いつか、すべての子供たちに――「ティーチ・フォー・アメリカ」とそこで私が学んだこと

  • 384人登録
  • 3.71評価
    • (33)
    • (36)
    • (46)
    • (9)
    • (2)
  • 51レビュー
制作 : 渡邊 奈々  東方 雅美 
  • 英治出版 (2009年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862760500

いつか、すべての子供たちに――「ティーチ・フォー・アメリカ」とそこで私が学んだことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 教育に関して何かしらの関心がある人は読んでおくべき1冊。日本でも同様の課題は起きている。

    【ウェンディ・コップとは?】
    無茶苦茶な計画を立てる、いつもギリギリで生きながらえているが、常に「いつか全ての子供たちに」という志をもち周囲を動かした。

    【TFAの課題認識】
    低所得層/マイノリティに属す生徒の学業達成率は、白人/中流層/富裕層の生徒に比べて低い。なぜなら、試験で低成績の教師は、低所得層の生徒に割り当てられる傾向にある。

    【TFAの考えた打ち手】
    米国で最も優秀な大学からトップクラスの卒業生を採用し、教育困難地域で2年間教師として任務に着かせる。後にTFAに携わった人間が教育的不平等を是正する根本的な変革をリードしていく。

    キーワード:決して綺麗なサクセスストーリーではない。現場の思考錯誤を実感できる一冊

  • 事業の立ち上げから軌道に乗るまでの道程を描いた書籍だ。
    社会経験がない一大学生が「平等な教育」を目標に掲げ、実現していく。
    飾る部分が殆んどなくなく、資金調達等の苦悩ぶりを生々しく当時の状況を記している。
    目標を達成する為に重要なエッセンスが詰まっている書籍であると思う。

  • アメリカで今一番就活生に評価を得ているNPOの本を読んだ。

    ファンドレイジングの難しさ、理想と想いに出資を多額に積むアメリカの文化、非常に勉強になった。

  • TeachForAmericaの立ち上げから軌道に乗るまでのマネジメント記。Teachの部分に興味があって読んでみたけど,多くは金を集めてくる話だった。お金がなければ立ちゆかないのだから,理念のために泥臭い仕事をし続ける著者の根性はすごい。ずっと誰かから金を集め続ける仕事がこの先続くのかと思うと私ならぞっとする。すぐに事業化して独立してやっていけるようにと思ってしまう。
    日本でも同じようなことをしている人はいるのかな。

  • 現在、社会的企業として名声のあるTeach For Americaの挫折と成功について、詳細に描かれた自伝。社会や国家のために良くすることを行うためには、全力で取り組みすべてを投げ打つ必要があるのだと感じた。

  • アメリカの教育制度や社会的バックグラウンドは日本とは違うけれども、すごく大きくて野心的なビジョンをもった事業だと思う。具体的な成功談は分かったような分からないような伝わりにくい内容だと思ったけれど、自分が卒論で書いたことと実に似通った問題意識に感銘を受けた。TFJのこと調べてみよう。

  • 教育格差のレベルが他国と段違いのアメリカならでは。しかし、凄い情熱だ。彼女の不屈の闘志に私も励まされるような感じがした。

  • Amazonの内容紹介より

    ◆21歳の女子大生のアイディアから始まった教育改革ムーブメント! オバマも、ヒラリーも、ジョブズも応援している「ティーチ・フォー・アメリカ(TFA)」、波乱万丈の青春ストーリー。

    …ということで、素晴らしい活動。思いつきを形にしたいというときにどう起業していくか、学べる本。翻訳した人のまとめもわかりやすかった。



    ◆大学卒業後の若者が2年間、全国各地の学校で「教師」になったら、世の中はどう変わるだろう?――こんなアイディアを思いついた当時21歳のウェンディが立ち上げた「ティーチ・フォー・アメリカ」は、国じゅうの大学生を巻き込んで、たちまち全国に広がった。世間では「ミー・ジェネレーション(自分のことしか考えない世代)」と言われていた若者たちが、同じ夢を抱いて立ち上がったのだ。それは、「いつか、すべての子供たちに、優れた教育を受ける機会が与えられること」。――貧しい地域の学校にドラマチックな成果をもたらし、大勢の子供たちの人生を変え、今では米国大学生の「理想の就職先」第10位に選ばれるまでになったティーチ・フォー・アメリカの軌跡を創業者がいきいきと描く。『ニューヨーク・タイムズ』『パブリッシャーズ・ウィークリー』など各紙誌で絶賛された話題作、ついに邦訳。

    ◆ティーチ・フォー・アメリカ(Teach For America)とは・・・教育の格差と闘うために1990年に創立。志ある大学生を卒業後に2年間、全米各地の貧しい学校に教師として送り込み、教育改革を推進するとともに、教える経験を通じて若者たちを次世代リーダーに育成している。ウェンディ・コップが大学在学中に発案し、全国の大学生や教育界の熱狂的な支持と、大勢の財界人の協力によって実現した。その効果はめざましく、これまでに14,000人の教師を配置。厳しい選考と研修プロセスにより、教育機会格差を解消しうる優れた教育を提供している。いわゆるソーシャルビジネス(社会起業)の代表的な成功例。クリントン・グローバル・イニシアティブなどの支援によって、イギリスやインドなど各国でも同様の事業が広がっている。

  • 桁外れの富を手に入れる今までのアメリカン・ドリームではなく、人々に影響を与える、社会を動かす、社会にインパクトを与えるような仕事が、これからのサクセスストーリになるのであろう

  • 経験がないことは弱点であり、武器にもなる。

全51件中 1 - 10件を表示

ウェンディ・コップの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

いつか、すべての子供たちに――「ティーチ・フォー・アメリカ」とそこで私が学んだことはこんな本です

いつか、すべての子供たちに――「ティーチ・フォー・アメリカ」とそこで私が学んだことを本棚に「読みたい」で登録しているひと

いつか、すべての子供たちに――「ティーチ・フォー・アメリカ」とそこで私が学んだことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いつか、すべての子供たちに――「ティーチ・フォー・アメリカ」とそこで私が学んだことを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする