集合知の力、衆愚の罠――人と組織にとって最もすばらしいことは何か

  • 221人登録
  • 3.61評価
    • (7)
    • (14)
    • (12)
    • (5)
    • (0)
  • 22レビュー
  • 英治出版 (2010年12月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862760982

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
平野 敦士 カー...
ジェームス W....
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

集合知の力、衆愚の罠――人と組織にとって最もすばらしいことは何かの感想・レビュー・書評

  • 「対話」関係の本。

    最近、本当に沢山ある「対話」の本で、何か新しいことが書いてあるわけではない。

    手法的な新しさはほとんどない。

    どちらかと言えば、思想的というか、集合知と衆愚がどのようにして生じるかといういうことが中心かな?

    という話しは、実は「U理論」で、思想的に、これでもか、というまで深められているので、そういう意味でも新しくはないかな?

    「U理論」が難しすぎるので、その「対話」に関する部分を実例を踏まえながら、比較的分かりやすく説明してある、ということかな。

    とかなり客観的なコメントではあるが、これだけ同じような本があるなかで、直球勝負で、かなり読ませてしまうところは、著者たちの長年の「対話」活動の実践からくるものであろう。

    一読の価値はある。

  • 読み直してみたらまた違って見えました。
    改めて組織の中の合意とは何かを考えました。

  • P63の集団ゲーム、面白い

    全体としては寓話やスピリチュアルなエピソードなどが多く入ってきて、途中で退屈になってしまった。

  • ★2:読みにくい上、自分には全然刺さらなかった。読みにくい本ほど燃えるって人がいることが分かったことが一番の気付き。

  • 他でも読んだことがあるような集合知の話が多く、目新しさがない。

  • 批判するべく本書を開いた。パラダイムシフトを促してきたのは抜きん出た人物の傑出した視点であり、集団から導かれるのは所詮平均値のみである、と。最初の章で目論見は潰(つい)えた。いつの間にか私は集合知を群衆の叡智と勘違いしていたのだ。

    http://sessendo.blogspot.jp/2013/09/blog-post_13.html

  • 半分ぐらいはわかっただろうか。読み返したい本。産褥熱の話は身につまされる。

  • 複数人と何かを行い成果を上げる。うーん面白いことを起こすために必要な条件やマインドセットについて書いてある。当然集合知の力についても書いてあるのだが、それ以上に。衆愚の罠の例として2つの例があがっており、この例がとても秀逸、素晴らしい。これが思い当たる人は複数人居るはずである。チームでなすことが全てではないこと(僕は最近チームで動くことに消極的ですいろんな意味で)を前提にしても、一度チームで気持ち悪いほど噛み合った経験のある人はなるほとど思うはず。一読あれ。

  • "ひとつ"としてつながっていることを知り、"既にある答え"に歩み寄ること。
    それぞれに居場所がある、尊厳にみちたコミュニティをつくるために、グリーンズとして大切にしたいストーリーにあふれた一冊です。

  • 集合知を生み出すには、対話と傾聴が必要。
    一方、自分が正しいと主張を譲らなければ衆愚となる。衆愚を生み出すのは何も構成メンバーの能力が低いからではない。

  • アメリカの面白さは、ひとえに政治経済のメインストリームに対してのカウンター・カルチャーであるような気がする。それは親子や男女、人種の問題などにも置き換えられるだろう。
    カール・ロジャーズの思想などもそういう土壌に育ったものではないだろうか。本書をよみながら彼のエンカウンター・グループに思いを致すのは自然ななりゆきだった。
    つまるところ、理想と現実、理想対理想、現実対現実というあらゆる個人、集団、社会がはらむ対立軸にどうむきあってゆくかが問題の根源と捉えることはそうあやまってもいないと思われ、そのためのアメリカは格好のテキストたるのかもしれない。
    自己を捨てよ、そして自己を語れ。

  • 集合知は魔法の薬だと考えてみよう。
    一口、口に含むと、私たちは意識と認知の変化を体験する。
    問題にとらわれたり、小さく分割して考えたりするのではなく、その結びつきと複雑さに気づく。見えているものが全体像とは限らないと理解する。多くの情報に目を向けるようになり、同時に、他者の視点に好奇心を持てるようになる。

    集合知の薬を二口飲めば、これまでとは異なる形で身体を意識するようになる。頭だけを働かせて問題を解決したり、交渉したりするのではなく、心と直感に耳を澄ませ、身体のさまざまな部分からわきあがる感覚のシンフォニーに気づく。恥ずかしさ、プライド、愛情、怒りといった感情の繊細さ、複雑さが見えてくる。

