サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

  • 485人登録
  • 3.75評価
    • (24)
    • (25)
    • (24)
    • (4)
    • (4)
  • 31レビュー
制作 : 一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート  柴田裕之 
  • 英治出版 (2016年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862762276

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
エリック・リース
リンダ グラット...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法の感想・レビュー・書評

  • Google独自の研修プログラム、「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」。心を整える手法「マインドフルネス」に基づく、いわゆる「EQ(情動的知能)」のカリキュラムである。Googleだけでなくアメリカン・エキスプレス、LinkedInなど他の企業や大学にも次々に採用される内容を、開発者自身が語った。


    イントロダクション サーチ・インサイド・ユアセルフ
    1.エンジニアでさえEQで成功できる――EQとは何か、EQはどうやって育めばいいか
    2.命がかかっているかのように呼吸をする――マインドフルネス瞑想の理論と実践
    3.座らないでやるマインドフルネス・エクササイズ――マインドフルネスの恩恵を座った姿勢以外にも広げる
    4.100パーセント自然でオーガニックな自信――自信につながる自己認識
    5.情動を馬のように乗りこなす――自己統制の力を伸ばす
    6.利益をあげ、海を漕ぎ渡り、世界を変える――セルフモチベーションの技術
    7.共感と、脳のタンゴ――相手を理解し、心を通わせることを通して共感を育む
    8.有能であってしかも人に愛される――リーダーシップと社会的技能
    9.世界平和への三つの簡単なステップ――SIYの裏話
    エピローグ 空き時間に世界を救おう

  • 自己と向き合うため、心豊かに人生を過ごすために瞑想は必須になると感じた。

  • マインドフル瞑想,情動的知能,科学的基盤。
    瞑想を運動のような扱いにする。扱いになる。
    実践が大切。運動がそうであるように,効果があることはみんな知っているが実践することが難しい。瞑想はまだそこまでいっていないが,いずれそうなることも遠くないだろう。

  • 「サーチ・インサイド・ユアセルフ ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法」 チャディー・メン・タン 他2名


    いやーーーー、これはいい!!
    読もう!
    みんな読んで!!


    この本の内容。↓
    --------------------本文から抜粋-------------------------------
     グーグルは革新を促すために、自社のエンジニアが就業時間の二〇%を各自のコアとなる仕事以外のプロジェクトに使うことを気前良く認めている。そこで私たちのグループがその「二〇%の時間」を使って創り上げたのが、マインドフルネスに基づく、いわゆる「EQ(情動的知能)」のカリキュラムだ。
    ------------------------------------------------------------
    IQは、いわゆる計算ができたり、テストでよい点がとれる頭のよさを表すものです。
    EQは「自分自身と他人の気持ちや情動をモニターし、見分け、その情報を使って自分の思考や行動を導く能力」と、本文で説明されています。


    このEQの要素について、EQの専門家は5つの領域にわけて説明しています。
    --------------------本文から抜粋-------------------------------
    1 自己認識──自分の内面の状態、好み、資質、直感を知ること 
    2 自己統制──自分の内面の状態、衝動、資質を管理すること 
    3 モチベーション(動機づけ)──目標達成をもたらしたり助けたりする情動的な傾向 
    4 共感──他人の気持ち、欲求、関心を認識すること  
    5 社会的技能──他人から望ましい反応を引き出すのに熟達していること
    ------------------------------------------------------------

    で、このEQが高いとどんないいことがあるのか。
    作者は大きく3つの恩恵がある、と説明しています。
    --------------------本文から抜粋-------------------------------
    ・高い職務遂行能力
    優秀さの要因としては純粋な知性や専門知識よりも情動面での能力のほうが二倍も重要。

    ・抜群のリーダーシップ
    EQが高いと良いリーダーになれる。たいていの人は、自分が率いる人や自分を率いる人と日常的に交流するなかで、それを直感的に理解している。その直感を裏づける科学的証拠もある。たとえばゴールマンが報告した分析によれば、卓越したリーダーを際立たせる能力の八〇~一〇〇パーセントを情動面での能力が占めるそうだ。

    ・幸せのお膳立てをする能力
    EQは、私たちが自分自身の持続可能な幸せのお膳立てをするのを助ける技能をもたらしてくれる。マチウ・リカールは、幸せとは「ずば抜けて健全な心から湧き起こる、好調の極みにあるという深い感覚……ただの気持ちの良い感覚やはかない情動、あるいは気分ではなく、最適の存在状態」と定義している。そして、その最適の存在状態は「心がどう機能するかを鋭敏に理解することで到達する深遠な情動のバランス」だという。
    ------------------------------------------------------------
    ちなみに作者は、この3つのうち、「高い職務遂行能力」「抜群のリーダーシップ」の2つを、マインドフルネスのよさを上司を説得する材料として使っているそうです(もちろん科学的に裏付けはあります)。
    で、作者が個人的に一番大事と思ってるのは3つ目の「幸せのお膳立てをする能力」らしいです。


