じなくもないけど、信二と路彦が大好きになっていたのでハッピーエンドが見られて良かった。

  • 木原さんだけに痛い部分はあったけれど、路彦の信二に対する思いだけで、強く逞しくそしてシタタカになっていく、特に強がる信二に見せる飄々としながらも支えている成長ぶり良かった。反面信二を求める時の路彦の甘えっぷりが昔と変わらない可愛さもあって萠ポイントでした。これでやっと同人誌の惣一さんが読める。

  • 思うように物語が集結していった。

  • もう、もう、文句無し!毎度読み手の胸ん中よくも抉ってくれますよね。

  • そこまでが丁寧に書かれていたので、結末がちょっと物足りないかな。


    以下 同人誌 月に笑う~惣一編~ の感想です

    衝撃の展開のうわさを聞いて購入。
    本編で嫌な奴だった惣一ですが最初からかなり痛い目にあっていました。本編のあの時なるほどこういうことだったのかと納得。
    しかしこれでもかというほど嘉藤が靡かない。だんだん惣一が可愛く?可哀そうに見えてくるし。最後はもう一冊分くらい甘めの話が欲しい読後感です。

  • 木原作品の容赦のなさは、物語の主軸として描かれる登場人物に対しての周囲の人たちが、それなりの対応をする、と言う部分にもあると思う。
    読み手はどうしても主人公周辺の人物に肩入れする。自分の身に置き換えて読む人もいるだろうし、知っている人に似ているとか、そう言う目で見てしまうかもしれない。感情移入まではいかなくても、傾きながら読んでいると思う。その傾きを、登場人物への慈悲や贔屓で表してほしい、と身勝手な願いを時に抱いてしまう。これだけ辛い目に遭っているのだから手加減してやって欲しいとか、報われるようにして欲しいとか、読み手としては
    手を貸せないので、周囲の人間に動いて欲しいと願ったりするが、上巻の時もすごく感じたが、あくまでも登場人物たちの世界の中で彼らは生きているわけで、いきなり「いい人」になったりはしないもんなのである。自分の人間関係を考えればよく解る。思いもよらなかった人から助け船が出されるなんて、早々経験できるものじゃない。早々出来るものじゃないものは、物語の中でも早々起こるもんじゃないのだ。これを、「容赦がない」と表現されるんだろうな、とも思うが、こう言うところに「逃げない」作家さんとして、信用度が個人的には上がるんだけどなぁ。

  • 上巻は導入部だと思ってたら、本当に見事に導入で、あの静かすぎる
    展開は下巻へと続く嵐の前の静けさだったわけですよやっぱり。
    下巻のジェットコースター展開は、もはやBLのお約束をことごとく
    無視しまくる木原節によって、具合が悪くなりそうでした。

    この話の凄いところは、友情だったふたりの関係が、親愛を経て恋愛へと
    移行していく様が、もの凄く自然に描かれていることに尽きます。
    つっかかりも疑問も感じさせないくらい、本当にふたりが自然に気持ちが
    近づいていって、その描写が自然でリアル。現実のどこかにありそうな
    くらい。

    煮え切らない感じも否めないですが、面白かったです。
    読後の疲労感も結構強めですが、ほっこりとします。
    気になるのは、その後の惣一さんなんですが、こちらは同人誌の方でも
    書かれているようなので、そのうちスピンオフとしてノベルズになれば
    いいなー…と。

  • 東京の一流大学に進学した路彦と、舎弟と共に東京の本橋組の構成員となった信二。 二人の関係は続いている。 冬休みに信二のマンションに入り浸りになる路彦が可愛らしいが、徐々に大人の雄になりつつあった。

    中学生のときにフリチンで泣きついてた弱虫が、やがて組から逃避行するヤクザを助けられるまでに力をつけた。 その本質は、中学生のときに刑事に食って掛かった勇敢さに現れていたように思える。

    信二はヤクザだが、度胸があって肝も据わっているのではなかった。 だから路彦は『信二さんを守ってあげたい』と思ったのだ。

    物語終盤の、路彦に助けをもとめて逃避行し、はじめて二人が繋がるまでの流れは涙なしには語れない。 その後の、信二が路彦の悲劇から逃れたいあまり出頭するまでの流れも然り。

    最後の二人のやりとりと、美しい挿絵に再びホロリと来ました。

    上巻のレビューでも書いたとおり、お互いを想いやりすぎるあまり進展しなかった関係がようやく結ばれて、本当に本当に良かった。

    二人を結んだ磁石は、『拠り所のない孤独』だったのだろう。 路彦も信二も、真の友人はおらず、孤独だった。

    信二は物語中に何回か、『孤独の中で雪に埋もれた』父と、自分の生きざまをオーバーラップさせる。 だが、彼には路彦と謂うかけがえのない存在がいたのだ。 路彦に出逢ったことで、彼の人生は変わった。

