おもてなしの源流 日本の伝統にサービスの本質を探る

  • 62人登録
  • 3.73評価
    • (4)
    • (4)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 英治出版 (2007年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862760333

おもてなしの源流 日本の伝統にサービスの本質を探るの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  
    ── リクルートワークス編集部《おもてなしの源流
    日本の伝統にサービスの本質を探る 20071218 英治出版》¥1,404
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4862760333
     
    (20160911)
     

  • 第一講 旅館
    (亀の井別荘)
    労働が生み出す安心感と懐かしさ
    →人は出会うことによってコミットするもの。出会いを作るしくみを多く設けている。
    珍しさと新しさ
    →研修によって生まれる。よその宿に負けない、同僚に負けないハイレベルな仕事をするために、逆に「負けている」と気づく機会を作る。仲間同士で出会い、研修し、ギャップに驚き悶え、追い上げる。それによって、もてなしのレベルを上げていく。

    第四講 きもの
    (錦や)
    さりげなく導く。お客のプライドを傷つけず、さりげなく誘導していくことももてなしの一つの形
    箪笥の中身までしって助言を。信用を勝ち取ることが第一。客のほうは、想像していたよりもはるかに柔軟に、着物の手入れや仕立て直し対応してもらえることに驚き喜ぶ。その家の中に深く入り込んで商談を重ねることが少なくない。お客の家の座敷に上がって、呉服の話をする前に、家族の話など世間話をひとしきりすることもある。そうすることで家の内情も見えてくる。経済状態によっては支払いを待つこともあるという。
    いずれにしても、口が堅いことが重要。
    一反売る前に自分を売る

  • 古くから日本に伝わる「おもてなし」の精神。それは欧米の「サービス」の精神とは、全く異なった深みを持つ(八木先生)

  • さまざまな分野の”おもてなし”をしている方々のおもてなしにスポットをあてる形になっています。太夫、呉服屋、旅館、または茶道など、それぞれの職業からのおもてなしの工夫を、知ることができて興味深かったです。おもてなしは裏の努力でもあるとおもいますので、それを少し知ることができた。

  • あらためて感じる日本の心。
    著者の言う意味に改めて考えさせられた。

    日本の「おもてなし」は、もてなす側だけでなく、もてなされる側にも相応の振る舞いを求めるものだと。

  • こんにちは! 安丸です。

    「おもてなし」ってなにかって改めて聞かれてみると
    困ることありますよね?

    そんなときにオススメの本が、
    「おもてなしの源流」(英治出版)
    です。

    150ページぐらいで気軽に読める量なのですが、
    旅館、茶道、花街、きもの、しつらい、神と祭など
    様々な視点から「おもてなし」について探っていきます。

    ホスピタリティーとは違う日本独自の「おもてなし」。

    そんな普段使っていても、よく分からない精神を、
    感じるいいきっかけになります。

    年末のTV三昧のお供にいかがでしょうか!?

  • 既読

  • 様々な業種の事例から多角的に「おもてなし」について考察されているため、考える材料として興味深い。
    文章が簡単で1時間もあれば読める分量なこともあり、「おもてなし」を知る入門書としては十分だと思う。

全9件中 1 - 9件を表示

おもてなしの源流 日本の伝統にサービスの本質を探るを本棚に「読みたい」で登録しているひと

おもてなしの源流 日本の伝統にサービスの本質を探るを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おもてなしの源流 日本の伝統にサービスの本質を探るを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする