なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践

  • 736人登録
  • 3.79評価
    • (28)
    • (48)
    • (32)
    • (7)
    • (2)
  • 43レビュー
  • 英治出版 (2013年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862761545

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
シーナ・アイエン...
佐々木 圭一
クリス・アンダー...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前々から気になってた1冊。旅行中、読もうと思い、持っていくも全然読み進められずにいてやっと読み終わることができた。

    最初の出だしの「心臓病患者がなぜ変われないのか」という問いからグッと引き込まれる内容。
    要は変わる必要性も分かっているし、変わりたいという想いもある。どうすれば変わるのかという方法も分かっている。
    なのになぜ人は変われないのかというメカニズムを解き明かしていることに本書の意義がある。

    簡略に言うと、それは人の固定観念に基づいているから。
    行動だけを変えても何も変わらない。その行動の裏にある価値観を変えないと変われない。
    それが「技術的な課題」と「適応を要する課題」の差。

    そして最も驚きだったのは、人が変わろうとする際には「変革をはばむ免疫機能」がそれを阻害するということ。
    変わりたいと思う自分が表だとすれば、裏では実は変わりたくないと自然に思っている自分がいるということ。
    要はアクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態。
    だから進もうと思っても進まず、人は変わらないのであるというわけ。

    正直、変革のための具体的な方法まですべて理解できたわけではない。何回か読み込む必要あり。
    でも、留学の価値の本質について確信を深められた。
    留学に行って人が変わるのは、やはり内面が変わることに関係していることは間違いない。
    そしてどうしてその内面が変わるかというと、それは自分の固定観念が明らかになるから。
    日本にいたときには気づきもしなかった固定観念があぶりだされる。
    そしてその固定観念に支配されないで、自分を支配していたものを「客体」として客観視できるようになる。
    こんなことは今明らかになったわけではないけど、学術的な側面から証明されたのは大きい。

  • 「嫌われる勇気」でも書いてあったけれど、自分が望ましいと思っていない状態にあっても、その状態を解消しないのは、それが解消されると困るから。という考え方を、解決のために進む方法を記載したもの。
    やめたいと思っていることがあるので、読む。

    自分が解決したい行動、それを阻害しているもの、その裏の目的、という説明。
    裏の目的まで掘り下げなければ、行動だけ変えようとしても、結局、元の目的に従ってしまうので解決しないというのに納得。
    たとえば、お酒をやめたいのにやめられない。
    部下に権限を委譲したいのに出来ない→これの裏の目的は、自分が解決してすごいと思われたい。何でも自分の自由にしたい、などの実例があがっていた。
    何かをつよく望む一方で、その反対のことをつよく望んでいるという状態。

    自分の例で言うなら、私は眠りたいのに、別に急ぎではない用事でだらだら時間を使ってしまうことをやめたい。
    翌日きついのがわかっているし、阻害行動を始める前に時間に寝ても、とうに6時間も眠れないとわかっている時間なのに!
    本読み始めたり、煮豆の仕込み始めたりね……

    ルール化や、フィンランド式キッズスキルでがんばってみたけれど、解決しなかった。技術では解決しない問題なんだろう。
    これは、ちょっとネットで検索した心理に納得。
    その日の過ごし方に満足していない、一日を終わらせたくない、遊びたい……など。
    私の行動を適応で解決するには、これをもっと掘り下げないと。

  • 人や組織に限らず、
    問題解決など「変化」を語る前に是非読みたい本。
    個人的には星5つでもたりないと思うぐらい満足。

    人間は弱いものである。
    そして弱さゆえの無意識の思い込み(固定概念)にふりまわされる。
    その思い込みにきちんと目を向け、
    人や組織の本当の問題解決を目指す。
    それを免疫マップという表現で洗い出している。

    実際しっかり実践するのはなかなか簡単ではないだろう。
    普段意識下にもない無意識に向き合うことをやるのだから。
    だからといって諦めてはいけないのだと思う。

    我々が固定概念に囚われているということを念頭において、
    うまくいかない理由は隠れた無意識にあるかもしれないと
    「意識下におこうとする」ことから始めたいと思う。

  • 成長する為には変化が必要とされて久しいが、多くの個人や組織は変われなくてもがいている。その変化への処方箋として改善目標、阻害要因、裏の目標、強力な固定観念からなる免疫マップを提唱する。
    改善目標とは、権限委譲して重要課題に時間とエネルギーをつぎ込むなど、自分が目指すこと。阻害要因は新しいことに手を出して仕事を増やしたり、他者に仕事を頼めないなど、目指すことができない理由。裏の目標は他人に依存しない万能人間でありたい、自己犠牲の精神の持ち主でありたいなど自分の中の別な部分が望んでいる結果。強力な固定観念は、他の人に頼ったり、多くのことが実行できなければ自尊心を失うなど本人が無批判に事実と認識していること。
    このような分析やコンサルティングで改善目標へと導く多種多様な個人そして組織を描くことで、変化への考え方をとても分かり易く描いている。実際に行うのは自分の心との葛藤が大変で一人ではかなり難しそうだ。

