U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術

  • 831人登録
  • 4.08評価
    • (49)
    • (36)
    • (18)
    • (8)
    • (2)
  • 42レビュー
制作 : 中土井 僚  由佐 美加子 
  • 英治出版 (2010年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862760432

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術の感想・レビュー・書評

  • 僕は幸運にも、訳者の中土井さんのU理論についての1日セミナーを受講できたけど、それでもわかったようなわからなかったような。500頁を超える難解なこの大作と向き合うには、それなりの決意と覚悟がいるような気がする。僕は今回途中で挫折したけど、本当に自分と向き合いたい時が来たら読んでみようと思う。でも、この内容が腹落ちした時は、人間を超える何かに進化した時かも知れない(笑)。自分なりの解釈で、何かヒントが得られたらそれでOKって割り切った方がいいかもね。

  • ビジネス書に分類されているものの、内容はほとんどスピリチュアルや哲学に近い本。
    既存のパターンの使い回しによるソリューション(本書では、ダウンローディングと呼ばれている)では、現在の我々が共有する課題や問題は乗り越えられない。著者は、我々が共有する根源的な問題を解決するためには、新しい創造、すなわち個を超えた源(ソース)につながり、最高の可能性を持つ未来を出現させることが必要と説く。
    村上春樹がインタビューで、自らの創作手法について、意識の地下二階に潜って、何かを掴んで浮上することと語っていたが、それに類似している。
    本書では、著者の洞察・経験に基づいて、最高の可能性を持つ未来を生成させるための、プロセス・手法が詳述されている。
    かなり長いし、読んですぐに役に立つタイプのビジネス本でもないが、3.11以降の個人や企業が目を向けるべき方向が示された、数少ない本ではないかと思う。

  • なんか大事そうなんだけど、長すぎて...読む時間を取れず、、、
    漫画の方を読もうかな。

    「変化の5つのレベル」の図が、たぶん重要。

  • 読み始めて2ヶ月。紆余曲折をへてやっと読了。

    いやー、難しかった。

    結構、速読の私としては、時間がかかってしまったのは、途中で、「ン?これって、結局、ダウンローディングな読み方だよね」と思って、読むのをストップしたため。

    内容が難しくって、事前になんとなく知っていることを確認する以上の読み方ができない。また、これって、「十牛図と一緒だよね」とか、「プロセスワークと一緒だ」という読み方になって、それと比較して、何が新しいのか、という読み方しかできない。

    結局、これのなにが本当に新しいのかはわからない。どちらかというと東洋系の神秘思想を精緻に理論化し、組織や社会変革のテクノロジーとして体系化したというところが新しいのかな?

    でも、なんだかそれに収まらないパワーも感じる。

    命をかけるというか、投げ出すような行動が世の中を変えて行くというような。

    Uのプロセスは、一見、ステップ論のようだが、いわゆる変革のステップ論とか、いうようなものとはかなり違うものなのかな。

    意志的、意図的ではあるのだが、事前にデザインしておきるものではないようなもの。

    もう一度、最初から読み直さないと多分分からないと思うので、★は一つ減らしておく。

  • ビジネス書であり、心理学の本であり、自己啓発書であり、スピリチュアル本であり、哲学書でもある。ジャンル分けは難しいけれど、ありそうでなかった面白い本。

    世界の国家が壊れかけている今、我々はどう変容すればいいのか?
    個人は?会社は?
    それを問われているような内容だった。

    個人的には、書くことに通ずる部分が多くあると感じて納得したし、似たような体験もあったので、理屈抜きに共感できた。そして行動に移すことの大切さ、捨て身の覚悟の大事さを知った。実際にこの本のお陰で自分を反省でき、相手の気持ちになってアクションを起こせたので感謝している。

    色んな人たちが本書と同じようなことを仰っていると感じる最近。
    これからは個々が責任を持って主体的に動く時代なのかもしれない。そして同じ考えや気持ちの人と繋がっていって、いい社会にしていきたい。

  • 分厚さにびっくりしたが、とても読みやすく自分の経験と照らし合わせて読み進めると理解しやすい。内省するのに自分にとってはとても大切な本。

  • とりあえず、ななめ読み〜

  • 辞典のような分厚い本。しかし内容は読みやすいので案外すらすら読めました。U理論、面白いと思うのですが大事なことは書いてあるけど重要なことは書いてない、という不足感もあり。団体、企業、社会と理論は幅広く展開しているけど、結局のところ目の前にいるたった一人の人間とちゃんと深いコミュニケーションが取れるかということなんだと思います。むしろ現代はこれを理論にしないと「気づき」「手放し」そして「受け入れる」ことも出来ない時代になってきているのか、とちょっと考えさせられました。・・・とまあ好き勝手書きましたが良い本だとは思います。

  • 難しいな。。。単語と定義から説明を始めるからだ。具体例があるところだけは理解出来たが。

    ・あるCEOの話
    ⇒会社の文化とダウンローディングの弊害

    ・ユンゲの話
    ⇒ダウンローディングと見ない、自己欺瞞の話。これは身に沁みる。あるべきu理論の反面教師として。

    ・DECの話
    ⇒分権した結果、衰退していった企業の経緯。分権化の結果、内部でグループ間の争いが起き、内向きになってしまった悪例

    ・エンロンの話
    ⇒良く見せようとするあまり、リーダーに現実を見せない悪例。良いニュースと、リーダーの方針にマッチする情報だけが用意される。ダメだとわかっていながら、それを改善しない。なぜなら、殉教者ではないからだ。それは、破滅へ向いているということだ。だが、それを非難するのも難しいよな。。。やる気ない人にやる気ないことを叱っても何も改善しない。

  • 基本的には「出現する未来」(P・センゲらとの共著)で描かれた「U理論」の実践的な解説書といえる。前著では必ずしも明確でなかった個人レベルと組織レベルの「U」がしっかりと区分されており、Uのプロセスがより細かく、深い部分まで言及されている。ともすれば神秘主義的に取られかねなかった前著に比べて、経営書としての体裁をしっかり整えている印象。ただし、出てくる枠組みが多すぎて、やや冗長・総花的な印象も無くはない。500ページ強の大作は、本来U理論を実践すべき現場のリーダー達に相当な覚悟を要求する。

  • 未来を感じ取り形作る能力の話。
    今まで読んだ、ビジネス、スピリチュアル、哲学、認知学問の集大成のような本だった。

    Open mind, heart, will.

    次元を超える視点で実践すればいいだけ。

  • キタキター☆
    もう訳者まえがきから「間違いない」という手応え。

    シュタイナー業界?の中でもバイオグラフィーワークとともに、一般社会で高く評価され、広く浸透している理論と実践。

  • ずっと本棚に眠ったままになっていましたが、ようやく読むことができました。
    U理論。

    もっと早く読んでおけば良かったとも思いますし、
    今が読むタイミングだったんだなとも思えます。

    U理論で展開されるUの旅は、
    いまから、そして、出現する未来から学ぶには、どうしたらよいのかをめぐる学習プロセスです。

    過去から学ぶのではなく、出現する未来から学ぶ。

    そして、
    それは、個人での学びにも多様なステークホルダーの学びにも、組織の学びにも適用できるものです。

    とても深くて読み応えがある1冊。



    消化するにも、実践するにも時間がかかりそうですが、
    たしかに良書です。

    開かれた思考、開かれた心、開かれた意志でもって、
    反応に生きる世界を離れ、
    保留し、新しい目で観て、視座を転換し、場から感じ取り、手放し、源につながり、
    迎え入れ、結晶化し、具現化し、プロトタイピングをし、実体化をし、実践をする。