    前置きが長くなりましたが、このEQを高... 続きを読む

  • マインドフルネス・瞑想に関する本。
    マインドフルネス瞑想。瞑想は運動のようなもの誰もができて、するようになる。
    マインドフル・リスニング。
    自己認識。情動の自覚、自己査定、自信。
    情動を乗りこなす、自己統制。
    セルフモチベーション。整合性、想像、回復力。
    共感。
    リーダーシップ。思いやり。理解、情動、動機付け。

    冷静に受け入れる心や体、気持ちの状態を、保っていることが大事。
    自分に対しても、他人に対しても、組織・チームに対しても。

  •  Google役員のマインドフルネスのハウツー本。

     悪くないと思います。
     説明と具体的なエクササイズがバランスよく書かれている。いわゆる瞑想的なマインドフルネスとそれを活かした会話等。ただ、こういう本はこんなに分厚くしない方がいいかな。幅広すぎてぼやけてしまう印象がした。

  • Googleで人材育成を手がけていた人が、Google時代に取り組んだ自己啓発的な自分の心や周りとの向き合い方のプログラムを書籍化したもの。
    意義深い点は、エンジニア向けに書かれていることでしょうか。理詰めのエンジニアさんでも、まぁGoogleなら…と納得してやってくれそう?

    中身自体はそう特別なものではなく、「瞑想を続けるとハッピーな気分に」「何かあってもまぁちょっと落ち着こうよ」「慈しみをもって周りと接していこうよ」的な感じで、反論もできないけど目からウロコが落ちることも無いなぁと。
    順序立てて、自分の呼吸→自分の身体→自分の気持ちとの折り合い方→他者との会話→周りへの愛情の向け方→厄介な会話への対処、という感じで拡大していくのは非常にわかりやすい構成だと思います。
    瞑想自体は確かに胡散臭いイメージもあって、そんな単語が並んだ本を電車の中で開いていると気恥ずかしい感じもありますが、試してみるのも良いかなぁと思わせてくれます。

    Googleだー!と期待して読むとちょっと肩透かしをくらうかもしれませんが、この本は実践のための入門書。毎日コツコツやってくと日々が変わっていくのかも。

  • 【分類】141.6/Ta83
    哲学・宗教のコーナーに並んでいます。

  • ・EQがすぐれていれば誰もが職場で秀でることができる。良いリーダーになれる。

    ・何かを「する」モードから、「あるがままでいる」モードへ切り替えること。とにかくあるがままに存在すること。

    ・瞑想は心の運動。心を鍛えて心的能力を伸ばそうとするようなもの。瞑想エクササイズをたくさんやれば、心が前より穏やかで鋭敏になったり、注意を強く長く集中させられるようになったりする。

    ・瞑想は抵抗を克服することで進歩する。呼吸から注意がそれ、それを戻すたびに、筋肉を収縮させるのと同じで注意の筋肉が少し強くなる。

    ・瞑想は人生の質を大きく変えうる。定期的に瞑想しはじめてから数カ月たつと活力が増し、心が穏やかで明瞭になり、喜びに満ち溢れ具合が悪くなる回数が減り、微笑むことが増え、社会生活が改善し、自分がおおいに満足する。

    ・命がかかっているのように呼吸する。

    ・マインドフルネスはほかのものも何ひとつ変えずに私の幸せを増すことができる。

    ・思いやりのあるリーダーシップこそが最も効果的なリーダーシップ。思いやりは、他者の苦しみに対する気遣いの感覚と、その苦しみが取り除かれるようにしたいという強い願望とを伴う心の状態である。思いやりは「私はあなたを理解している」「わたしはあなたに同情する」「私はあなたの役に立ちたい」の3要素からなる。思いやりの一番目立つ恩恵は思いやりがとても有能なリーダーを生み出すこと。

    ・世界平和への3つの簡単なステップとは、「自分からはじめる」「瞑想を科学の一分野にする」「瞑想を実生活と統合させる」と呼ぶ。

  • 2016年お盆頃に購入。マインドフルネスの応用本。
    Googleで実際に行われているプログラムの紹介だけ
    あって、内容は説得力がある。その分、結構はじめる
    ハードルが高く、私は未だに読みっぱなし。。。
    よくないなあ。やってみないと。

  • No.902
    1. 目的
     Googleの人材育成のヒントをもらう
    2. 得たこと
     EQの大切さ、扁桃体のコントロール(デーモンに餌をやらない)、マインドフルネスの活用
    3. アイデア
     マインドフルネスを取り入れよう、部下に対してはプロセスを評価しよう。

  • 瞑想 最近流行ってるね

  • 最近沢山出ているマインドフルネス本の中でも、Googleの人材育成プログラムを取り上げた実践本なので、宗教色は全くと言っていいほど無し。入門から少し難易度の高そうなものまで多数のトレーニングが載っているので、段階的に実践できそう。
    本文や欄外注に出てくる書籍や動画の情報も面白い。仏教のものはもちろん、脳科学・ビジネスなども紹介されていて、このプログラムの基礎は幅広い知識によって築かれていると思えた。
    マインドフルな状態を保つことで、自分が変わり、仕事が変わり、人生が変わる。接した相手が変わる。それが繋がっていけば…著者の目指す世界平和につながるかもしれない。
    繰り返し読みたい1冊。