    三口飲めば、聞く力が変わる。声や雰囲気を察する力が強まる。人の声音に言葉と同じゆたかな意味が感じられ、言葉は詩のような響きを放つ。アイデア、思想、感覚、恐れ、憧れの連なりが聞こえてくる。真っ白な雪にもいろいろな姿があるように、沈黙も多様な形をなし、それぞれ深みをはらむようになある。

    四口目。孤立からは何も生まれないが、何らかの秩序やパターンがあれば、そこには行動を起こすための意味と意義が生じている。一長一短にとらわれ続け、最終的に外から答えがもたらされるような判断プロセスでなく、集団の中にこそ気づきが生じる。

    最後の一口。強い確信がたちのぼる。-人と人は切り離されて別個に存在しているのではなく、大切な目的のためには全員の力が必要とされるのだ、と。

    (以上引用。終章「誰もが必要とされている」P239-P240)


    最近の自己成長や組織変革に関する理論って、ユング心理学や東洋哲学がベースになっているものが多いね。

  • 集合知の力と衆愚の罠というソーシャル時代にふさわしいタイトルととてもよさげな装丁に惹かれて購入。

    みんなの意見は案外正しいなど、Web2.0以降のインタラクティブなインターネット空間には様々な情報が転がっている。
    大枠で見れば正しいのかもしれないが、なかなかそうではないケースや、そもそもカオス状態になり集約できない場合もあるだろう。

    そういう見解を得たくて読んでみた。

    本書を読んで思ったのが、「衆愚」について。
    このワードの具体例は「空気」で語られるように、過去の日本の戦争の事例などがあげられる。山本七平の空気の研究よろしくだ。

    つまり、民衆の総意は得られたが、そもそものベクトルに問題があるということである。
    これは一概には言えないが、なかなか防ぐことは難しい。
    そうである事実をまずは客観的に捉え、その上で慎重に対応せねばならないからだ。

    最近twitterのTLで情弱やらバカ発見器だのといった発言もあるが、
    こういった要素も少なからず含むだろう。

    最後に、本文の一部を引用してしめよう。

    "集合知とは、集団やコミュニティ内での相互作用を通じて獲得される知識や洞察のことだ。さらに掘り下げて考えるならば、そこにあるのは人と人との「生きた結びつき」であり、地域や組織や世界における「頼り合い」である"

    内容よかったんだけど、読み進めにくかったので、星は4つで。

    目次
    序章 集合と知が変化を生む
    第1章 集合知とは何か
    第2章 集合知の出現を促すには
    第3章 異なる世界観を生きる
    第4章 集団を愚かにするもの
    第5章 極性化した集団の悲劇
    第6章 合意の幻想
    第7章 無限の共創力
    第8章 集合知を呼ぶ意識
    終章 誰もが必要とされている

  • オットー・シャーマーやピーター・センゲの流れを汲んだ本。ニューエイジ、ニューサイエンス、スピリチャルな言説が盛り込まれている。言いたい事の論旨はそれほど間違っているとは思わないが、あまり賛同を得られる言語の組み立てだとも思われない。

  • 未曾有の危機である。このような有事の際には、強いリーダーシップの必要性を感じる一方で、強すぎるリーダーシップには警戒心を払わなければならないのではないかとも思う。「悪魔は救世主の顔をしてやってくる」とは、よく言ったものだ。むしろ今、必要とされるのは、有能なファシリテーターの方であろう。例えそれが小さな集団の中での出来事であろうとも、ファシリテーターの間接的な関与によって形成された連帯感や共有感覚こそが、集合知を開花させ、通常では為しえないパワーを生み出す。本書はその「集合知」をテーマに描かれた一冊であり、今まさに読むべき一冊でもある。

    集団から生まれる大きな力も、一歩間違えると衆愚の罠へと陥る。愚行が生じる危険性を察知するには、二つの大きな動きに注目するとよいそうだ。一つは「分断と細分化」という動きである。認知科学で「確証バイアス」と呼ばれるこの行動は、既存の先入観を裏付ける形で情報を求め、自分が知るものと違うものは、すべて「身内でない」「私には関係ない」と排除してしまうことを指す。もう一つは「いつわりの合意、見せかけの団結」という動きである。集団が沈黙と服従を選び、その結果として現実の正確な理解に結びつくデータや視点の検討を避けてしまうことを意味する。

    それでは、いったい集合知はどのような状況で出現するのか、具体的には以下のようなステップである。

    ◆集合知の出現を促すためには
    ①傾聴する
    その集団の中で何がほんとうに起きているのか好奇心を持つ行為。ただ単に聞く・記憶するのとは異なり、他者と真の意味で対峙する。
    ②確信を保留する
    個人や集団が「わからない」という事実を認めることができれば、その先を行くひらめきが生じる可能性ははるかに高まる。皆で何かを生み出せるかどうかは、個人または小集団の「自分はつねに正しい」という意識を保留できるかどうかにかかっているのだ。
    ③システム全体を見る、多様な視点を求める
    注意の対象を個人から集団へとシフトする。情報はすべて貴重だ。そしてどんな情報も単独ではなく、全体の一部として存在している。
    ④他者への敬意を持ち、差異を識別する
    意見の相違を新たな学びの機会と捉えること。そして、集団に差異を識別する力があれば、新しい考えや、可能性に対する新しいイメージの出現を許すことができる。
    ⑤生じるものすべてを歓迎する
    歓迎のスタンスとは、「異なるニーズを理解し、差異に敬意を払い、共通の人間性を喜ぶ」、これを意識することである。
    ⑥「大いなるもの」に対する信頼
    大いなるものへの信頼とは、人の旅路が刻まれる自然の世界そのものを、広く視野に入れようとすることだ。その信頼があれば、足元が不確かな状況でも揺るがされない。

    ボストン・フィルハーモニーの指揮者ベン・ザンダーは、ある時ネルソン・マンデラをシンフォニーに例えたそうである。昔ながらの上から下への統率ではなく、すべての声を響かせることを重視していたからである。ネルソン・マンデラの周囲の人々は、自分自身からわきおこる感覚のシンフォニーに気づき、秩序を理解しようとする努力し、それがやがて全体に広がっていったのだろう。

    「基本的な安全の確保」という条件のもと、人は他者と結び付き、相手を認識し、相手の才能に敬意を払うことができる。安全という基本的希求が満たされない場合には、いくら専門知識があっても、全体を構成する身体、認知、精神、真理を組み合わせることができず、自閉症患者の脳のような働きを示してしまうという。

    安全という当たり前のはずのものが、当たり前でなくなった今、我々は衆愚の罠に陥りやすい状況下にある。しかし、せめてコミュニケーションを行う際の「安全」だけでも、もう少し確保できないものだろうか。ここ数日、マスコミやTwi... 続きを読む

  • 組織やチームにおいて、集合知を生み出すにはどうすればいいのか。一方で、優秀な集団でもなぜ愚かな結論に至るのか。直接ビジネスの話ではないけど、急がば回れの本です。 http://amzn.to/hdJP30

  • 人間が集まるところ、知あり。しかし反対に、人間が集まるところ
    には衆愚もまた存在しているのです。

    本日ご紹介する一冊は、集団知をいかにして導くか、衆愚をいかに
    して防ぐかを、組織変革のプロフェッショナルたちが論じた一冊。

    学術的な体裁を取りつつ、概念的、啓発的な部分が目立ちますが、
    組織を率いるリーダーにとっては、一読に値する書物です。

    本書を読んで、いかに多くの知が衆愚のために葬り去られて来たか
    を知れば、懸命な組織作りを目指さずにはいられません。

    集団が建設的な意見を言えるよう、リーダーに何ができるのか、本
    書を読んで、勉強したいところです。



    昔、年長者がコミュニティ内で尊敬を受けていた時代には、「お手
    本を通じて知を理解する」という方法があった

    未来へのまなざしが欠落している昨今、知は機能的な価値をほぼ失
    っているらしい。知とは、短期と長期のバランスをとる作業、すな
    わち私たちの今の行動が未来にどうつながり、どんな影響をもたら
    すか、長期的に見通す目を持つことにほかならない

    「知らない」ということこそが強みであり、表面的な答えを出す力
    よりも問う力のほうが大切であり、想像力とコミットメント、忍耐
    力、そして心を開き互いに信頼する力のほうが、長い目で見れば単
    なる「頭の良さ」に勝るのだ

    ものごとを部分や部品に分解するのがあまりにも一般的になってい
    るので、自分たちを結びつけているのは何なのか、考えるのを忘れ
    てしまっている

    シェイクスピアが言ったように、人は単独ではただの役者にすぎず、
    登場したり退場したりするだけなのだが、何か大きな存在の構成員
    としてであれば、重要な意味を持つ

