マフィアの愛娼 (ビーボーイスラッシュノベルズ)

  • 33人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 眉山さくら
制作 : 佳門 サエコ 
  • リブレ出版 (2011年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862639226

マフィアの愛娼 (ビーボーイスラッシュノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • ストイックな眼鏡美人の外科医、素敵ですねぇ。
    子供の頃に背中に負った傷に囚われている、というのもたまらない。
    ただ、マフィアのボスのレオンの仕打ちというか貞操帯がしつこいですね。着けられた本人の嗜虐心を煽るのでしょうがほぼ着けられっぱなしですからね。
    密航者の子供達と再会出来たとか親交があっても良かったかも。気になりますよね〜。

  • マフィアのボス・ダミアン×日本人医師・玲司のカップリングです。
    娼婦を組織的に利用しているダミアンにとらえられた形で
    2人の関係が始まりますが、人身売買がらみの抗争なんかを通じて
    相手のことが好きだと自覚するって感じのお話になっています。

    最後なんかは、ラブラブなところもあるので、
    ハッピーエンド的要素が強いお話だなと思いました(^^♪

  • 「マフィアの愛娼」
    著者 眉山さくらさん スラッシュノベルズ

    三人称単視点(受)
    「受」→私
    「攻」→俺

    【プチあらすじ】
    日本人外科医受×様々な血が混じってる異国人攻(表向きは青年実業家)

    恋人との豪華客船の船旅当日、その恋人にフラれた受は一人で船に乗船することに。
    声をかけてきた攻に最初は警戒していたが、船内のあちこちを一緒に見てまわり遊び、次第に心を開いていく受。
    しかし、船でとある事件が起き、攻が解決に導いたけれど、下船後、なにものかに攫われた受が連れて来られた先は娼婦の館で……。

    【プチ感想】
    心とは裏腹に、攻に身体を陥落させられ、攻専属の「ディオーサ」に身体を作りかえられた受に萌え♪
    けれども、自分の思想は絶対に曲げない性格もナイス!
    「貞操帯」「肛門プラグ」「権力に屈しない医者受」このキーワードが好きな方は楽しめる作品です♪

  • 強気すぎる受けが堕ちる様は好きです。そしてそんな受けを溺愛する攻め。あたし的には結構好きなお話でした。

全5件中 1 - 5件を表示

マフィアの愛娼 (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マフィアの愛娼 (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マフィアの愛娼 (ビーボーイスラッシュノベルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする