U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術

  • 834人登録
  • 4.09評価
    • (50)
    • (37)
    • (18)
    • (8)
    • (2)
  • 41レビュー
制作 : 中土井 僚  由佐 美加子 
  • 英治出版 (2010年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862760432

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 僕は幸運にも、訳者の中土井さんのU理論についての1日セミナーを受講できたけど、それでもわかったようなわからなかったような。500頁を超える難解なこの大作と向き合うには、それなりの決意と覚悟がいるような気がする。僕は今回途中で挫折したけど、本当に自分と向き合いたい時が来たら読んでみようと思う。でも、この内容が腹落ちした時は、人間を超える何かに進化した時かも知れない(笑)。自分なりの解釈で、何かヒントが得られたらそれでOKって割り切った方がいいかもね。

  • ビジネス書に分類されているものの、内容はほとんどスピリチュアルや哲学に近い本。
    既存のパターンの使い回しによるソリューション(本書では、ダウンローディングと呼ばれている)では、現在の我々が共有する課題や問題は乗り越えられない。著者は、我々が共有する根源的な問題を解決するためには、新しい創造、すなわち個を超えた源(ソース)につながり、最高の可能性を持つ未来を出現させることが必要と説く。
    村上春樹がインタビューで、自らの創作手法について、意識の地下二階に潜って、何かを掴んで浮上することと語っていたが、それに類似している。
    本書では、著者の洞察・経験に基づいて、最高の可能性を持つ未来を生成させるための、プロセス・手法が詳述されている。
    かなり長いし、読んですぐに役に立つタイプのビジネス本でもないが、3.11以降の個人や企業が目を向けるべき方向が示された、数少ない本ではないかと思う。

  • なんか大事そうなんだけど、長すぎて...読む時間を取れず、、、
    漫画の方を読もうかな。

    「変化の5つのレベル」の図が、たぶん重要。

  • 読み始めて2ヶ月。紆余曲折をへてやっと読了。

    いやー、難しかった。

    結構、速読の私としては、時間がかかってしまったのは、途中で、「ン?これって、結局、ダウンローディングな読み方だよね」と思って、読むのをストップしたため。

    内容が難しくって、事前になんとなく知っていることを確認する以上の読み方ができない。また、これって、「十牛図と一緒だよね」とか、「プロセスワークと一緒だ」という読み方になって、それと比較して、何が新しいのか、という読み方しかできない。

    結局、これのなにが本当に新しいのかはわからない。どちらかというと東洋系の神秘思想を精緻に理論化し、組織や社会変革のテクノロジーとして体系化したというところが新しいのかな?

    でも、なんだかそれに収まらないパワーも感じる。

    命をかけるというか、投げ出すような行動が世の中を変えて行くというような。

    Uのプロセスは、一見、ステップ論のようだが、いわゆる変革のステップ論とか、いうようなものとはかなり違うものなのかな。

    意志的、意図的ではあるのだが、事前にデザインしておきるものではないようなもの。

    もう一度、最初から読み直さないと多分分からないと思うので、★は一つ減らしておく。

  • ビジネス書であり、心理学の本であり、自己啓発書であり、スピリチュアル本であり、哲学書でもある。ジャンル分けは難しいけれど、ありそうでなかった面白い本。

    世界の国家が壊れかけている今、我々はどう変容すればいいのか?
    個人は?会社は?
    それを問われているような内容だった。

    個人的には、書くことに通ずる部分が多くあると感じて納得したし、似たような体験もあったので、理屈抜きに共感できた。そして行動に移すことの大切さ、捨て身の覚悟の大事さを知った。実際にこの本のお陰で自分を反省でき、相手の気持ちになってアクションを起こせたので感謝している。

    色んな人たちが本書と同じようなことを仰っていると感じる最近。
    これからは個々が責任を持って主体的に動く時代なのかもしれない。そして同じ考えや気持ちの人と繋がっていって、いい社会にしていきたい。

  • 分厚さにびっくりしたが、とても読みやすく自分の経験と照らし合わせて読み進めると理解しやすい。内省するのに自分にとってはとても大切な本。

  • とりあえず、ななめ読み〜

  • 辞典のような分厚い本。しかし内容は読みやすいので案外すらすら読めました。U理論、面白いと思うのですが大事なことは書いてあるけど重要なことは書いてない、という不足感もあり。団体、企業、社会と理論は幅広く展開しているけど、結局のところ目の前にいるたった一人の人間とちゃんと深いコミュニケーションが取れるかということなんだと思います。むしろ現代はこれを理論にしないと「気づき」「手放し」そして「受け入れる」ことも出来ない時代になってきているのか、とちょっと考えさせられました。・・・とまあ好き勝手書きましたが良い本だとは思います。

  • 難しいな。。。単語と定義から説明を始めるからだ。具体例があるところだけは理解出来たが。

    ・あるCEOの話
    ⇒会社の文化とダウンローディングの弊害

    ・ユンゲの話
    ⇒ダウンローディングと見ない、自己欺瞞の話。これは身に沁みる。あるべきu理論の反面教師として。

    ・DECの話
    ⇒分権した結果、衰退していった企業の経緯。分権化の結果、内部でグループ間の争いが起き、内向きになってしまった悪例

    ・エンロンの話
    ⇒良く見せようとするあまり、リーダーに現実を見せない悪例。良いニュースと、リーダーの方針にマッチする情報だけが用意される。ダメだとわかっていながら、それを改善しない。なぜなら、殉教者ではないからだ。それは、破滅へ向いているということだ。だが、それを非難するのも難しいよな。。。やる気ない人にやる気ないことを叱っても何も改善しない。

全41件中 1 - 10件を表示

Cオットーシャーマーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
マルコム・グラッ...
デール カーネギ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術の作品紹介

未来から現実を創造せよ。人・組織・社会の「在り方」を鋭く問う現代マネジメント最先鋭の「変革と学習の理論」、待望の邦訳。

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術はこんな本です

U理論――過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術のKindle版

ツイートする