回螺 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

  • 177人登録
  • 4.12評価
    • (31)
    • (16)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 安倍吉俊
  • ワニマガジン社 (2008年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862690609

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅野 いにお
有効な右矢印 無効な右矢印

回螺 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 暗黒漫画。意識を階層ごとに表現した作品。本当に難解ですが、1年ごとに1回とか、自分の環境が変化してから再読すると、すんなり内容が入ってきたりする。暗黒だけど、どこかせつない。

  • 「意識は頭の中の街」

    ……………
    な、なんとなく分かるような……

  • 勧めておいてなんですが、私も内容を把握出来ておりません。

    意識と記憶に纏わる物語。どこまでも迷宮に沈み込んでいくようなストーリー。考えれば考えるほど、考察は広がっていきます。

    内容は『暗黒四部作』と呼ばれるだけあって、非常に重いです。(^_^;)

  • 考えさせられる深い物語りでした。

  • 言葉はカッコいいが、なんか意味がふわふわして難しくて分からない。

  • とても暗くて、美しく、そして絶望的な漫画。

  • 1996年『白雨』(同人誌)、1998年『古街』(FLAT)、2000年『樹葬』(エースネクスト)、2007年(?)『廃域』を収録。

  •  この物語をなんと表現したらいいんだろう。
     安倍 吉俊の漫画の中でも異彩を放っている。

     キャラクターたちは気がつけば見知らぬ迷宮の中に閉じ込められている。
     脱出のために迷宮を彷徨うが、出口も手がかりも見つけられぬまま、一人、また一人と怪物に襲われたり、仲間の変わり果てたものに食らわれていく。
     そして、それを逃れた物も、絶望的な運命が待ち受ける。。。

     どこまでも救われない、救われる道のない世界。
     希望はどこにあるのか?読み手さえも絶望的な気分にさせる物語。

     こういう物語を書かせたら、安倍 吉俊の右に出る者はいないだろう。
     絵柄もぴったり。
     暗く彷徨いながら絶望と希望の狭間をふらつくような、危険な香りが道が物語を堪能できる特異な一冊だ。

     人に勧めるのが難しい一冊だが、俺は大好きだ。

  • 絵と設定と世界観がすごい好き。やはり安倍先生の絵はよい。ザワザワするんだ。

  • 記憶の旅

全14件中 1 - 10件を表示

回螺 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)に関連する談話室の質問

回螺 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

回螺 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

回螺 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)はこんなマンガです

ツイートする