オープンイノベーション 組織を越えたネットワークが成長を加速する

  • 123人登録
  • 3.21評価
    • (2)
    • (5)
    • (13)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 英治出版 (2008年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862760463

オープンイノベーション 組織を越えたネットワークが成長を加速するの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784862760463

  • ・オープンイノベーションとオープンソースの違いは、オープンイノベーションにはビジネスモデルが組み込まれている点が異なる。
    ・オープンイノベーションは出口が複数あるようなイメージ
    ・技術集約的な大企業が競争力を維持するためには、コアコンピタンスを守り、それを活用してコアビジネスの領域で基幹部品や製品アーキテクチャを開発し、関連製品市場への多角化を追求すべきという考えは1990代はじめまでは広く認められていた(それより前はポートフォリオ至上主義による関連性のないビジネスへの多角化)
    ・オープンイノベーションとは、R&D活動のアウトソーシング化を含んでいる。
    ・どうすれば社外知識を利用できるのか。最も単純な方法は競合他社を真似することではないか?
    ・オープンイノベーションは組織的に取り組むことと相性がいい
    ・これから未来は、もっと業界の垣根が溶ける。たとえば今や車はソフトウェア開発が中心だがそうなると、トヨタはソフトウェアの巨大企業といえる。いつ、金融システムに参入してくるかわからないといえるのではないか。一方で、ソフトウェア会社が車を作ったっていい。
    ・オープンイノベーションの相手先としては
     a)サプライヤー
     b)顧客
     c)補完的生産者
     d)競争者、ライバル企業
     e)大学、政府、研究機関
     f)外国
     が考えられる。
    ・オープンイノベーション前後では知識の捕らえ方が異なる。オープンイノベーションの前提は役に立つ知識が広く分散しており、しかも高品質であることだ。従来は役に立つ知識は希少でかつ頼るのはリスクがあると考えら得れていた。
    ・コアコンピタンス経営の限界。自社開発証症候群とNSH(Not Sold Here:うちで売ってないからダメ)ウイル
    ・使われていないテクノロジーは会社の中にかなりある。
    ・大事なことは
     ①Think Big!(大きく考える)ことだ。良いアイデアでも小さいアイデアでは予算が付かない。大きく考えることでビジネスも大きくなり、会社として投資する価値のある案件になる
     ②役に立つ知識が広く分散しており、しかも高品質であると思うこと(認知の問題)(自社開発証症候群を乗り越えること)※公開情報と非公開情報
     ③ビジネスモデルとセットで考えること
    ・コストセンターであるR&Dプロジェクトとプロフィットセンターである事業部。事業部はより完成品に近い状態で受け取りたいのに対して、R&Dプロジェクは成果が見えた段階で手離れしたい。解決策は間に緩衝材をおくこと。

  • p20
    アカデミックなイノベーション研究者たちは、新しいフレームワークやコンセプトに対して懐疑的に接するという正しい訓練を受けている。新コンセプトといっても、流行やファッションと大差ないものがよくあるからだ。
    p29
    社外の知識に対して、社内で蓄積した知識と同等の重要性を認めること。
    p47
    テクノロジー事態に本来的な価値はない。価値は、テクノロジーを事情に投入するビジネスモデルによって与えられる。
    p153
    イノベーションは、垂直統合モデルと異なり、社外にあるイノベーションの源泉を活用する企業と、ソリューション全部を作らずに、イノベーションから収益を得る能力を持つ企業を必要とするのだ。

  • オープンイノベーション関係の論文を集めたアンソロジー.自分に知識がないためか,訳が?なのか,そもそも原文が難解なのか,あまり理解ができなかった.

  • 久々に論文を読んだ。正直いって半分ぐらいしか理解できなかったけど、そもそものICT,情報通信の技術的な歴史と、オープン化が歓迎される背景と理屈が理解できた。オープンな世界にいる人は必読かと。

  • クローズドイノベーションモ�... Innovation」。ここで取り上げら... Innovationという概念に対し、15�... Innovationというキーワードに対...
    OPEN Innovationとは何ぞやといったこ...

全6件中 1 - 6件を表示

オープンイノベーション 組織を越えたネットワークが成長を加速するを本棚に「積読」で登録しているひと

オープンイノベーション 組織を越えたネットワークが成長を加速するはこんな本です

ツイートする