    この一連の流れの1つ1つを丁寧に掘り下げています。
    「新しい目で観る」という基本的な行為だけでも、知る価値はあるかと思います。

    いかに、私たちが、今と未来を観ていないか、相手や場を観ていないかを考えさせられるのではいでしょうか。

    “24の原則は互いに密接に関連しあって一つの集合体として機能している。これはUの課程にあわせた5つの運動としても表現できる。その5つの運動とは以下のとおりである。

    共始動-人生があなたに求めていることに耳を傾ける。そしてそのことに関わりのある人や状況とつながり、共通の意図を持ち、互いに触発しあう仲間を招集する。

    共感知-もっとも潜在性を秘めた場所へ行く。そして、ただ、ひたすら観察する。開かれた思考と心で耳を傾ける。

    共プレゼンシング-静寂な場所に行き、深い叡智の源を開き、内から出現しようとする未来につながる。

    共創造-生きている小宇宙のプロトタイプをつくり未来への滑走路を用意することによって、実践を通じて未来を切り拓く。

    共進化-より大きく革新的な生態系をともに築き、人々が「全体を見て行動すること」によって境界を越えて互いに結びつける場所を確保する。”

  • 「U理論-過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術-」の読書会 
    日付:2013/11/8 作成者:とことこ(大塚 拓)         
    〇この本を一言で表すと?
    個人や組織が破壊的イノベーション思考を得るための能力開発・プロセス転換の事例集&実践書

    〇よかった点
    ・ 著者のストーリーや事例が豊富で図表も多いため、抽象的な概念が具体的に理解できるように工夫されていると思った。
    ・ プレゼンに対する気付きも多く、これからのプレゼンに工夫したい。(ピーターセンゲの例P109、いきいきとしたイメージを送るP254、日記:私はばらばらにP225など)
    ・ ドイツ企業家、ゲッツベルナー氏の基本所得の提案(P435)は面白いと思った。後の経済的インフラのイノベーション(P550)に繋がる内容で、創造的な社会にはなると思った。反面、社会主義や生活保護の闇の部分と同じ失敗を犯さないような工夫が必要かと思った。
    ・ 『強い決意を持った市民の小さなグループが世界を変えられるということを絶対に疑ってはならない。実際に変えてきたのはそれしかない』(P258)私の行ったことで少しでも世界が良くなったと実感したい。
    ・ 『三歳の子供から学ぶ』(P330)子供の着眼点や発想力、好奇心の凄さは毎日驚きです。私も二歳の我が子からたくさん学びたいです。
    ・ 『ほとんどの人は、四つのレベルをすべてたびたび経験している』(P339)私の経験の振り返り、これまで私が影響を受け、頂いたものを振り返りたいと思った。

    〇突っ込みどころ
    ・ 本がデカイ!(内容が重複しているところも多いので、もう少しコンパクトにすればもっと売れるかと…)
    ・ 経済学、社会学、哲学に精通している反面、統計学な思考は盲点。例えばP420、テレビと心的外傷後ストレス障害は相関であり、因果ではないと思われる。数値がでてきてもサンプリングや有意性については語られていない。ビジョナリーカンパニー2なども
    ・ 膨大な参考図書数!(この著書の参考図書というより著者の影響を受けた本という感じがする)
    ・ ダイナミックな複雑性の図(P92)が違う気がする。私は指数曲線だと思う。

    〇実践してみようと思うこと
    ・ 『まずやりますと言い、それをどのようにやるかは後で考える』(P476)
    ・ 『子供たちを外にある見返りではなく、自分の内面の動機にしたがって行動するように』(P506)(2歳の子を持つ親として実践したいです)
    ・ 朝の習慣(P498)(著書のレベルでなくても簡単な日記や瞑想といったものから習慣化したい)

    〇みんなで議論したいこと
    ・ U理論読書会の私以外の参加者は皆さん読書会の主催者かコミュニティの管理者なので、読書会やコミュニティ運営の上で気を付けていること(事前の準備、根回し、共通の土台、お礼のギフトなど)
    ・ 過去の必要性について著書の前半と後半でトーンが違う気がする。やはり手放したり、内省するためには過去の経験やパターンも重要なのではないかと思った。皆さんは過去の必要性についてどう思う?
    ・ このイベントの目的、目標の個人的な考え
    ・ 四つのレベル(感じ取るとプレゼンシング)の経験

