だけど、でも愛してる (スーパービーボーイコミックス)

  • 27人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 桜木あやん
  • リブレ出版 (2011年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862639721

だけど、でも愛してる (スーパービーボーイコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半、後半の話両方に子ブタが出てきて、その所為でお話のイメージがダブってしまったことと、後半の話のラストが中途半端だったのとでまるで面白みを感じなかった。『濃密夜』には惹かれるものがあったんだけど短過ぎたのが残念。

  • 桜木先生のファンなので買いました!

    収録作品毎に感想を書きます^^

    ■だけど、でも愛してる

    表題作。
    表紙とか見て ちょっと受けが痩せ気味に見えたので
    「もしや病気持ちの恋人との切ないお話か!?」とか思ってしまってw
    あんまり好きじゃなさそうな感じかなぁと思いながら読み始めたんですが、
    読んでみたらとても良かったです!!

    桜木先生の作品はこれまでファンタジー感が強い作品が多かったと思うのですが
    今回のは今までで一番リアルな作品だったと思います。

    ペットのブタさんがこれまた可愛い・・・☆
    こういう、ペットを描かれたのも初めてじゃないですかね?

    切ないけど、ちゃんと最後はハッピーっていうところも
    自分的に二重丸です!!

    この作品では また桜木先生の新たな扉が開いた感じがしました。
    桜木先生のエロ全開な作品も大好きなのですがw、
    是非またこういうテイストの作品を描いて欲しいな、と思いました!

    ■きみとぼく、徒歩5分
    ■きみとぼく、ひとつ屋根の下(←徒歩5分のその後の話です)

    「だけど、でも愛してる」と同じ世界の、全く別のCPのお話です。
    こちらにも別のブタさんが登場♪

    桜木先生には珍しい・・・エロなしです。キスとかもなし。
    むしろラブまで辿り着いてない感じです。
    片思いだけど思いも告げてないし、相手も気付いてない感じ。
    個人的には、思いを告げて両思いになるところまで描いて欲しかったです。
    不完全燃焼気味。。。

    ■濃密夜
    読みきり。「だけど、でも愛してる」の世界とは無関係です。
    白銀が何を考えているのかよくわかりませんでした・・・
    もう少し白銀の気持ちとかの描写が入れば良かったかな~。

    ■平蔵さんと伊三次さん
    描き下ろし。
    「だけど、でも~」と「きみとぼく~」のブタさんのお話☆
    すんごいこの子達いい味出してました。最高に可愛かった☆
    桜木先生はこういうのも上手いのね~って感心しました!
    是非また別の機会に見てみたいです!! ほっこりwww


    ***まとめ***

    桜木先生の新たな可能性を感じられる一冊でした。
    ファンタジー感とリアル感のバランスが良かったと感じました。
    とにもかくにもブタちゃんがかわぅいですvvv
    ペットモノが好きな方や 可愛いモノを見てほっこりしたい方にもオススメですよ♪

全2件中 1 - 2件を表示

だけど、でも愛してる (スーパービーボーイコミックス)はこんなマンガです

だけど、でも愛してる (スーパービーボーイコミックス)のKindle版

ツイートする