王様のベッド (ビーボーイコミックス)

  • 800人登録
  • 3.74評価
    • (59)
    • (92)
    • (100)
    • (12)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 草間さかえ
  • リブレ出版 (2011年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862639707

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

王様のベッド (ビーボーイコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 再読。エンジニア 古賀×一風変わった彫刻家 遠野。中学生同士 玉川くんと上野くん、高校生同士 小津と久門、3カップルの短編集。中学生同士の「さくらんぼ」が大好き♪ 玉川くんが健気で、上野くんの好きなさくらんぼ味の飴を誰にもあげなかったり、やる事全てがカワイイ!! 高校生同士の「花」も重いお話しですが最後に救いがあるのでホッとします。表題作は弟さんに持っていかれた~。古賀さんがばか正直で好きです。何度読んでも草間さんの作品は飽きません♪

  • この作家さんの描く田舎がユートピア。

  • 再買い再読。このタッチは癖になるね。話はモヤっとするけど。

  • 表題作は山小屋に住む彫刻家と、ケーブルテレビの修理に来た男の明るめのラブストーリー。同時収録の「花」が屈折していて良かった。

  • 3編+おまけの作品が収録されています。
    カプも3組、うち2編は学園ものです。
    学園ものもよかったけど、
    私はタイトル作品が一番好みでした(^^)

  • 表題作を読んで、本当に自分は美人受けが好きなんだなあと実感。
    分かりやすく、芸術家が好きです。
    何かもう二人の煮え切らない感じがじれったいので、早く腹くくって付き合えばいいと思います。
    この短編は続きが読みたいなあ。
    弟さんもいい味出してます。

    「花」は話が重くて切ないですが、ハッピーエンド(?)でよかったです。
    小津くんも桔梗ちゃんも悲しい。

  • 3話とも受けが可愛い**特に‐花‐の切ない感じが好き 2人のその後をもっと見たかった 

  • 短編集。表題作の弟好きだwwwどれもじんわり良かったけど、最後まで読んでまた表題作に戻ると表題作が一番好き(*´д`*)

  • 雰囲気のある短編集。
    短編というと『出会いました、好きになりましたよっしゃエロ~ハァハァ!!』っていうコミックばかりに行きあたっていたので、こういうの読めると嬉しくて泣きそうになります。

  • 彫刻家とエンジニアのお話。他

  • 表題作の彫刻家がかわいい!続きが読みたいくらい。
    収録作「花」が繊細で秀逸。

  • さくらんぼのふたりがかわいかった。ういういしきことよ。上野君みたいな地味メガネだけど流されない男前なキャラって好きだなぁ。

  • 草間さんすきです

    王様のベッド、さくらんぼ、花の3タイトル

    私的にはさくらんぼは微妙でしたが、
    王様のベッドと花はすごく好みです

    王様のベッドの設定とか成り行きがいいです
    雪女疑惑がかわいい

    花は重たいお話。
    話が少しややこしく感じるかもしれませんが、
    はまるとすごくいいです

    王様のベッドのおまけも楽しめました(^O^)

  • 【友人から拝借】

    草間さんは前の方が絵柄が好みだなぁ(´・ω・`)
    収録は3作。 共通点は「いなか・受が負傷する」って事だけど話はバラバラ。

    表題作は不思議な読後感。 なんか草間さんの描く黒髪短髪の攻めが新鮮で、私の中で違和感が… そのせいか不明だけど、あまり入り込めず。
    【さくらんぼ】は中学生の初々しさが可愛かった♪ 好きな飴の味を覚えてるとか…キュンとする(*´Д`)
    【花】は、いろんな意味で痛かったなぁ。 最後には救いがあったので、重すぎなくて良かった。

  • ちょっと雰囲気まんがすぎてよくわからなかった。
    別の作品に期待してまた買ってみる。

  • 草間作品は初読み時より二度目以降にじわじわきて忘れられなくなる。秘めている方の人間がよろめきながらも「そこに在る」と言う感じが凄く好きだ。「花」の小津少年のハンパない色気よ…

  • 草間さんの本は合う人にはめちゃくちゃ合うんじゃないでしょうか…。ハズレたためしがないですね。

  • 表題作より、「花」が好きだったな!

  • いつもに比べて内容がやや薄め?というか、間に合わせ?と若干思ってしまったが、それでもやはり面白いことは面白い。この草間さかえのちょっと不思議系な受けと常識人系の攻めの組み合わせ、たまんないなあ。

  • 表題作が……草間さんがこういう系統(CP的に)書くのって珍しくないですか? 気のせい? 趣味では無いけどオチも含めて良い感じ。
    一番良かったのはさくらんぼ! 甘酸っぱくて可愛い。高校生同士はこの程度でいいや無理にエロ描写なくても。

  • 草間さんの本って時々状況とか誰の脳内セリフなんだか、よくわからない時があったんだけど、これは分かり易くてすんなり楽しめるレベルの高い本だった。発売前は同時期に『さくらんぼ』と『王様のベッド』という2冊の本が出るのか!?と勘違いして、危うく2冊も注文してしまうところだった。まぎらわしい・・・・『王様のベッド』のほうがどちらかと言えば良作な気がする。流血で痛々しい(この本はそういうククリがあるみたいだ)が、ちょろんと登場する脇キャラが面白い。攻の上司とか受の弟とか、弟とか、弟とか。想像に反してあまりに熊男だったのでびっくりしたけど。いいやつじゃん~『花』にはジ~ンときた。受があまりに優しいので。おばちゃん、もっと早く伯父を諫めてくれよ。哀しいのはわかるがヒドイだろ。

  • さくらんぼがかわいい。続き読みたい。花も好きなので、表題がいまいちということに。

  • ★3.5
    今回の短編3作は、草間さかえさん独特の世界観がよく表れているお話だな、という印象が。『さくらんぼ』が特に好きなお話でした。お互い意識してるのがなんとも可愛らしい。その後この二人がどうなったのか読んでみたいです。もちろん他の2作も。短編じゃもったいない。

全44件中 1 - 25件を表示

王様のベッド (ビーボーイコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

王様のベッド (ビーボーイコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王様のベッド (ビーボーイコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

王様のベッド (ビーボーイコミックス)のKindle版

ツイートする