  • ザ・アメリカ!という感じ。

    要するに集団でやるデブリーフィング+認知行動療法ってわけか。裏表のないアメリカ人には向いてるかも。日本人には馴染まないやり方とはいえ知性的な集団ならできるかもね。

    ただ「裏の動機」も所詮は意識化できる範囲の動機なんやろうし、となると、感情を扱ってますよ、従来のコーチング技法とは違いますよ、と言いつつも所詮はコーチング技法のひとつか。

  • 印象に残ったところ。

    ハイフェッツは人が直面する課題を「技術的な課題」と「適応を要する課題」に分類する。盲腸の手術や、旅客機を無事着陸させるのは「技術的な課題」。
    その種の活動で得られる知識と技能は、言ってみれば、コンピュータに取り込む新しい文書やプログラムのようなものだ。そういう知識と技能にも、それなりに価値はある。しかし新しい文書やプログラムをどこまで活用できるかは、コンピュータのOSで決まる。
    本当の能力開発(成長)を成し遂げるためには、単に知識や行動パターンのレパートリーを増やすだけでなく、OSそのものを進化させなくてはならない。

    今日と明日の世界で直面する課題の多くは既存の思考様式のままで新しい技術をいくらか身につけるだけでは対応できない。この種の課題に対応するためには、知性のレベルを高めることによって、思考様式を変容させなければならない

    つぼみがいずれ綺麗な花になり、イモムシがやがて美しいチョウになってはばたくと知っていたら、
    目の前のつぼみやイモムシにいらだちを感じることはない。

    メンバーの知性の発達を促すために、リーダーが取るべき大切な行動がある。
    つぼみを力ずくで開花させたり、イモムシを特訓してすぐに空を飛ばせたりすることはできないが、
    チューリップを豊かな土壌に植え、イモムシにみずみずしい葉っぱを与えることはできる。

    支援と試練
    「他人に弱みを見せるのは、相手に銃弾を与えるようなもの。みんなの関係が良好なうちは問題ないかもしれない。でも、誰かがその弾を銃に装填して、背後から撃たない保証はありません」
    (さわ)

  • 変われないのには、変わらないことで守れている何かがある。変えたいのであれば、そこへ焦点を当ててアプローチをする。
    訳本なだけに読むのには苦労したけども、読むだけの価値がある本と思いました。

  • 前半面白く読みました。
    後半、失速。

    ううううん。
    でも、仕事を遂行するにあたってなぜうまくいかんのか、
    という思考のクセについてなるほどと思ったのだ。

    やっぱり自分が読むより、リーダーに読ませないといけない本。

  • 2013年109冊目。

    400 ページ越えの骨太理論書を2日で読めてしまったのは初めて。のめり込んだ。
    上っ面の打ち手を手当たり次第試しても、取り組みが続かず変化・改善できずにきた人必読の書。

    変化の必要性を感じ、変化を阻害している要因を特定できたとしても、それだけで変わることはほぼできない。
    この本が提示する希望は、

    ■それは意志の弱さのせいではないこと
    ■変化は大人になってからでも可能であること

    本来人を守っている「免疫」に似たシステムが、
    変化を妨げる裏の要因となっていることを知ることが第一歩目。
    改善策の前に、課題の真因をとことん掘り下げる手引きが記されている。

    本書の素晴らしい点は、

    ■この方法論がうまくいかない場合&どうすればうまくいくかにも焦点を当てている
    ■解決を急かさず、変化に臆病な人にも配慮された安全な取り組み方に配慮している
    ■しっかりした理論本なのに、非常に読みやすい文体

    個人レベル、組織レベル双方において、すぐに試したい。

    変化の必要性を感じても行動を起こさなかった85%の方々、ぜひ手に取ってみてください。

  • データや事例中心の実践向きな本らしい。

全43件中 1 - 10件を表示

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践を本棚に「積読」で登録しているひと

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践の作品紹介

必要だとわかっていても85%の人が行動すら起こさない-?「免疫マップ」が本当の問題をあぶり出す!発達心理学と教育学の権威が編み出した、究極の変革アプローチ。

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践はこんな本です

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践のKindle版

ツイートする