    僕は同性愛者であるが、孤独を経験し、命を断ち切りたいと思ったことがある。 苦しみの輪廻を断ち切るには、愛する者の存在さえあればいいのかもしれない。

    この物語は、路彦の成長と信二の救済の物語だと思いました。 こんなに美しい物語にはなかなか出逢えないので、幸運です。

  • ダメもとで図書館にリクエストしたら、
    存外早く簡単に入れてくれて、
    喜ぶよりまず申し訳ない気分になりました…
    扉絵とかね、そんなん見せちゃってごめんなさいね!っていうか。
    これで懲りるつもりなんて全く無く図書館様には今後もお世話になりますが。

    えーと、
    いじめられていた中学生がチンピラに助けてもらったのをきっかけに始まった関係が二人の状況とともに変化していく10数年のお話です。

    うーん、
    何だろう、そんなに嫌いな展開でも話でもないんだが、
    路彦の喋り方がどうにも気に障るので、
    ダメでした。

    あと、ヤクザ世界の話が、
    え、そんな簡単に足抜けできていいの?とか色々思えてしまって、
    まあ、そんなん話にはあんまり重要ではないはずだし、
    路彦の喋り方といい、
    何作か読んできた感触といい、

    自分には木原さんの本があまり合わないってことなんだろーなという結論に至った次第です。

    ただ、ラストあたりの「路彦が死ぬのに耐えられない」って泣きじゃくる信二のかわいさと、
    朽ちかけの日本家屋に古びた黒い花嫁衣装に赤襦袢っていうシチュエーションには、ありがたく萌えさせていただきました。ごちそうさまです。

  • 読みやすく、続きが気になったため、上巻と一緒に借りていた下巻を続けて読む。

    ヤクザの世界の話なので、ちょっと痛々しいというかえげつないシーンも。
    やっぱりそういう世界は苦手だな~、と思いつつ読み進める。

    上巻では受っぽかった路彦が逞しく?成長していくことに驚き。
    最後は、え?そうなっちゃうわけ?みたいな。
    上巻を読んでいるときの印象というか道筋(?)を覆されて驚きました。
    でも良かったです。(^^)
    下巻の最後のあたりでやっとキュンキュンきました。

    にしても惣一はなんだったのか?
    もっと二人に深く絡んでくるのかな、ライバルになるのかな?とか王道展開を予想(期待)していたが、全く違っていたので、なんだかもったいないな~と思っちゃいました。
    山田をめぐってVS 路彦とかしてほしかったです。(^^;)

    エンドも良かったと思います。

  • 泣かないと思ってたのに涙だだ漏れ。路彦忍耐強い〜!執念かこれ〜!ほんっとに長期戦だろうと自分のものにしたかったんだなと。

    本気で失いたくないもの。信二はある意味逃げたことになるけど、それは路彦の勝ち、捕まえた、の決定でもあったかな。分かってはいたけど、信二の気持ちがハッキリ言葉になったとき追い上げられるように涙腺決壊した。んも〜うまい!

    相当な覚悟と根性の持ち主だと思うwいつかこうなるかもしれないって。893相手にw弱虫なふりして舐めたまねしまくりwwでもほんとは怖かっただろうな…信二とのことだから頑張ったはず…

    受け攻めどっちとか忘れてた頃にビックリしたwwいや口絵でアレと思っていたけどww途中、BL忘れられてるかと思うくらい展開がねwww

    信頼関係をどこに求めるか、何を信じて生きて行くのかってことに焦点があって、893ものでも苦手じゃない内容だったし、その読み応えが作家さんのいいとこで満足〜!

    着物はエロいな♪

  • まさかのリバっぷるだった。たまげたなあ。路彦が男前になりすぎている。上巻では路彦が山田に支えられてて、下巻では山田が路彦に支えられてて、良い関係でした。山田は目が覚めた感じにカタギに戻れてなにより。相変わらずエロシーンがryでしたが、それ以外はやっぱり面白かった。ネタも毎度がらっと違うし、木原さんは多彩。

  • 下巻。
    とにかくすごいの一言。
    どうしてこんなに凄い文章を木原さんは書けるんだろう…………
    読めば読む程、どんどん好きになっていきます。


    本編はひたすらヤクザのドロドロした闇のなかの信二さんと、それを見守る路彦の話。この読んでて自分まで追い込まれている感じがする文章も流石木原さんです……。
    そしてまさかの左右反転………そうくるか!
    今まで信二×路彦で何の違和感もなかったのに読後のいまではもう路彦×信二しか考えられないですね………


    挿絵も最高!!!!
    表紙と着物姿で泣く信二さんの挿絵は額にいれて飾りたいくらい好きです(笑)

  • 穏やかに終わった上巻に対して、下巻は怒涛の展開。信二の過去をベースにした最後の展開は涙なしには読めない。そして誰よりも信二は路彦を必要としていた、それが言葉ではいえなくても。

  • 受っぽい方が受だと思うなよ!!
    木原さん好きだけど正直萌えはあんまりない。だけどこの作品は萌えでした。

全46件中 1 - 25件を表示

月に笑う〈下〉 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月に笑う〈下〉 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月に笑う〈下〉 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月に笑う〈下〉 (ビーボーイノベルズ)のKindle版

ツイートする