  • ○この本を一言で表すと?
     精神世界系の話と経営学の話を混ぜた自己啓発の本


    ○考えたこと
    ・この本の内容のような精神世界系の話が欧米の著名な大学の経営学で取り扱われているということに驚きました。

    ・私は精神世界系の話はどちらかと言えば斜に構えて読んでしまう方ですが、学習理論などの経営学の話と併せて書かれると自然に受け入れやすかったです。ふと、マルチ商法などの一般に受け入れられにくい話を経済情勢などの受け入れられやすい話と併せて話すと一緒に受け入れられるのかなと思いました。

    ・ところどころのトピックで読み進めることを止めて少し考えさせられるような内容がありました。

    ・図や表を用いて説明しているところが多く、文章だけではわかりにくいイメージを掴みやすいようにしてあるところが良かったです。

    ・「U理論」と学習理論、場の理論、アリストテレス哲学などとの接点が書かれていました。これまでに提唱されていた著名な考え方を挙げて、その上で「U理論」を更に進んだ考え方だと持ち上げていることはなかなか挑戦的だと思いました。(第Ⅰ部 盲点に突き当たる)

    ・「U理論」の各工程「ダウンローディング⇒シーイング⇒センシング⇒プレゼンシング⇒クリスタライジング⇒プロトタイピング⇒パフォーミング」のそれぞれの工程について説明されていました。(第Ⅱ部 Uの領域に入る)

    ・学習を阻む障壁の循環「見たことを認識しない⇒認識したことを言わない⇒言ったことをしない⇒したことを見ない」はどこでもよく見られる負の循環で、それを打破するにはまず「観る」ことが大事というのはよく分かる気がします。(第Ⅱ部 Uの領域に入る)

    ・「観る」より「感じ取る」ことを上位に持ってきていることは「7つの習慣」の「第五の習慣 理解される前に理解する」の事実だけでなく感情も聴く傾聴という考え方に似ているなと思いました。(第Ⅱ部 Uの領域に入る)

    ・「金持ちが天国に入るのはラクダが針の穴を通るより難しい」という聖書の記述に「なんだこの例え?」と疑問に思ったことがありましたが、「針」と呼ばれていた狭い通路があってラクダを通すときに大変だったということが書かれていてようやく腑に落ちました。(第Ⅱ部 Uの領域に入る)

    ・「一人だけでは難しいが、その一人に同じ意図を持った四人か五人が加われば戦う力になる」という話は確かにそうだと思いました。(第Ⅱ部 Uの領域に入る)

    ・プロトタイピングの話は「仕事は楽しいかね?」という本に書かれていた「試すことに失敗はない」と似ているなと思いました。シスコの「0.8の原則」はプロトタイピングを粗雑過ぎず精密過ぎず、適切な範囲で収める良い考え方だと思いました。(第Ⅱ部 Uの領域に入る)

    ・「個人の行動」と「会話の行動」ではこれまでに書かれてきた「U理論」の実践についてよくまとまっていてよかったと思いました。(第Ⅲ部 プレゼンシング)

    ・ユダヤ人を収容した施設にその収容されたユダヤ人のドイツ人妻たちがその収容所に詰めて訴え続け、収容されていたユダヤ人夫を解放させていたというエピソードも初めて知りました。(第Ⅲ部 プレゼンシング)

    ・朝の時間や寝る前の時間を使って振り返ったり自分を見つめ直したりするというのは、他の本でもよく見られるアドバイスですが、改めて重要だなと思いました。(第Ⅲ部 プレゼンシング)

