あなたの中のリーダーへ

  • 307人登録
  • 3.99評価
    • (29)
    • (34)
    • (17)
    • (5)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 西水美恵子
  • 英治出版 (2012年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862761361

あなたの中のリーダーへの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本気のスイッチを入れなければ動けない。

    信念は情熱を呼ぶ。
    信念は信頼を怖れない。

    感想:信念を持つことができないときはどうすればいいのか?よく考えてみた。信念と言う文字を眺めていたら、ふと漢字が分離した。

    人・言・今・心

    今の心を人に言う

    今の思いを人に言い続ければ、そのうちきっと信念になるにちがいない!

  • 2014年71冊目。

    再再再再読。今回は「組織文化改革」という一つのキーワードを自分の中に持って読み込んだ。

    ■仲間の幸せを心底願うこと
    ■小さな施策が飛び火をして広まることがある
    ■本気の危機感の共有
    ■一人でも多くの民の声を聴こうとする謙虚な姿勢
    ■形より意識改革
    ■自分が裸になる
    ■規制ではなく組織文化
    ■権力ではなく影響力を
    ■絵が見えるように
    ■意識改革は終わりのない仕事
    ■毎朝起きて出社するのが待ちきれない職場
    ■組織づくりは人づくり

    ===================
    2013年28冊目。(再読)

    「あなたは、本気のスイッチ入ってますか?」と問われる本。
    『保身』が邪魔をして、胸を張って「イエス」と答えられない時がある。
    だけど、著者と、著書の中のリーダー達は教えてくれる。

    「間違えても良い。間違えたら、周囲の声に耳を傾け、『間違っていた!』と謙虚に学べば良い。」

    と。
    そして自分の周りには、「間違ってる!」と言ってくれる人たちがいる。
    だから、安心して本気になればいいはず。
    間違えることを恐れ過ぎずに。
    草の根を歩き、民の声を聴く謙虚さと、
    全ての出来事を学習に変える謙虚さを持って。

    ====================
    2012年32冊目。(一読目:2012年4月28日)


    「本気」

    この2文字の意味を、僕が心底尊敬している著者は改めて問いかけてくれた。

    頭とハートが繋がったリーダーに、保身はない。
    無知、過ち、危機を、誠意を持って向き合うとで飛躍の糧にする。
    時に恐れ、時に悩んでも、本気で追い求めたいビジョンが、恐怖と迷いを凌駕する。

    そんな「本気」の物語達が、眠れるリーダーシップを抱える読者を待っている。


    前作「国をつくるという仕事」以上に、日本人に馴染み深いテーマが多い。

    圧倒的リーダーの出現を座って待望するな。
    一人ひとりが自分の中のリーダーシップを引き出して、
    自分ごととして動き出せ。

    母国日本に、そう語りかけているように感じる。


    自分自身の小さな一歩から全てが始まると思う。
    多くのセルフリーダーの小さな一歩ずつを引き出すために、
    自分自身は大きな一歩を踏み出せるようになりたい。
    頭とハートが繋がった、本気の心で。

  • 電気新聞にときどき載っているのを見つけては読むのを楽しみにしていた西水さんの文章がまとまって本になった。こうして本になると半分以上を読み損なっていたことに気づく。
    とても平易な語り口で、ズバズバと本質にせまってくる。たくさんの勇気をいただいた。
    前著の「国を創る仕事」もそうなんだけど、エッセイを集めたものなので、重複する話しもある。次は、書き下ろしを読んでみたいな。できれば、世銀での組織風土改革を中心にした話しがよみたい!!!!