  • ※WIP

    Googleのエンジニアが書いた本ということで、非常に論理的で実践的。
    実際に何をやればいいか分かりやすく平易に書いてある。

    自分の安定や周りの安定に一役買うことは間違いない。
    折に触れて何度も読み返したい本。

    まずは、10分間自分の呼吸を意識することから始めると良いと思う。

  • マインドフルネスについて、googleがどのような研修を行っているかを知りたくて購入したが、そのような内容ではなく、マインドフルネスというキーワードを中心とした小噺集であり残念。

  • ついカッとなってしまう人は読んだらいいと思う。
    もちろんそれだけを目的にした本ではないけど、個人的にはそこが大きな価値だった。
    毎日の瞑想の効用やその具体的な方法の導入、また対人関係の中でマインドフルネスをどう活かそうといった話が具体的な手法とともに説明されている。

  • 宗教色を取り除いた瞑想!心の澱がゆっくり落ちていく感じ。

  • マインドフルネスの全体感と実践方法が学べます❗

  • 気づきの多い一冊で、かなりハイライトを引いた。様々な書物で得た断片的な点に、すっと薄い一本の線が引けたような気がする。
    脳科学に言及しつつ、科学的に瞑想を解釈して生活に取り入れていく本。エクササイズもあるのでさらっと読んで終わりとはならない。

  • 瞑想についてと実践の方法がスピリチュアルな要素を抜きにして語られているのが本書です。
    だから効率的に瞑想について学べる本かというとそうでもありません。
    あまり面白くないユーモアと長々と同じようなことや、無駄な
    ストーリーが書かれており、もう少し内容を省けば本も薄くできたし読むのも手軽で良かったのではないかと感じました。
    内容も瞑想の本…としてよりはそこらの自己啓発本と同じような印象を受けました。
    内容自体は意味のあるのものであり、この分野についてこれまで興味がなく知識がない人が読むにはいいかもしれませんが、私はこの本に多くの時間を費やしたのは少しもったいなかったかなと感じました。

  • 瞑想の本。
    やり方まで丁寧に解説。
    全て瞑想について。
    禅になじみがある日本人には読みやすい。
    その分、新鮮味はない。
    Googleが取り入れていることで効果は折り紙つきだが、続かないんだよなー。こういうのは。
    じじいとすると飽きるし、
    美人とやると煩悩がー。

  • マインドフルネスとは何か、その実践法がわかる本。正直、この本を読んでいるだけでも、その時間が非常に穏やかに感じられた。この本は使える。

  • グーグルで開発されたマインドフルネスの教科書。マインドフルな状態だと、仕事も人付き合いも楽しく、食事も美味しく、病気も治りやすいという。言わんとすることはもちろんわかるし、興味もあるが、いまいち腹落ちしないのはなぜだろう。

  • 「マインドフルネス≒瞑想」の本。
    まだ掴みきっていないので、なんとも言えないのですが、「自分でも《簡単》にできそうだ」と思えてしまうところがミソ。

    意識的に呼吸することが、おもいやりを経て、最後は世界平和にまで繋がる、ステキな一冊。

  • 今ちまたで密かに話題になっている気がするマインドフルネスのGoogle版についての本。
    マインドフルネスとは瞑想を科学的に再構築したものとでも言えばいいだろうか。
    ハーバードでも東洋思想が流行しているそうだし、
    なんだか面白そうな兆候。
    いくつか瞑想の方法が紹介されている。短いもので2分から、とても長いものまで。自分一人でできるものから相手が必要なもの、グループで行うものまで。2分のやつだったら自分でもできそうな気がする。
    この本を読んで、すべてを実践できる人はいないだろうと感じた。できる人はきっとすごい人だと思う。

    ただ、この本を読んだだけで穏やかな気持ちになれることは確かだと思う。

全31件中 1 - 25件を表示

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法を本棚に登録しているひと

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法を本棚に「積読」で登録しているひと

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法の作品紹介

なぜGoogleの社員は、楽しく創造的に働き、柔軟性を持ち、優れた成果を上げられるのか?その鍵を握るのが、独自の研修プログラム「サーチ・インサイド・ユアセルフ(SIY)」。心を整える手法「マインドフルネス」を、科学にもとづき、日々実践しやすい形にした「SIY」はGoogle内で熱狂的に支持され、SAP、アメリカン・エキスプレス、Linkedlnなど他の企業や大学にも次々に採用されている。その内容を開発者自身が語った本書は、まさにビジネスパーソンや入門者にとってマインドフルネス実践バイブルというべき一冊。1分でできるものから本格的なものまで、自己認識力、創造性、人間関係力などさまざまな能力を高める驚きの技法をユーモア交えてわかりやすく紹介する。

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法はこんな本です

サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法のKindle版

ツイートする