    ・ザンビアのマーチンや著者自身の「他者の翼の上で飛ぶ」という認識は、全て自分の意図でやったという傲慢な考えから解き放たれている素晴らしく謙虚な認識だと思いました。人間の性質として「後付けの誤謬」はありがちですが、この態度は見習いたいなと思いました。(エピローグ)


    ○参考にならなかった所、ま... 続きを読む

  • 分厚い、読み切っていないですが、読み応えあり。

  • 一見おもしろいけど、共感できなかった。

  • ☆3500円
    ●奥が深い・・・

  • 僕が体験した自分自身の転換点の状況がU理論に表わされていると感じました。

    3年前、大学で何年も留年したことや彼女がずっといないことなど、どうしても認めたくない、人に知られたくないコンプレックスがありました。それまではそのコンプレックスを隠して、見栄を張って嘘ついていました。でも、その時だんだんとFAJやその他の機会でオープンな雰囲気を持つ人たちと出会うようになり、誠実でない自分が辛くて、そんな風になりたいと思って全てをやり直すつもりで自己開示しました。その後はコンプレックスを気にする度合いがへり、より活動的になった気がしています。

    その時の過程がU理論にあるUの谷を降りる過程と似ていると感じています。感覚的にはUの谷に潜るどころか、νの井戸に落ちる感じでしたが。

    Tomtom

  • 本書の基本的な主張は”複雑で困難な課題に取り組んで成果が出せるかどうかというとに関して最も重要なのは、課題に取り組む人の動機の深さである”ということかなと思いました。この点は賛同できますし、稲森和夫さんがおっしゃる「動機善なりや、私心なかりしか」と近いものかもしれないと思いました。
    いろいろな事例や角度からこのことを深掘りし、表現・解説をしているのだろうと思いますが、何しろ、書いてあることを殆ど具体的にイメージできませんでした。たとえば「プレゼンシングは出現する未来の源に我々の感覚がつながると起こる。過去の存在、未来の存在、真正の自己の存在、この三種類の存在の間の境界が崩壊するのだ。」というような記載の連続です。具体例のところの内容はわかるのですが、この記載例のような”U理論”の説明の部分は、???の連続でした。
    高評価が多いので、私の世界に対する認知力みたいなものが不足してるのかもしれませんし、自分がわからないものを否定するつもりはありませんが、わかる気がしない、というのが正直な感想でした。

  • 個人や組織、社会の在り方を根本から変えてしまうほどのインパクトのある内容。

    過去からスタートする考え方では、到底想像ができないような解決方法や、在り方そのものを、未来から導きだそうとするメソッド。

    個人の深い内省と相手を思いやる気持ちが、ダイアログをより慈愛に満ちた濃密なものにし、そこから個人に対しての障害を越えUの底辺に潜っていくという。そこには形容しがたい大きな「知」があり、それを体験したら、せざるを得ない!となるらしい。

    確かに、私も過去にそういった体験はある。それを意図的に集団でも起こそし、この閉塞感に満ちた社会を変えようと言うのが、著者の目的である。

    あまりにも壮大だが、全く不可能な気がしない。
    私もUの体験をしたく、ワークショップを申し込んだ。

    それほどまでにインパクトがあった、ここ最近では最高の良書である。

  • 569ページに及ぶ旅は行きつ戻りつ、そして範囲を広げながらU理論について展開されていく。決して読みやすいとは言えない(訳のせい?)が、最後まで読むとU理論の主旨はしっかりと腹に落とし込まれている。

  • スピリチュアルなことがずっと書いていた本だ。読んでいて、変な気分になる。

  • 参考になるが、少し難解。でも、これからの仕事の進め方にはこのような考えかたが必要かも。過去からの流れで考える方法だけでは、これからの時代に対応出来ないのも事実。

全42件中 1 - 25件を表示

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術の作品紹介

未来から現実を創造せよ。人・組織・社会の「在り方」を鋭く問う現代マネジメント最先鋭の「変革と学習の理論」、待望の邦訳。

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術はこんな本です

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術のKindle版

ツイートする