  • ・本気のスイッチを入れる。

    ・オバマ前大統領のパワースピーチ(迫力ある演説)は、人を信じること、信頼の有無など、本物のリーダーたる根本条件を持ち合わせているからこそ。

    ・本気で動かぬ人間の組織にビジョンを追求し続ける変革は在り得ない。

    ・お金だけでは幸福は買えないのに主流の政策思考は経済成長に偏りすぎる。今、正す時が来ている。(地球幸福指数 1位 バヌアツ、ブータン13位、日本95位)

    ・Think out of the box(型にはまらず考えろ)。

    ・闘ってはいけない。闘うことは敗者を生み、相手から何かを奪い、憎しみが生まれる。常に新しい市場を生み出す。社会をより良くしたいと思っていれば、新しい市場のタネは至るところにある。もし我々が闘うこととがあれば、その相手は自分の中にある安きに流れる自分の心。

  • ’国をつくるという仕事’で著者の事を知り、本作は第二段。コラムをまとめたものという事でそれぞれの章がまとまってはいるが、例え話と言いたい事のギャップがやや大きい時があり、さらっと読むと一体何を言いたいのかよくわからない所が多々あった。毎回起承転結があるが、何となく内容やその思いよりその技巧的は部分が気になってしまった自分はちょっとひねくれすぎか。。むしろ他人が書いた解説の方が心に響いてしまった。

    記憶に残ったのは以下かな。
    P.86 Power tends to corrupt, and absolute power corrupts absolutely ジョン・ダルバーグ・アクトン
    P.123 国づくりは人づくり

    後者はどっちが先なのかなぁ。かつてフィリピンに住んだ時に国は人がつくると強く感じた事を思い出した。その他はブリティッシュ・バージン諸島にちょっと興味が出た。

  • 世銀の副総裁を務めた著者のエッセイ集。一つ一つは短文でとても読みやすく、良い話ばかり。涙腺が熱くなる。犬養道子さんのエッセイのような感じだ。
    予想通り、世銀もお役所的というか、本部と現地事務所の差別とか、女性蔑視とかそういったものが当たり前にあるんだなということがわかる。あと、ブータン国王の話がけっこう出てきた。聞いたことはあったけど、大変立派な国王なんだなと感心した。

  • 最後の方になってやっと文体になれ、言いたいことが伝わってきた。

    チームとグループの違いの指摘などはとても素晴らしい。
    パワースピーチ
    単刀直入に聞く
    終わりは感情を込めて

    人間感動なしでは動かない
    本気かどうかはすぐ見抜かれる。

    40歳 日本の平均寿命を途上国の寿命と合わせると、小学生は、日本の大人より短くなる。

  • 世銀での経験を中心に、行動することの重要さを書いてあります。モノゴトの根源と本質を理解し、それに逆らわない解決策を、曲げずに実行する。

  • 今となっては男女比はほぼ半々、あらゆる国籍かつ様々な出自の人々が活躍する世界銀行も、かつては先進国のエリート(男)社会であった。
    その牙城をひとつひとつ崩していった、元世界銀行副総裁西水美恵子氏のリーダー論。

    業界紙への連載記事を纏めているので、ところどころ記載内容の重複はあり読みにくさはあるが、一貫した想いとして書かれているのは、自分の心にある『本気のスイッチ』を入れること。
    組織にとってそれは理念であり情熱。そしてそれは必ずしも顧客や取引先など外向きに対してだけでなく、社員やその家族など内向きに対しても追求されるべきもの。いや、むしろ社員の幸せを追求することで、結果としていいビジネスサイクルが生まれているともいえる。

    p167〜無言のストライキ が特に印象深い。

全39件中 1 - 10件を表示

西水美恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
デール カーネギ...
クリス・アンダー...
ウォルター・アイ...
エリック・リース
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
三浦 しをん
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたの中のリーダーへを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あなたの中のリーダーへを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あなたの中のリーダーへを本棚に「積読」で登録しているひと

あなたの中のリーダーへの作品紹介

誰かが動かなければ、変わらない。本気で動けば、組織も社会も変えられる。――

世界銀行副総裁として、途上国の貧困と闘い、巨大組織の改革に取り組んできた著者。「国民総幸福」で知られるブータン政府や多くの企業のアドバイザーとして活動しながら、その目に今、日本と日本人はどう映るのか。働き方と組織文化、リーダーの姿勢と行動、危機や課題との向き合い方、求められる変革の本質……深い洞察と揺るがぬ信念で綴られた、心に火をつける一冊。2009年に英治出版より出版された『国をつくるという仕事』の姉妹本でもある。

あなたの中のリーダーへのKindle版

ツイートする