純情と誘惑のジレンマ (ビーボーイノベルズ)

  • 36人登録
  • 3.43評価
    • (0)
    • (6)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 砂床あい
制作 : サクラ サクヤ 
  • リブレ出版 (2010年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862637390

純情と誘惑のジレンマ (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • 前回のジレンマcpの攻めは好きではなかったんですが、今回あとがきにもあったとおり、沖傘がだんだんかわいく思えるくらいヘタレわんこ頑張ってました(笑)
    トリムcpの新婚旅行編もよかった。

  • 2016/08/21
    『情愛と不埒のトリム』の続編。
    遊馬カプ、轟カプが1話ずつ。
    面白く読めた。
    両方の話とも、もう少しじっくり読みたかった!
    1冊同じカプで話を書いて欲しかったかなぁ〜

    遊馬さんは、大人!
    でももう少し頼りない感じも見せれると、更に好きになるかも★

  • でっかいヘタレわんこは萌え・・・。
    グルグルした轟が美人管制官に教えを請うところ!!!ここのシーンだけ美人管制官側からのストーリも読みたかったなぁwww 

  • こっちのカプの方が好きかも? お仕事ものとしても面白いです。
    電子書籍版で読了したのに書籍版も買っちまったですよ……イラストがちゃんと見たくて!

  • ★4.5。シリーズ2。後半のエロオヤジ×ツンデレが大好きです。しょっぱなからブランケットプレイ、薔薇風呂、薔薇ベッド…笑いつつ萌え(笑)前作ではバカップルで終わった二人だったけど、受のトラウマは克服されてなかったんですね。受が悩んでる分、エロオヤジの包容力が際立って良かった。軽薄そうに見えて、受のトラウマごと受け止めてしまえるくらいには、伊達に10歳上じゃないってことですね。他のレビューでマリッジブルーと書かれててしっくり来ました。せっかくだから海外で結婚しちゃえばいいのに!

  • パイロットお仕事モノ。
    「情愛と不埒のトリム」のスピンオフ。大型わんこ副操縦士の沖傘×年上クール機長の轟。
    この沖傘がなかなか頑張る健気なわんこなんです。なので、クールな轟がだんだんほだされていく気持ちに共感。「伏せ、待て!」と命令されて大人しく従う忠犬そのもの。
    たまに、ご主人様の動向が気になり、その命令に背いて後を追ってしまう…みたいな、どうにも辛抱できない未熟さもまたいいです。
    轟の窮地に、さりげない気遣いをみせたり、年下攻としてはかなりな男前。

    もうひとつの遊馬×黒宮編は、前作CPのハネムーン話。堂々と、です。いいですね、後ろ暗さ一切ナシで新婚旅行って。
    しかし、これが甘々な展開のみではやはり終わらないのが、砂床流です。
    父親の死にまだ吹っ切れていないのに、父と同じ職業の恋人を持ってしまった黒宮の揺れる心がせつなかった。でも、そんな黒宮をを大きく包み込むような遊馬の愛とエロ、さすがです。スケールのでかさを感じさせる、遊馬です。

  • ◆初出一覧◆ 
    純情と誘惑のジレンマ /書き下ろし 
    情愛と不埒のトリム~新婚旅行編~ /小説b-Boy('09年9月号)掲載

全7件中 1 - 7件を表示

純情と誘惑のジレンマ (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする