鬼畜眼鏡―鬼畜克哉×御堂編 (ビーボーイスラッシュノベルズ)

  • 159人登録
  • 4.28評価
    • (23)
    • (15)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : TAMAMI
制作 : みささぎ 楓李  Spray 
  • リブレ出版 (2010年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862637710

鬼畜眼鏡―鬼畜克哉×御堂編 (ビーボーイスラッシュノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • むふむふマジカル眼鏡。
    ビターなケーキかと思ったら甘かった!みたいな面白さ。

  • タイトルwww

    ゲームのノベライズだそうです。
    ゲームはプレイしていませんが、これだけでも楽しめます。

    克也がメガネをかけると鬼畜キャラになる…という話なのですが、これだけよむとその設定気づかない気も…鬼畜攻めとして普通に楽しみました。

    前半は濡れ場重視、最後にちょっと甘い展開になりますが、その前の描写がかなり痛い(精神的に)ので、注意です。

    しかしS攻め好きな方はとっても楽しめると思います。

  • 書き下ろしの後日談に萌え転がりました!

  • まだゲーム未プレイだけど、濃っ!
    手元にあるものの時間がなく、コミックや小説にはしるばかりで…

  • 御堂視点だと?!なんという孔明の罠!

    と思ってホイホイされました。
    案の定御堂さん視点で書かれたこの本はゲームからは分からない機敏とか、あの大事な告白シーンのもやもや感、その後のさらなるもやもや感なんかも御堂さんと一緒に味わうことが出来ます。

    メガミドルート信者は読むべきかと。新しいメガミド視点が出来てさらに二人が好きになるでしょう。

  • (あらすじ)
    「さあ、始まりです。あなたのためだけの時間が」
    謎の男から受け取った禁断の眼鏡をかけた佐伯克哉は、
    有能なサラリーマンとして、会社で頭角を現し始める。
    しかし、裏では取引先のエリート部長・御堂を嬲る
    陵辱の日々を楽しんでいたのだが―!?
    待望の眼鏡克哉×御堂ルートを、
    ゲームとは異なる御堂視点でノベライズ!
    「鬼畜」の名に恥じない怒濤のH満載。
    濃密なオリジナル書き下ろしの後日談有り。

  • ゲームのシナリオを追っただけですね。BL小説としてはかなり物足りないです。せっかく御堂視点なのだから、もっと彼の心の葛藤をえがいて欲しかった。眼鏡に叩き潰されたことによって得たものもあったのだから。みささぎさんのあとがきが楽しかった!

全8件中 1 - 8件を表示

鬼畜眼鏡―鬼畜克哉×御堂編 (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鬼畜眼鏡―鬼畜克哉×御堂編 (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鬼畜眼鏡―鬼畜克哉×御堂編 (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鬼畜眼鏡―鬼畜克哉×御堂編 (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

鬼畜眼鏡―鬼畜克哉×御堂編 (ビーボーイスラッシュノベルズ)はこんな本です

ツイートする