Perl CPANモジュールガイド

  • 89人登録
  • 4.27評価
    • (8)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 冨田尚樹
制作 : タナカユカリ 
  • ワークスコーポレーション (2011年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862671080

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
濱野 純(Jun...
有効な右矢印 無効な右矢印

Perl CPANモジュールガイドの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Perlで何かやりたいことがある時に大変役に立ちそうな本.
    浅い経験しかない私にとって,CPANモジュールの膨大な量は検索するにも大変で,デファクトスタンダードとまでは呼ばずにも,「何を使うのがオススメなんだろう?」という疑問を解消させてくれるこの本の存在は非常にありがたいです.

  • Perlで何か作ろうと思った時に、反射的にCPANを検索「しない」という人は、ぜひともこの本を読んでみてほしい。CPANには、ほんとにいろんなモジュールが転がっていて、おおよそやりたいことは実現できる。この本は、そんなCPANの中から、便利であろうモジュールを、いくつかのカテゴリにわけて紹介してくれている。

    入門レベルの方なんかも、Perlの入門書読みつつ、この本も読んでほしいなあと思う。

  • Perl初心者には助かる内容。

  • 積んどく
    実際あまり役には立たない。残念

  • 常日頃、「CPANを漁る」のが好きな人には無用のものかもしれない。
    そこそこなページ数といっても収録モジュールはおよそ200弱。
    半分は使用した事があり、残りの半分は知っている可能性が高い。

    常にトレンドが移り変わっていくこの分野で紙にするという事は今までに無かった試み。
    それだけに価値がある。
    これからPerlを勉強したい人にとっては福音に違いない。

  • 自分としては、Pythonにできるだけ移行しなければならないのだが、Perlはまだまだ重要な開発ツール。使えそうなモジュールがたくさんあることを再確認した。

  • これだけたくさんのモジュールをちゃんと調べて書いてある、すごい本です。文法を覚えたばかりの人はもちろん、経験豊富な人でも参考になることが多いんじゃないかな、と思います。

    Perl を使う人なら、必読の書ではないか、と思います。

    途中から飛ばし読み気味だったので、またあとでゆっくり読みたいです。

  • たまにはこういうのを読んで無駄なコードを省きたい。

全8件中 1 - 8件を表示

Perl CPANモジュールガイドの作品紹介

インターネット接続、日本語処理、データベース…必要な部品を組み合わせて実装する。厳選150項目。

Perl CPANモジュールガイドはこんな本です

ツイートする