    きわめて深い意味を持つ状況で、新たな視点と高い志が生じるとき、
    集合知は生まれる

    集団が進んでリスクを負い、「わからない」という事実を認めると
    き、深い洞察力が生じやすい

    皆で何かを生み出せるかどうかは、個人または小集団の「自分(自
    分たち)はつねに正しい」という意識を保留できるかどうかにかか
    っているのだ。確信を意識的に保留することで、その集団から新し
    いもの、たいていは予想外のものが出現する

    リーダーは何らかの活動をデザインしつつ、大きなシステムの一部
    として他者を受け入れ、多様性を理解し、予定外の事象を受け止め
    ることができる

    人にもっとも大きな影響を与えるのは、大きなことをなす人物では
    なく、私には大きなことができると思わせてくれる人物だ

    ◆衆愚を呼ぶふたつの動き
    1.分断と細分化:「身内ではない」「私には関係ない」
    2.いつわりの合意、見せかけの団結

    衆愚は、多くの場合、何らかの形での不安に根ざしている

    創発はエネルギーだ。何かを作り出し、変化させ、生み出し、具体
    化する力だ。そのエネルギーが世界の「弱さ」や「苦しみ」に寄り
    添ったとき、創造は愛という形をとる


    ◆目次◆

    序 章 集合と知が変化を生む
    第1章 集合知とは何か
    第2章 集合知の出現を促すには
    第3章 異なる世界観を生きる
    第4章 集団を愚かにするもの
    第5章 極性化した集団の悲劇
    第6章 合意の幻想
    第7章 無限の共創力
    第8章 集合知を呼ぶ意識
    終 章 誰もが必要とされている

  • 原題"The Power of Collective Wisdom: And the Trap of Collective Folly"(2009/10)

  • Amazonのレビューにもあるとおり、本書は若干読みづらい上に”愛”とか”癒し”とかの単語が踊り狂うので、個人的には読み進めるのに気力が必要でした。(衆愚のあたりはかなり整理されているので比較的読みやすかったのですが)

    ただし、あくまで結果論ですがこの飽き性が”途中で投げ出さなかった”ってことは何か響くものがあったんだなぁ…と思っております。玉石混淆すぎて何が玉かの選別が完全についてないのが困ったところですが(´・ω・`)

    こういうとアレなんですが、まだ魔法と呼ばれていた頃の科学がこんな感じなのかなぁ…と読みながら思ったので、この分野の今後の発展次第で面白くなっていくと嬉しいな…と。

    あと、購入当初にCGM系の何か?とか思ってたのは秘密です。SOL(組織学習境界)って単語が踊っているあたりで気づけよ自分って感じですが(´・ω・`)まあ、面白かったので結果オーライです。

    その他の内容は以下でまとめました
    http://d.hatena.ne.jp/plasticscafe/20110113/1294891139

  • 2010年32冊目。

    集合知とは謙虚から、
    衆愚とは傲慢から生まれるものだと思った。

    「分からない」を認め、
    周囲に耳を傾け、
    自分の確信を保留し、
    不確定な事項を肯定的に受け入れる姿勢が集合知を生み出す。

    逆に反発を恐れて集団内の不一致を隠し偽りの合意に走った時、
    衆愚の罠に陥る。

    「分からない」「微力」を強みに変える力、
    コンプレックスを武器にする力、
    それは「卑屈」とは違う「謙虚」な姿勢に他ならないだろう。

全22件中 1 - 22件を表示

集合知の力、衆愚の罠――人と組織にとって最もすばらしいことは何かに関連するまとめ

集合知の力、衆愚の罠――人と組織にとって最もすばらしいことは何かを本棚に登録しているひと

集合知の力、衆愚の罠――人と組織にとって最もすばらしいことは何かを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

集合知の力、衆愚の罠――人と組織にとって最もすばらしいことは何かを本棚に「積読」で登録しているひと

集合知の力、衆愚の罠――人と組織にとって最もすばらしいことは何かの作品紹介

人はなぜ支え合うのだろうか-深い人間理解と豊かなエピソードを通じていま求められる「知」に至る道が見えてくる。チームの奇跡はこうして生まれる。

集合知の力、衆愚の罠――人と組織にとって最もすばらしいことは何かのKindle版

ツイートする