ギネスの哲学――地域を愛し、世界から愛される企業の250年

  • 69人登録
  • 3.93評価
    • (4)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : おおしまゆたか 
  • 英治出版 (2012年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862761149

ギネスの哲学――地域を愛し、世界から愛される企業の250年の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年52冊目。

    「ギネス・ビール」と言えば、世界を代表するビールの一つだろう。
    発祥国のアイルランドで、ギネスという会社がどれだけ愛されてきたか、
    そしてこの会社がいかに社会変革を起こしてきたのか、
    この本によって知ることができた。
    地域の貧困状況を変えようとしたのは創業者であるアーサー・ギネスの一族のみならず、
    一件いっけんの家を訪ね歩いて貧困状況を調査し、経営幹部に対策を迫ったドクター・ラムスデン氏の熱意に心動かされた。
    第一章のビール全体の歴史だけでも十分面白く、ビール好きにはたまらない情報が満載。

  • これまで何気なく飲んでいたギネスだが、その物語があると友人から聞き、手に取ってみた。
    1759年に作り始めてから商品自体は変更していないこと、複数種類のポーターを造り消費地にあわせてブレンドを変えていること、1950年代に入るまで広告宣伝をしてこなかったこと、ギネス社の福利厚生は当時の他社をしのぐものであったこと、など知らないことが多くあった。
    日本国内のビールは粗製濫造とは言わないが、出ては消えるものが多い中で、歴史を語れるものが少ない。そう考えると、ギネスは世界でも数少ない語れるビールなのだと思う。ただ、それを多くの人が知らないというのも、ギネスらしいのかもしれない。
    多角化から合併によるアルコール集中というのも、時代の流れだと思うが、ギネス一族で時機に対応できる経営者を輩出し続けたことは素晴らしいことだ。

  • ウィリアム・ゴセットについても触れられている。

  • 近くの図書館で借りてきて読みました。
    読みたいと思ったきっかけはまず自分自身がビールが大好きだと言うこと、そしてあまりにも有名なギネスブックがなぜあるのかと言う素朴な疑問があったからでした。
    また本のコピーになっている愛される会社と言う言葉と社会への貢献と言う言葉が大変引っかかりましたので手に取りました。

    読んでみて心に残ったこと
    ビールの歴史が大変長いということをを様々知らなかった
    なぜヨーロッパやアメリカではバーボンなどの強いお酒が悪いものだと考えられているのか、日本人あまりピンとこなかったが歴史の中でのお酒の役割を知りました
    また、創業者に近い状況で商品に自信があったら広告は必要がないと言う考え方があったということもうなずけました。
    また宗教改革については、歴史の教科書でなんとなく知っていましたが、仕事をするということ自体が司教と同じ位、神の奉仕だと言う考え方がより具体的に知ることができました。

    読み終わった感想
    まず人を幸せにできる仕事は素敵だなぁと改めて感じました。
    また、市場の中で1人勝ちしている状況や、市場自体が拡大している時には広告なんて必要がないというのは納得できますが、そういう時こそ、世の中の潮目が変わったことをを敏感に幸しないと大変危険だなぁと感じました。
    日本では社会貢献する企業ということあまり認められないというか褒められる文化がないことを改めて感じました。社会貢献が会社の価値を上げるとなぜ考えられないのでしょうか。同じブランドでも、グローバル展開しているブランドで、社会貢献が非常に熱心でその国でのブランドエクイティが大変高いものもあれば、日本では全くそういった活動がされていなかったり表立って評価されることがないというのが現実だと思います。
    確かに一企業にできる事は限定的で社会全体で困っている人を救うことはできませんが、何もしないよりはずっと良いことだと常々思います。

  • この本は、ビールという切り口から読んでいたけど、貧困問題という切り口で読んでも、非常に面白い。あと、社会活動の観点からも。

  • 創業から250年。ギネスビールがいつまでも愛される理由を歴史から紐解く。
    ビールが歴史上果たしてきた役割も分かって雑学としても面白い。

    書かれている内容は総じて古いが、
    現在のビジネスにも参考にできる箇所が随所にある内容。
    一番印象的なのはESを高めたことが、CS向上に繋がった辺りであろうか。
    長く経営を続けてきた企業の神髄がここにあると感じる。

    しかし、かなりコアな内容であり、ギネスビールに愛着のある人向け。

  • レビューはブログにて
    http://ameblo.jp/w92-3/entry-11271603988.html

  • こりゃギネス飲みたくなっちゃってこまる!

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
ウォルター・アイ...
シーナ・アイエン...
スティーヴン・D...
有効な右矢印 無効な右矢印

ギネスの哲学――地域を愛し、世界から愛される企業の250年を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ギネスの哲学――地域を愛し、世界から愛される企業の250年を本棚に「積読」で登録しているひと

ギネスの哲学――地域を愛し、世界から愛される企業の250年の作品紹介

アイルランド初の日曜学校、地域社会の教育と貧困削減、デートまで補助する福祉厚生-熱狂的なファンを惹きつけるブランド確立の裏には創業者から受け継がれた社会変革への意志が存在していた。世界を変えた企業の、知られざるヒストリー。

ギネスの哲学――地域を愛し、世界から愛される企業の250年はこんな本です

ギネスの哲学――地域を愛し、世界から愛される企業の250年のKindle版

ツイートする