なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にする

  • 56人登録
  • 3.43評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : アーサー・ディ・リトル・ジャパン 
  • 英治出版 (2017年1月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862762344

なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にするの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もともと10年くらい前にでた本の新版。

    人の真似ではなくて、「自分らしさ」に根ざしたものでないとリーダーシップは機能しない。もしかすると、かっこ悪いところもあるかもだけど、そこも含めて、受容し、オープンにすることが「本物」のリーダーシップだ。

    いわゆるオーセンティック・リーダーシップというのは、サーバント・リーダーシップとあわせて、とても好きな考えだ。

    が、なにが「オーセンティック・リーダーシップ」の原典なのか、勉強不足で知らなかったのだが、もしかするとこの10年前の本がベースなのかな?

    と思って、読んでみた。

    たしかに、上に書いたような考えが、明確にかいてある。

    オーセンティックといっても、聖人君子である必要はなく、欠点も含めて、個性豊かな「自分自身」であることが大切。そこをベースに言行一致。自分の目的ではなく、社会の共通善、みんなのために、本気で頑張るのが大事ということですね。

    ここまでは、ほぼ予想の範囲だったが、面白かったのは、これとちょっと矛盾するようなこと、例えば、周りの空気を読んでそれに適応したり、相手と妥協したり、相手との距離をとって親しくなりすぎないようにしたり、新しい組織に入るときは最初はおとなしくしていたり、みたいなアドバイスもあって、意外。

    これは、リーダーシップというのが1人で成立するわけではなく、フォロワーとの関係で機能するものなので、皆がどう感じていて、それにどう応えるかということが大切ということ。

    また、状況もどんどん変るので、ある組織にあるタイミングで成立していたリーダーシップが成立しなくなることもしばしばある。

    しっかりと自分らしさに根差していることと、柔軟に状況に対応すること。一見、この矛盾することを両立させるのが、リーダーシップということで、それを実現させるのが自分ならではのキャラということなのかな?

    ある意味、ドラッカーの言っているマネジャーの資質としてのインテグリティの話しと似ているかな?

    なるほど感、リアル感はあるけど、オーセンティックといいながら、実は、結構、意図的なテクニックな部分もあって、もう少しどうとらえればいいかは、考えたい感じ。

  • 読了するのに随分時間がかかってしまいました。

    マネジメントやら、リーダーシップやら、自分の振る舞いに日ごろから課題を感じていて、なんだかモヤモヤするなかで研修を受けたときに、研修テキストの中で引用されていたので、少し興味が湧いて手に取った本。

    いわゆる「これであなたは◯◯できる!」と安易に約束するような内容でなかったことに、私は好感を持ちながら読みました。

    本のタイトルは、私は英語の原題(Why should anyone be led by you?)のほうがしっくりくる。微妙なニュアンスの違いだけれども。

    何度も繰り返すことで貫かれている提言は、ある意味シンプル。繕われたのではない、本物の、『自分らしさ』を活かすリーダーを目指そう、ということだと思います。

    多くのリーダーたちの例が紹介されていて、そのことで分かるのはリーダーのあるべき姿や行動は、何か決まった一つの正解があるのではなくて、まさに人それぞれだということ。成功例だけでなく失敗例も、同じ人物の成功者としての面と敗者としての面の両方のエピソードもある。さらには、リーダーの役割を担う人物の悩みや試行錯誤することも紹介されているので、煌びやかで遠い世界のことだとも感じずに読み続けられた気もします。
    難を言えば、それぞれの人物のエピソードがかなりあっさりしているので、もう少し掘り下げて紹介してもらってもよかったかも。まぁでも、人それぞれ、という柱で論ずるためにはやむなし、というところでしょうか。

    加えて、リーダーからの目線に止まらず、リーダーに向きあうフォロワーからの視点や、組織としての視点も述べられていたので、働き出してから自分が仕えてきた上司たちを思い出し、自分がどんなふうにその人たちを見ていたのかも思い出しながら読めたのも、共感を持てた一因かもしれません。

    私にとっては、いろいろ示唆がある本でした。
    ・リーダシップに肩書きは関係ない、下積み時代からリーダーシップを磨けていないのに、いきなりVIPになってリーダーシップの発揮はできない、ということ
    ・自分らしくあること。自分らしさを自分で把握し、欠点もうまく使うこと。時には自分をさらけ出すこと。
    ・人のつながりを大事にすること。その際、ポジションや立場の違いには拘らないこと
    ・距離感に敏感であること
    ・環境、今どんな状態なのかに敏感であること

  • 理想のリーダー像について、最新の研究を基に語られているが、分厚い本に対して、得られる情報がやや少ない感じで、途中で読むのをやめました。考え方には、すごく賛同でき、自分らしさを大切にして仕事していく決心にはなりました。

  • 読了

全4件中 1 - 4件を表示

ロブ・ゴーフィーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
リンダ グラット...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にするを本棚に「読みたい」で登録しているひと

なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にするを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にするを本棚に「積読」で登録しているひと

なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にするはこんな本です

なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にするのKindle版

なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にするの単行本

ツイートする