ID-POSマーケティング――顧客ID付き購買データで商品・ブランド・売り場を伸ばす

  • 32人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 英治出版 (2015年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862762016

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
クリス・アンダー...
坂本 雅志
ライアン・ホリデ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

ID-POSマーケティング――顧客ID付き購買データで商品・ブランド・売り場を伸ばすの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 商品マーケティング、指標と基本的な分析手法、仮説検証、小売店の視点に立ったID-POSの活用方法を紹介。
    実践的に使えそう。

  • 既にID-POSで十分なデータがとれていて、さて、これをどう分析しようか?というフェーズにあれば、具体的な分析手法が記されているので役立つと思う。興味があるレベルの人にとっては、具体的すぎて遠い話になってしまいそう。あと、事例がドラッグストアに特化しているので、そこは業務領域によって参考になるかはまちまちだろう。気になったのは、小売店がID-POSでデータがとれるのは想像つくけど、メーカーって、あんなに競合他社のデータ含めて小売からデータ吸い上げられるものなのか?という点。

  • 人口減少の日本で、様々な企業が似たような商品を作る中で、売上を伸ばしていくには、①新規顧客の獲得②既存顧客のリピート率を上げることが必要。
    今まで小売業界では、主に思い当たるのがコンビニだが、POSシステムにより、適正在庫を管理することで、販売機会の喪失を防ごうとしてきた。
    A商品が土曜日にたくさん売れるって情報から、土曜日の仕入を多くするとかのイメージ。
    また、コンビニでは、店員の主観による年齢層も登録されるので、ここから商圏の情報も集められる。

    さらに一歩進んだ仕組みが、ID-POSと呼ばれる、「いつ、どこで、何を、いくつ、いくら」+「誰が」の情報を活かした販促。
    有名どころの話である、「おむつを買う人はビールも一緒に買う」といった購買分析を、ポイントカードの情報から行うって流れ。
    ポイントカード自体が、フリクエンシ―・ショッパー・プログラムと呼ばれる、長期顧客を獲得するための手法であるが、ポイントカードを持ったお客様に、適切なPOPを出すことで、リピート率を向上させる。
    リピート率向上が一番の目的。

    で、主観だけど、ポイントカードって、無料で配られているものが多いため、個人情報があまり手に入らない。(年齢、住所(地域)、性別とか)
    ポイントカードのIDで、前に購入したものは何だったかとか、リピート率というものはわかるかもしれないけど、もう一歩踏み込むと、個人情報も必要。
    であれば、ECサイトを持っている会社が発行しているポイントカード、真っ先に思うのは楽天カードなんだけど、これを取り入れればより高い精度の販促ができるのではないか?
    だって、ECサイトで買った商品を届けるためには、名前や住所をポイントカード情報として登録するもんね。

    一般消費の裏側で、いろいろデータ使われているんだろうなあっと想像。

全3件中 1 - 3件を表示

ID-POSマーケティング――顧客ID付き購買データで商品・ブランド・売り場を伸ばすの作品紹介

ポイントカードの普及で日々蓄積する顧客ID付き購買データ=ID‐POS。スーパー、コンビニ、ドラッグストア…売り場改善のヒントが次々見つかる分析手法を基礎から解説。

ID-POSマーケティング――顧客ID付き購買データで商品・ブランド・売り場を伸ばすはこんな本です

ID-POSマーケティング――顧客ID付き購買データで商品・ブランド・売り場を伸ばすのKindle版

ツイートする